2009年09月05日

幸せはシャンソニア劇場から

幸せはシャンソニア.jpg

第二次世界大戦が勃発する少し前のパリを舞台に、資金繰りがうまくいかず
閉館に追い込まれたミュージックホールの再建に懸ける人々の姿を描いた
群像劇。

1936年のパリ。下町にあるミュージックホール・シャンソニア劇場は不況で
借金が返せず、その形で取り上げられ閉館してしまう。
長らく幕引きとして裏方で働いてきたピゴワルは妻が浮気して離婚、息子と
暮らしていたが、劇場が閉館したことからの失意から酒に溺れる日々。
代わりに息子のジョジョがならしでアコーディオンを弾いて日銭を稼いで
いたが、警察に見つかる。
失業中のピゴワルは保護者失格ということで、別れた妻が引き取ることに。
最愛の息子を失ったピゴワルは息子を取り返そうと定職につこうとするが、
そんな折、かつての劇場仲間のジャッキーが劇場を再建しようとするのを
知って、自分も再建に協力して息子を取り返そうと試みる。
そんな中、母親がかつてシャンソニア劇場で出演していた縁でかつての
支配人を訪ねてドゥースという娘がやってくる。

続きを読む
posted by はくじ at 21:53| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(32) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

縞模様のパジャマの少年

縞模様のパジャマの少年.jpg

ジョン・ボイン原作の同名ベストセラーを映画化。
ナチス将校を父親に持つ少年がユダヤ人収容所の実態を知らないまま、
偶然出会った収容所内のユダヤ人少年とフェンス越しの友情と哀しい結末を
描く。

第二次世界大戦下のドイツ・ベルリンで暮らす8歳の少年ブルーノ。
父親はナチス親衛隊(SS)の将校であり、何不自由なく暮らしていた。
ある日、父親の栄転でベルリンから田舎の屋敷へと引っ越すことになる。
しかしそこは周りに友達もおらず屋敷の中から出ることができない
退屈な日々だった。
ある時、納屋の窓から屋敷の外へ抜け出せることを知ったブルーノは
林を抜けたところにある有刺鉄線で囲まれた場所を見つける。
そこを農場だと思ったブルーノはフェンス内にいる縞模様のパジャマを
来ている同い年の少年シュムエルに出会う。
以来、二人はフェンスを挟んで会話しながら友情を育んでいく。

続きを読む
posted by はくじ at 23:56| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(31) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

トランスポーター3 アンリミテッド

トランスポーター3.jpg

ジェイソン・ステイサム主演でリュック・ベッソン製作・脚本のコンビで
おくる『トランスポーター』シリーズの第3弾。
元特殊部隊出身の天才運び屋が死と隣り合わせの危険な状況の中、ヨーロッパ
を駆け抜けつつ、事件を解決する様を描く。

フランクが自宅でくつろいでいると、知人のマルコムが車ごと自宅に突っ込ん
できた。フランクは救急車を呼び、瀕死の状態のマルコムを助け出すが、
救急車がマルコムを乗せて走り出してしばらくすると突如爆発してしまう。
マルコムが乗ってきた車の後部座席には赤毛の女がおり、その女が言うには
腕にはめられたブレスレットが車からある距離を離れると爆発するとのこと。
しかしその直後、何者かに殴られてフランクは気絶する。

目が覚めるとフランクの腕には、そのブレスレットが装着されており、
ジョンソンという男がやってきて、マルコムに頼んだ仕事が失敗した。
仕事の依頼を断り、マルコムを推薦したフランクが荷物を運べと要求する。

仕方なくフランクは自分の車で運ぶことを条件で引き受けるが、車には
マルコムの車にいた赤毛の女も乗っており、しぶしぶ女も一緒に目的地へ
向かうことになった。

続きを読む
posted by はくじ at 17:41| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(47) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

