2011年07月14日

完全なる報復

完全なる報復.jpg

愛する家族を奪われた主人公が、司法取引によって犯人が極刑を免れたこと
への怒りを、犯人ばかりか司法関係者、さらには司法制度そのものへと向け、
周到かつ壮絶な復讐劇を展開する戦慄のクライム・サスペンス。
主演は「300 <スリーハンドレッド>」のジェラルド・バトラー、
共演に「Ray/レイ」のジェイミー・フォックス。
監督は「交渉人」「ミニミニ大作戦」のF・ゲイリー・グレイ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ペンシルヴェニア州フィラデルフィア。クライドは妻と幼いひとり娘に
囲まれた温かい家庭を築き、幸せな人生を送っていた。
だがある日、突然自宅に押し入った2人組の暴漢に重傷を負わされ、家族を
惨殺されてしまう。やがて、犯人のダービーとエイムスは逮捕されるが、
決定的な証拠に乏しく、裁判での負けを恐れた担当検事のニックは、
独断で主犯格のダービーと司法取引を行い、エイムスに不利な証言を
引き出す見返りにダービーの罪を軽減してしまう。結果、エイムスの死刑が
確定する一方、ダービーはわずか数年の禁固刑に。到底納得のいかない
クライドだったが、彼にはどうすることも出来なかった。
それから10年後、エイムスの死刑執行日。無痛の薬物で安楽死となるはずの
彼は、もがき苦しみ壮絶な断末魔とともに息絶えた。さらに間もなく、
とうに出所済みのダービーがバラバラ死体となって発見される。
すぐさま容疑者に挙がったクライドは何の抵抗もなく拘束された。
だがそれは、ニックをはじめ当時の関係者全てに対するクライドの壮大な
復讐計画の始まりに過ぎなかった…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 01:43| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(21) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

メアリー&マックス

メアリー&マックス.jpg

前作「ハーヴィー・クランペット」でアカデミー短編アニメ賞に輝いた
オーストラリア人監督アダム・エリオットが、20年来の文通相手という
ニューヨークに暮らすアスペスガー症候群の男性との交流を基に紡ぎ上げた
珠玉のクレイ・アニメーション。
ともに孤独を抱えたオーストラリアの少女とニューヨークの中年男性との
間で始まった手紙のやり取りを通じて、互いに紆余曲折を経ながら強い絆で
結ばれていくさまと、それぞれの20年に及ぶ悲喜こもごもの人生模様を、
ブラックユーモアを織り交ぜつつ切なくも優しい眼差しで綴る。
声の出演は「シックス・センス」のトニ・コレットと「カポーティ」の
フィリップ・シーモア・ホフマン。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

オーストラリアのメルボルンに住む8歳の少女メアリー。友だちのいない
彼女は、アメリカの見知らぬ誰かに手紙を書こうと思い立ち、分厚い電話帳
から変わった名前のマックス・ホロウィッツさんを選び出す。
当のマックスは大都会ニューヨークに暮らす肥満体の中年男。他人との
コミュニケーションが苦手で孤独な日々を送っていた。
そんなある日、オーストラリアの少女メアリーが出した手紙が届く。
これに対しマックスはタイプライターで丁寧な返信を綴る。
こうして、2人の20年以上も続く文通による交流が幕を開けるのだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 00:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

マイティ・ソー

マイティ・ソー.bmp

シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・ブラナー監督が放つ
アメコミ原作ヒーロー・アクション大作。
傍若無人な振る舞いがたたって力を奪われ神の世界を追放された男が、
人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていくさまと、やがて訪れる
地球と神の世界の危機に立ち上がる姿を描く。
主演は「スター・トレック」のクリス・ヘムズワース、共演にナタリー・
ポートマン、アンソニー・ホプキンス。また、日本から参加の浅野忠信は
これが記念すべきハリウッド・デビューとなった。
                           (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

神の世界“アスガルド”で最強の戦士ソー。しかし、強すぎるあまり、
その傲慢さゆえに無用な争いを引き起こし、ついには神々の王である
父オーディンの怒りを買ってしまう。そして、王位継承権を剥奪された
うえ、最強の武器“ムジョルニア”も奪われ、地球に追放されてしまう。
しかし、そこで出会った天文学者のジェーンによって少しずつ分別と他者へ
の思いやりを身につけていくソー。
一方アスガルドでは、ソーの弟ロキによって恐るべき陰謀が企てられ、
父オーディンの身に危機が迫る。
さらにロキは、力を失ったソーにも最強の刺客を送り込もうとしていた。
                            (allcinemaさんより抜粋)
 続きを読む
posted by はくじ at 00:16| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(43) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

