2010年11月21日

『的中』:第17回大阪ヨーロッパ映画祭

的中.jpg

2008年/クロアチア・セルビア
35mm-カラー100分
クロアチア語(日本語・英語字幕)

監督:ヴィンコ・ブレシャン
出演:イヴァン・ヘルチェグ
   ナーダ・シャルギン
   プレドラグ・ヴショヴィッチ
   ドラゼン・クーン

    * * * * * * * *
 
このままでは終わらない?!
巡りめぐる愛と人生の悲喜劇

クロアチア軍を退役し、ザグレブに暮らすマルティン。彼が偶然目にした
ポルノ版赤ずきんちゃんでデーサを見つけたとき、彼の人生は大きく
変わっていった。彼は共演していたジプシーのジュロを訪ね、彼女のもと
へ案内させる。セルビアのベオグラードですでに娼婦となっていたデーサを
自由にするため、彼は大金を工面し、彼女を自宅へと連れ帰る。デーサは
彼もほかの男と同様に自分を利用するのだろうと思うが、事情はまったく
違った。彼は彼女が快適に暮らせるよう懸命に気を配る。しかし彼女には
何も求めず、指一本触れようとしない。彼の目的がわからず、混乱する
デーサは彼の秘密を探ろうとする。同時に彼のやさしさに癒され、しだいに
笑顔を取り戻し、二人は想いを寄せていく。マルティンとデーサはそれぞれ
心に深い傷を負っていた。戦争が終わってもなお消えることのない傷みが
二人を苦しめ、また結びつけているのだった。やがて彼女は彼の過去に
気づき始める。二人の幸せはやはり束の間のものだったのか。
               (第17回大阪ヨーロッパ映画祭公式パンフより抜粋)
 

続きを読む
posted by はくじ at 23:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ブレンダンとケルズの秘密』:第17回大阪ヨーロッパ映画祭

ブレンダンとケルズの秘密.jpg

2009年/アイルランド・フランス・ベルギー
35mm-カラー75分
英語(日本語字幕)

監督:トム・ムーア

    * * * * * * * *
 
2010年アカデミー賞ノミネート作品

世界でもっとも美しいとされる聖書の手写本、アイルランドの国宝『ケルズ
の書』はどのように生まれたのか。物語の舞台は中世の僧院。
12歳のブレンダンは厳格な僧院長の伯父、やさしい僧たちと暮らしている。
壁の向こうには魔物が棲むような森が広がり、凶暴なバイキングが人々を
襲い、ここは民衆を守る砦にもなっていた。ある日、一人の老僧がバイキング
の襲撃にあった島を逃れ、猫のパガンボンと一冊の美しい書物を手に現れる。
名だたる彩飾家である老僧は描きかけの本を完成するため、ブレンダンに森で
インクとなる木の実をとってくるよう頼む。禁じられていた森へ出かけた
ブレンダンは不思議な少女、白い狼の化身アイスリングに助けられ、木の実を
見つけて戻った。老僧はブレンダンに本の続きを描かせるが、完成するには
さらにクリスタルが必要だった。それを探そうと再び森へ入ったブレンダンを
待っていたのは恐ろしい大蛇。僧院のまわりにはバイキングの大群が。
ブレンダン、僧院、そして本の行く末は。
               (第17回大阪ヨーロッパ映画祭公式パンフより抜粋)
 

続きを読む
posted by はくじ at 23:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『テラシア島のおまわりさん』:第17回大阪ヨーロッパ映画祭

テラシア島のおまわり.jpg

2009年/ギリシャ・キプロス・ドイツ
35mm-カラー85分
ギリシャ語(日本語・英語字幕)

監督:クリストス・ゲオルギウ
出演:アリス・セルベタリス
   ヴィキ・パパドプル
   エヴァンゲリア・アンドレアダキ
   アルト・アパルチャン

    * * * * * * * *
 
エーゲ海の島を舞台に若き警官が挑む珍事件とは

レオニダは意欲あふれる若い新人警官。大都会で重大犯罪を解決することを
夢見ていたが、配属されたのはエーゲ海に浮かぶ小さくてのんびりした島
だった。彼の仕事は交通違反者を追いかけたり、ユーディスト観光客を取り
締まるなどつまらない雑用ばかり。それ以外は地元の人々とカフェに座り、
島いちばんの有名人で美人のアンゲリキが司会をするテレビのモーニング
ショーを見ることくらいしかない。そんなお決まりの毎日をがらりと変える
出来事が起こる。大酒飲みの村人ザカリアが崖の下で死んでいるのが発見
されたのだ。署長は酔っぱらって落ちた事故だと仮定するが、レオニダは
殺人事件を疑い、捜査を始める。同じ日の夜、アンゲリキが島へ戻ってくる。
レオニダは彼女とザカリアを結び糸口を見つけ、彼女も一緒に捜査すること
になった。聞き込みを進めると、それぞれに自分の推理を語る村人たち。
どの話ももっともらしく思えてきて、レオニダの想像力はもはや限界。
しかし謎を解く鍵は意外なところにあった。
               (第17回大阪ヨーロッパ映画祭公式パンフより抜粋)
 