96時間

96時間.jpg

リュック・ベッソンが制作・脚本を務め、リーアム・ニーソン主演の
サスペンスアクション。
娘が旅行先で誘拐された元秘密工作員の父親が、96時間という限られた
時間内で、警察などの力を一切借りず、己の工作員時代のスキルを駆使
して娘の救出に奔走する様を描く。

ブライアン・ミルズはアメリカ政府の秘密工作員として多くの仕事をこなして
きた。しかしそのために家庭を顧みることなく妻とは離婚、最愛の娘も妻と
ともに妻の再婚先で暮らしている。今後は娘のために生きようと引退し、
カルフォルニアで娘を遠くから見守る日々を過ごしていた。
娘の17歳の誕生日の翌日、娘のキムから親友のアマンダとアマンダの従姉妹の
いるパリへ海外旅行へ行きたいので、父親であるブライアンのサインが欲しい
と言ってくる。娘たちだけで海外へ行かせることに不安一杯のブライアンは
難色を示すも、結局、毎日定時刻に連絡してくることを条件にサインをする。
しかし、キムからは全然連絡がなく、やっとつながった電話中に、キムは
アマンダが何者かにさらわれるところを目撃する。ブライアンはキムに
お前もさらわれると告げ、その瞬間に犯人達の詳細を伝えろと指示する。
そしてキムは何者かにさらわれるが、ブライアンは携帯電話での会話から
犯人達の目星をつけ、96時間を越えると救出不能という事例から、
ブライアンはキムを救出すべく単身パリへ飛び、長年培った工作員のスキルを
用いて犯人達を追いつめていく。

続きを読む
posted by はくじ at 23:58| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(89) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

湖のほとりで

湖のほとりで.jpg

北イタリアの小さな村を舞台に、ある殺人事件の捜査の中で、村人たちが
持つ心の葛藤や痛みや哀しみを描いたヒューマンミステリー。
イタリアのアカデミー賞にあたる“ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞”で
史上最多の10部門の独占した話題作。

北イタリアの小さな村にある湖のほとりで、村の少女アンナが全裸で
殺害された死体が発見される。村に引っ越してきたばかりの刑事サンツィオは
遺体の状況から他殺と判断し、アンナに関連する村人から事情聴取を行う。
捜査を進めていくにしたがって、サンツィオは村人達が抱える悩みや秘密を
知っていく。アンナの恋人だったロベルトが捜査線上に浮かびあがる。

続きを読む
posted by はくじ at 23:49| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(32) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

クヌート

クヌート.jpg

2006年にドイツのベルリン動物園で誕生し、母親に育児放棄されて
人工飼育でそだったホッキョクグマのクヌートの成長と野生のクマが
たくましく生きていく生態を描いたドキュメンタリー。

北極、ホッキョクグマの母親はホッキョクグマとしては珍しい三つ子の
子グマが誕生する。子グマ達は兄弟とじゃれあったりしながら独り立ち
できる術を学んでいくが、体の弱い一頭は早々と死んでしまう。
一方、ベラルーシでは母グマが人間に撃ち殺されて
しまったヒグマの子グマ2頭の兄弟が帰ってこない母グマを待ちつつも
兄弟力合わせてたくましく生きていく。
そしてドイツのベルリン動物園では、ホッキョクグマの赤ちゃんが生まれる
も、母グマは育児放棄をしてしまう。そこで飼育員達が赤ちゃんグマを
クヌートと名づけ人工飼育で育て始める。

続きを読む
posted by はくじ at 23:56| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

ケドマ 戦禍の起源

ケドマ.jpg
 

アモス・ギタイ監督が2002年にイスラエル誕生の起源を描いた
イタリア・フランス・イスラエル映画。

1948年5月、今まさにイスラエルが建国されようとしているパレスチナに
向かう移民船「ケドマ」号。ヘブライ語で「起源」を意味する名の船を埋め
尽くすユダヤ人たちはホロコーストの悪夢の記憶を振り切って祖先たちの
土地で新しい人生を始めようと思っているのだが、それはその土地を故郷と
するアラブ人たちが追い出されることを意味していた。
中東紛争の原点となった1948年の戦争を徹底して名もない個人たちの視点で
見ることから、虐げられた者たちが生存のために他者を虐げることになる
二重の悲劇を浮かび上がらせ、国家・民族・歴史の意味を問い直す巨匠ギタイ
渾身の1本。(シネ・ヌーヴォのHPより)