鋼の錬金術師.bmp

「ホワイトアウト」などの小説家・真保裕一が脚本を手掛け、荒川弘原作の
大ヒットコミック「鋼の錬金術師」を映画化。
錬金術というタブーに見入られた兄弟の壮絶な運命の行く末ときずなを
映し出す。メガホンを取るのは、「コードギアス 反逆のルルーシュ」
「交響詩篇エウレカセブン」で演出などを担当した村田和也。
『東京ゴッドファーザーズ』の小西賢一がキャラクターデザインと
総作画監督を担当する。
劇場版らしいスケール感あふれる壮大な物語に引き込まれる。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

アメストリスの首都セントラルにある中央刑務所から、服役中の囚人
メルビン・ボイジャーが脱獄する。彼が操る錬金術に心奪われた
エドワードとその弟アルフォンスは、メルビンの行方を追って
アメストリスの西側に位置するクレタとの国境へと向かう。
やがてその昔「ミロス」と呼ばれていた、周囲をがけに囲まれた
テーブルシティに到達し……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 01:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(10) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

小川の辺

小川の辺.bmp

『山桜』の篠原哲雄監督と東山紀之が再び手を組み、藤沢周平原作の短編
小説を映画化した感動作。
藩命で妹の夫を討つよう命じられた兄が、社会的立場と肉親の情の板挟みで
苦しむ様子をじっくりととらえる。心優しい主人公を東山紀之が務め、彼に
仕える若党を、『シュアリー・サムデイ』の勝地涼が好演する。
自らの運命に翻弄(ほんろう)されつつも、必死に生きようとする彼らの
姿に胸が震える。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ある日、朔之助(東山紀之)は藩から上意討ちの命を受けるが、その相手は
何と妹・田鶴(菊地凛子)の夫である佐久間森衛(片岡愛之助)だった。
朔之助は佐久間を狙う道中に、幼いころから自分や妹と兄弟同様に育った
若党の新蔵(勝地涼)を連れて行くことにする。
彼らの心に共に引っかかっていたのは、気が強く剣術の使い手でもある田鶴
のことだった。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 23:58| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(16) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

ハングオーバー2.bmp

世界中で空前の大ヒットを記録した痛快コメディ「ハングオーバー! 
消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の続編。
今度はタイのバンコクへとやって来たお馴染みの面々が、仲間の結婚式を
控えてまたもや二日酔いで記憶をなくし、異国の地でも相も変わらぬ
大騒動を繰り広げるさまを描く。
監督は引き続き「デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ
横断〜」のトッド・フィリップス。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

2年前にラスベガスで散々な体験をしたフィル、ダグ、ステュの悪友3人
だが、このたび歯科医のステュが晴れて結婚することに。
しかも結婚式の舞台は、花嫁の両親の出身地、タイ。前回の二の舞だけは
避けたいステュは、問題児アランの招待に二の足を踏むが、義兄ダグに懇願
され渋々了承するハメに。こうして異国の地タイへと降り立った4人。
花嫁のまじめな弟テディも交えて、大人しく結婚式を迎えるはずだった。
ところがその夜、一行は軽くビールを口にしただけのはずが、翌朝目覚めて
みると、またしてもひどい二日酔いで昨夜の記憶が飛んでしまっていた。
自分たちのいる場所も分からないばかりか、アランの頭は丸坊主で花婿
ステュの顔にはド派手なタトゥー、おまけにテディは行方不明。
そして、なぜかベストを着たサルが。
結婚式が明日に迫る中、大混乱のフィルたちは、何はともあれテディの
捜索へと繰り出すのだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 01:27| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(28) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

ロシアン・ルーレット

ロシアン・ルーレット.jpg

グルジア出身の新鋭ゲラ・バブルアニ監督が自身の長編デビュー作「13/
ザメッティ」を、キャストにジェイソン・ステイサム、ミッキー・ローク
はじめトップ・スターを配して、ハリウッドで完全リメイクした戦慄の
サスペンス。
主演は「コントロール」のサム・ライリー。
アンダーグラウンドで行われる多額の賞金を懸けた集団ロシアン・ルーレット
を舞台に、極限の恐怖と緊張感に直面する参加者たちの姿をスリリングに
描く。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

病気の父を抱えた貧しい青年ヴィンス。ある日、ひょんなことから耳にした
大金が入るという仕事を求めてとある館へとやって来る。
内容も分からず足を踏み入れたヴィンスだったが、なんとそこでは、17人の
男たちが円になり、一斉に目の前の男の後頭部に向けて引き金を引く集団
ロシアン・ルーレットが行われようとしていた。
最後まで生き残れば100万ドルの賞金だが、運のない者には死だけが待って
いた。プレイヤーは、刑務所からそのまま連れてこられたパトリックや、
弟ジャスパーによって無理やり病院から連れ出された重病のロナルドらワケ
ありの連中ばかり。しかもその周囲には、それぞれのプレイヤーに大金を
賭ける醜悪なギャンブラーたちの姿。成り行きからゲームに参加することに
なり、他のプレイヤーと同じように1丁の拳銃と1発の銃弾を渡され、
第1ラウンドへと臨むヴィンスだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 09:24| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(15) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