続きを読む
posted by はくじ at 23:15| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

『サラエボ、希望の街角』:第17回大阪ヨーロッパ映画祭

サラエボ希望の街角.jpg  

2010年/ボスニア・ヘルツェゴビナ・オーストリア・ドイツ・クロアチア
35mm-カラー100分
ボスニア語(日本語字幕)

監督:ヤスミラ・ジュバニッチ
出演:ズリンカ・ツヴィッテシッチ
   レオン・ルチェフ

    * * * * * * * *
 
複雑な東欧社会に揺るがされるひとつの愛の行方

カップルのルナとアマルは二人の関係を揺るがす出来事に見舞われる。
始まりはアマルが仕事中に酒を飲み、停職処分になったことだった。
また子どもが欲しいと願って2年が過ぎ、人工授精に進むべきか、決断を
迫られていた。ある日、アマルが厳格なイスラム教集団での仕事を引き
受けたとき、ルナの不安は大きくなっていく。アマルは遠く離れた湖畔へ
と旅立ち、連絡は途絶えた。ようやく彼を訪ねることを許されたルナは、
そこで男女が隔離され、厳しい規律のもとで信仰に従事する生活を目の
当たりにする。やがてアマルが帰宅したとき、ルナは彼があまりにも
変わってしまったことに気づく。彼はただより善い人になりたいのだと
言うが、ルナはついて行けず、溝が深まるのを感じるだけだった。
彼女はこれまで信じてきたこと、子どもを望んだことにさえ疑問を抱く
ようになる。戦争の悲惨な過去がたびたびよみがえり、ルナは二人を
結びつけ、幸せな生涯をともにできるほどの愛があるのかどうか自問
するのだった。
               (第17回大阪ヨーロッパ映画祭公式パンフより抜粋)
 

続きを読む
posted by はくじ at 23:50| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(9) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『一日のいのち』:第17回大阪ヨーロッパ映画祭

一日のいのち.jpg

2009年/オランダ
35mm-カラー94分
オランダ語(日本語・英語字幕)

監督:マルク・デクルー
出演:マテイス・ファンデサンデバクハウゼン
   ロイス・デヨング
   ティホ・ヘルナント
   エヒベルトヤン・ウェーバー

    * * * * * * * *
 
常識を超えた世界で展開する恋人たちの天国と地獄

人の一生がわずか一日でしかない世界。人は生まれ、一日のあいだに成長し、
老いて、天国へ召される。ここではあらゆる出来事を一度しか経験できず、
繰り返すことがない。そんな世界で、ベニーとジニは出会い、恋においた。
強く心を惹かれ合う二人は一日で終わる人生に満足できず、もっと一緒に
いて愛し合いたいと願う。かなえる方法はたったひとつ。地獄へ逃げること
だった。そこでは酔っぱらうことも、愛し続けることも、セックスを楽しむ
こともできる。人生に残された長い時間をともに過ごすこともできる。
ベニーとジニはこの唯一のチャンスを逃すまいと、殺人を犯す。
恐ろしく卑劣な行いは裁かれ、彼らに死刑が言い渡される。望みどおり、
地獄へ行けるのだ。しかし刑が執行される瞬間、何らかのトラブルが起こり、
二人は同時に地獄へ着くことができなかった。虚しさや悲しみを味わい
ながらも、人々が人生の営みを繰り返す新しい世界で、彼らは必死になって
互いを捜し出そうとするのだが。

               (第17回大阪ヨーロッパ映画祭公式パンフより抜粋)
 

続きを読む
posted by はくじ at 23:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『40』:第17回大阪ヨーロッパ映画祭

40_s.jpg

2009年/トルコ・アメリカ
35mm-カラー/87分
トルコ語・英語(日本語・英語字幕)