続きを読む
posted by はくじ at 23:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリポタ_謎のプリンス.jpg

J・K・ローリング原作のベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの
映画版第6作。ハリーはダンブルドア校長とともに復活したヴォルデモート卿
との決戦に向けて、彼の知られざる過去を探る。

ヴォルデモート卿の支配力が強力になっていくなか、その脅威がホグワーツ
魔法学校にも及ぼうとしていた。ヴォルデモート卿との最終決戦が近々
迫っていることを感じているダンブルドア校長は、ハリーとともに最終決戦に
そなえてヴォルデモート卿の過去を探る。
一方、ホグワーツ魔法学校の生徒達は恋愛モード。
ロンはラベンダーに想いを寄せられ、まんざらでもないが、二人のいちゃつき
ぶりを見たハーマイオニーは嫉妬に狂いそうになる。
学校中の生徒達が恋愛で浮かれているなか、ドラコは冷静にあることの
準備を進めていた。

続きを読む
posted by はくじ at 15:41| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(93) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

アイカムウィズザレイン.jpg

他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける能力を持った男を巡って、元刑事の
探偵や香港マフィアを巻きこんで起こるサスペンス。

ある大企業の創業者から失踪した息子シタオを捜索する依頼を受けた元刑事
の私立探偵のクライン。早速シタオがいたと思われるフィリピンのミンダナオ
島へ飛んだが、すでにシタオはミンダナオ島にはおらず香港にいることが
わかる。香港へ飛んだクラインは地元警察の知りあいの刑事の協力を得て
シタオの捜索を始める。
一方、香港マフィアのボスのドンポは部下が裏切り、愛する女リリーを
連れ去られてしまう。やがてリリーがシタオと一緒にいるということを
掴んだドンポはシタオの行方を必死に追う。

続きを読む
posted by はくじ at 23:26| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(35) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ベルサイユの子

ベルサイユの子.jpg

ホームレスとして生活する男が母親に置き去りにされた見ず知らずの子供の
世話をすることになり、次第に子供への情を持ち始め、一度はみ出た社会への
復帰をめざしていく姿を描いたドラマ。

ベルサイユ宮殿の近くにある森でホームレス生活をするダミアンのもとに、
パリの街からベルサイユの森へ流れ着いて道に迷った母子のホームレスと
出会う。しばらく人と会話のなかったダミアンはニーナとエンゾを自分の
掘っ立て小屋に泊める。しかし翌朝、ダミアンが目を覚ますと母親ニーナの
姿はなく、幼いエンゾだけが残っていた。ダミアンはニーナに怒り心頭に
なるが、幼いエンゾを見捨てることもいかずに仕方なく面倒を見ることに。
やがてダミアンのなかにエンゾに対する情愛が芽生え、彼のためにも仕事に
就こうとする。

続きを読む
posted by はくじ at 21:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(16) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

スラムドッグ$ミリオネア

スラムミリオネア.jpg

『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の
波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。
アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。

日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組に
ムンバイ出身の青年・ジャマールが出演し、次々と難問に正解する。残り
1問となったところで時間切れとなり、続きは翌日になる。
しかしTV局を出たところで、ジャマールはイカサマ容疑で警察に連行されて
しまう。ムンバイのスラム出身で教育も受けていないジャマールがここまで
問題に答えられるわけがないということで、司会者が警察を呼んだのだった。
同じようにスラム出身のジャマールが答えらないと決めつけ、どうやって
答えをしったのか、共犯はいるのかと執拗に拷問を繰り返す警察。
やがて口を開いたジャマールは、ここまで出された問題は全てストリートで
生きているときに学んだことだと言って、その生い立ちを語り始める。