酔拳 レジェンド・オブ・カンフー

酔拳.bmp

ジャッキー・チェンが一躍有名になった『ドランク・モンキー/酔拳』を監督
したユエン・ウーピン監督が今度は、ジャッキー・チェン扮するウォン・
フェイフォンに酔拳を伝授した蘇化子のモデルとなった伝説の武術家・蘇乞兒
が酔拳を完成させるまでの半生を描いたカンフーアクション。
主役は『英雄・国姓爺合戦』やテレビドラマ『セブンソード/七剣下天山』の
チウ・マンチェク。
共演は『女帝 エンペラー』やテレビドラマ『射G英雄伝』のジョウ・シュン、
『グリーン・デスティニー』のミシェル・ヨー、『言えない秘密』の
ジェイ・チョウ、『インビジブル・ターゲット』のアンディ・オン、『キル・
ビル』のデヴィッド・キャラダインなど豪華なキャストが脇を固める。
ちなみにデヴィッド・キャラダインはこれが遺作となる。

    * * * * * * * *

1861年、時は清朝末期。清朝は欧米列強諸国の脅威にさらされ崩壊寸前。
そんな折、反乱軍に親王が捕えられるが、高名な戦士スー・サンは部下の
マーや義兄のユアンらとともに親王を救出する。
助けられた親王はスーの武功をほめたたえ、スーを知事の職に推薦するが
スーは辞退しユアンに譲る。そして自分は妻シャオインとともに静かに
暮らしながら武術を極める生活を選ぶ。
5年後、ユアンはスーが暮らす地域の長官として赴任する。
そして自分の父親を殺害を殺害したスーの父親を仇討を称して殺害する。
ユアンの父はかつて五毒邪拳で無法な行為を繰り返していたためにスーの
父親に殺害されており、ユアンはそのことを恨んでいたのであった。
父親をユアンに殺害されたスーは怒りに燃えてユアンに襲いかかるが、
五毒邪拳を習得したユアンに敵わず瀕死の重傷を負って川に放りこまれて
しまう。川に放りこまれたスーを見たシャオインはすかさず川に飛び込み
スーを救出し助けを求めて彷徨い歩く。そんな時、ある山で偶然出会った
医者のユによってスーは一命を取り留める。しかし息子がユアンに捕えら
れたままで、右手の健を損傷したスーは自暴自棄になり酒に溺れてしまう
が、そんなスーの姿に心を痛めていたシャオインの一言がきっかけになり
息子を取り戻し、ユアンを倒すために武術の稽古を始める・・・。

 続きを読む
posted by はくじ at 19:19| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | 映画(中国/香港) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

『127時間』

127時間.bmp

アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、
青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル
・ヒューマン・ストーリー。
誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない
絶体絶命の窮地に陥った青年が、肉体と精神の極限からいかにして生還を
果たしたかを、主人公の心の軌跡とともにリアルかつエモーショナルに綴って
ゆく。主演は「スパイダーマン」シリーズ、「スモーキング・ハイ」の
ジェームズ・フランコ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ある日、27歳の青年アーロンは一人でロッククライミングを楽しむため、
庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かった。
美しい景観の中で様々な遊びに興じて大自然を満喫するアーロン。
ところが、ふとしたアクシデントから、大きな落石に右腕を挟まれ、
谷底で身動きがとれなくなってしまう。
そこは誰も寄りつかない荒野の真ん中。おまけに彼は行き先を誰にも
告げずに出てきてしまった。
絶望的な状況と自覚しながらも冷静さを失わず、ここから抜け出す方法を
懸命に模索するアーロン。
しかし無情にも時間ばかりが過ぎていき、彼の強靱な体力と精神力も
いよいよ限界を迎えようとしていた。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 23:44| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(50) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

『SOMEWHERE』

SOMEWHERE.jpg

「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」の
ソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スターと、
前妻との娘である思春期の少女との束の間の心のふれあいを綴るハートフル
・ヒューマン・ストーリー。
主演は「パブリック・エネミーズ」のスティーヴン・ドーフと「バベル」の
エル・ファニング。
2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ。ロサンゼルスのホテル
“シャトー・マーモント”を住まいに、高級車を乗り回してはパーティーで
酒と女に明け暮れ、まさにセレブらしい派手な生活を送っていた。
しかし、それはいずれも孤独な彼の空虚感を紛らわすだけに過ぎなかった。
ある日、ジョニーは前妻と同居する11歳の娘クレオを夜まで預かり、親子の
短いひとときを過ごす。それからほどなくして、自堕落な日常へ戻っていた
彼の前に、再びクレオが現われる。
前妻が突然家を空けるため、今度はしばらくの間、娘の面倒を見ることに。
やがて、授賞式出席のためクレオと一緒にイタリアへと向かうジョニー
だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 00:01| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(22) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。