続きを読む
posted by はくじ at 23:12| 大阪 | Comment(7) | TrackBack(131) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ロックンローラ

ロックンローラ.jpg

ロンドンの裏社会を舞台に不動産ビジネスに群がる男たちを描いたクライム
群像劇。

不動産バブルに沸くロンドン。チンピラのワンツーとマンブルズもひと山
当てようと不動産ビジネスに手を出すが、詰めが甘く失敗し、街を牛耳る
裏社会のボス、レニーからの借金だけが残る。
そんな折、ロンドンで不動産ビジネスを行おうとするロシアンマフィアが
建築許可を出してもらうためにレニーに仲介を依頼する。
ロシアンマフィアの会計士のステラはレニーに渡る700万ユーロの賄賂を
強奪することをワンツーにもちかける。

続きを読む
posted by はくじ at 23:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(16) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホルテンさんのはじめての冒険

ホルテン.jpg

定年間際の鉄道運転士が定年退職日に遅刻したことから起こる騒動を描いた
ハートウォーミング・コメディ。

ノルウェー鉄道に勤めるホルテンさんは勤続40年のベテラン運転士。
67歳を迎えてついに定年を迎えることに。定年退職の前夜、同僚たちが
開いてくれた送別会に参加し、寝過してしまう。
人生初の遅刻をしてしまい、退職前最後の担当列車に乗り遅れてしまい、
茫然自失となったホルテンさんは部屋に閉じこもってしまう。

続きを読む
posted by はくじ at 00:17| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(33) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

ワンダーラスト

ワンダーラスト.jpg

ミュージシャンであるマドンナの映画監督デビュー作。
理想と現実のはざまでかなえられるかわからない夢を追いかけてもがく男女
3人の青春模様をロンドンを舞台にマドンナ自身の経験と哲学を反映して
描く。

ロンドンの片隅でルームメイトとして暮す3人の男女。ウクライナ移民の
AKはミュージシャンとして成功すること。が現実はSMの調教師。
ホリーはバレリーナとして成功を夢見るが、現実は生活のために不本意ながら
ストリッパーとして働くことに。ジュリエットはアフリカの貧しい子供たちを
救いたいという夢を持っているが、現実は薬局の店員をしながら、店の薬を
くすねてばかり。それぞれがままならない日常を助け合いながらも過ごす。

続きを読む
posted by はくじ at 00:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(12) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

007/慰めの報酬

007慰めの報酬.jpg

イギリス諜報部員であるジェームズ・ボンドの活躍を描くお馴染みスパイ
アクション映画のシリーズ第22作。本作は前作「カジノ・ロワイヤル」の
エンディングから話は始まる。
ジェームズ・ボンドは前作に続きダニエル・クレイグが演じる。

愛するヴェスパーを失ったボンドは、彼女を背後で操っていたミスター
ホワイトを捕え、尋問する。そしてホワイトの背後には巨大な謎の組織の
存在を知る。調査のためハイチに向かったボンドは、謎の女性カミーユと
出会い、彼女を通じて環境団体のドミニク・グリーンの存在を知り、彼が
謎の組織の一員だと確信する。ドミニク・グリーンは環境団体という表の
顔とは別に、謎の組織の尖兵としてボリビアの地下資源を独占して世界
支配を計画を企てていた。

続きを読む
posted by はくじ at 18:00| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(70) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

その男 ヴァン・ダム

vandamme.jpg

ベルギー出身のアクション俳優ジャン=クロード・ヴァン・ダムが落ち目の
自分自身を自虐的に演じるコメディ。

アクション俳優としてハリウッドで一時代を築いたヴァン・ダムだがよる
年波に勝てずアクションがきつくなってきていた。そこに娘の親権争い等で
問題が山積み。そんな時、故郷のベルギーへ戻ってくる。途中、現金を
引き出そうと郵便局に寄るが、その郵便局は強盗団の襲撃を受けていた。
ヴァン・ダムは人質になってしまうが、外にいた警官らはヴァン・ダムが
郵便強盗の犯人だと勘違いしてしまい大騒動になってしまう。

続きを読む
posted by はくじ at 00:09| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(19) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

ミーアキャット

meerkats.jpg

アフリカのカラハリ砂漠に生息する身長30センチのミーアキャットの生活を
とらえたドキュメンタリー。過酷な自然環境の中、「ロコ」と名づけられた
ミーアキャットの子供の成長を軸に危険と隣合わせのミーアキャットの家族の
生活を迫力ある映像で綴る。

アフリカのカラハリ砂漠に生息するミーアキャットのある家族の群れに5匹の
子どもたちが誕生する。生後3週間目になって子どもたちは初めて巣穴の外に
出てくる。そのうちの一匹、ロコと名づけられたミーアキャットの子供は
好奇心旺盛で見る物全てに興味を持つ。
そんな彼らに空から天敵のゴマバラワシが襲いかかる。

続きを読む
posted by はくじ at 01:40| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(22) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

きつねと私の12か月

kitsune12.jpg

『皇帝ペンギン』のリュック・ジャケ監督が監督自身の実体験を基に、野生の
きつねと少女の1年にわたる触れ合いを描いたファミリードラマ。

山岳地帯に暮らす少女リラは学校への通学路の途中で、1匹のきつねに出会う。
きつねの美しい姿に魅せられた彼女は、そのきつねにまた会いたいために次の
日から森の中を捜しまわる。やがて季節は秋から冬になり、一面雪景色の中で
きつねの足跡を追いかけていたリラは足を踏み外して足を骨折してしまう。
冬の間、森へ出かけることができなかったリラは、きつねへの思いを一層
強くする。やがて春がやってきて、足の骨折が完治したリラは再び森の中で
きつねを探しだそうとする。そしてきつねの巣穴を発見したリラは、きつねが
出産して母狐になっていたことを知る。根気よくきつねに接するリラに対し
きつねは警戒心を薄め、夏になるときつねは自らリラのそばへ寄るようになる。
リラはきつねにテトゥと名づけ、一緒に森を走り回る。やがて再び秋が
やってくる。

続きを読む
posted by はくじ at 01:46| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(18) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

アラトリステ

alatriste1.jpg

17世紀のスペインを舞台に傭兵アラトリステの活躍を描いた
スペインのアルトゥーロ・ペレス=レベルテの同名小説を映画化。

17世紀初頭、繁栄を謳歌していたスペインはアルマダの海戦での敗北以来、
その栄華に陰りが見え始めていた。時の国王フェリペ4世に仕える傭兵
アラトリステはフランドルでの戦いで、命を落とした戦友の願いを聞きいれ、
帰国後、彼の息子イニゴを引き取る。そんな折アラトリステのもとに
マドリードにやってくるイギリス人二人の暗殺せよという仕事の依頼が
舞い込む。

続きを読む
posted by はくじ at 00:31| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(15) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

バンク・ジョブ

bankjob_1_1b.jpg

『ウォーキートーキー強盗』として知られるイギリス・ロイズ銀行で発生
した強奪事件を基に映画化されたクライムサスペンス。
知ってはいけない秘密を知ったがために強盗団に命の危険が迫る様を
スリリングに描く。

1971年、ロンドンで中古車店を営むテリーは資金繰りと借金の取立てに
頭を悩ませていた。ある日、そんなテリーのもとになじみのマルティーヌ
から銀行強盗の話を持ちかけられる。それは、ベイカー・ストリートの角に
あるロイズ銀行が、装置交換のために約一週間、警報が解除され無防備状態
になり、地下を掘って貸し金庫に入る計画だった。
その話にのったテリーは早速仲間に相談し、必要なメンバーを集め準備に
入る。しかしロイズ銀行の貸金庫には現金や宝石以外に、イギリスを
揺るがす秘密も存在した。

続きを読む
posted by はくじ at 17:35| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(30) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。