監督:エムレ・シャーヒン
出演:コフィ・シリボエ
   クウェシ・ボアキェ
   イタリ・ウィニ

    * * * * * * * *
 
運命か?偶然か?
謎の数字が引き寄せる人間ドラマ

舞台はトルコ最大の都市、イスタンブール。メティンは家庭の問題から幼く
して故郷を離れ、この街にやってきた。生き延びるために犯罪を繰り返し、
ようやく職についたあとも相変わらずの不運に嘆く毎日だ。看護師のサヴダ
は数秘学を信じ、恋人にも数字の縁を感じて結婚した。しかし幸せは長く
続かず、だらしのない夫にうんざりしている。ゴッドウィルは愛する人の
いるパリを目指し、ナイジェリアからコンテナに乗った。たどり着いたのは
この街だったが、パリ行きをあきらめず、地道に働いている。1200万もの
人々がひしめく中、何のつながりもない3人が磁力のような強い力に捉え
られ、引き寄せられて、それぞれの運命は密接につながっていく。
10月の奇妙で荒れた数日間、イスタンブールの通りで次々に起こるおかしな
出来事。そこにはなぜか40という数字がつきまとうのだった。
数字、信仰、宿命、思いがけない幸運を人々は天の導きとして尊び、逆らわ
ない。果たして、それらはどれほど神聖なものなのだろうか。
               (第17回大阪ヨーロッパ映画祭公式パンフより抜粋)
 

続きを読む
posted by はくじ at 23:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

ミックマック

ミックマック.jpg

『アメリ』『ロング・エンゲージメント』のジャン=ピエール・ジュネ監督が
『ぼくの大切なともだち』の人気コメディアン、ダニー・ブーンを主演に
迎え、奇想天外な物語と美しくもシュールかつ遊び心あふれる映像で贈る
ファンタジー・コメディ。
不幸な人生を送る主人公が、その原因を作った2大軍事企業を相手に、
個性豊かな仲間たちと繰り広げる壮大なイタズラの行方を風刺とユーモアを
織り交ぜ綴ってゆく。
                     (allcinemaONLINEさんより抜粋)
    * * * * * * * *

幼い頃に、父親を地雷で亡くした男、バジル。ビデオ・レンタルショップで
働く彼は、ある夜、発砲事件に巻き込まれ、頭に銃弾を受けてしまう。
なんとか命は取り留めたものの、銃弾が頭に埋まったまま生きていくハメに。
おまけに、入院中に職も家も全てを失ってしまったバジルは、廃品回収を
しながら共同生活を送るユニークな仲間たちと出会う。
彼らは、それぞれに“人間大砲”や“言語オタク”、“軟体女”といった
不思議な特技を持つ7人の超個性派集団。
そんな彼らに温かく迎えられたバジルは、ある時、偶然にも父親を殺した
地雷を製造した会社と自分の頭に残る銃弾の製造会社を同時に発見する。
そして、仲間たちの助けを借りて、この2つのハイテク企業に復讐すること
を決意するバジルだったが…。
                     (allcinemaONLINEさんより抜粋)
 

続きを読む
posted by はくじ at 01:44| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(29) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士

ミレニアム3.jpg  

作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー
『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。
本作はその第三弾で完結編。
瀕死の重傷を負ったリスベットが裁判にかけられることになり、彼女の
を陥れようとする謎の組織と彼女を救済しようとするミカエルらの攻防を
スリリングに描く。
主演は前作に引き続きノオミ・ラパスとミカエル・ニクヴィストが努め、
監督は第2部と同じダニエル・アルフレッドソンが努める。

    * * * * * * * *

宿敵ザラチェンコとの対決で瀕死の重傷を負ったリスベット。
運よくミカエルが駆けつけてくれたために、彼女は一命を取り留める。
だが彼女は病院で厳重な監視下のもと、裁判が始まるまで外部との接触を
断たれる。一方、ザラチェンコとリスベットが裁判にかけられると、
ザラチェンコの持つ情報で非合法なことを数多く行ってきた公安警察内の
秘密組織の面々は、今までの秘密が明らかになることを恐れ、両名の口封じ
に動く。ザラチェンコの始末に成功したもののリスベットの襲撃に失敗した
ため、秘密組織はかつてリスベットを精神病院送りにした精神科医テレボリ
アンを使って、再びリスベットを精神病院送りにして秘密を闇に葬ろうと
画策する。
一方、ミカエルは妹で敏腕弁護士のアニカをリスベットの弁護士に起用し、
リスベットの裁判を有利に進むように秘密組織の存在を暴こうとする。

続きを読む
posted by はくじ at 22:17| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(31) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

終着駅 トルストイ最後の旅

終着駅.jpg

『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などのロシアの文豪トルストイの
晩年を映画化した伝記ドラマ。トルストイの一番弟子と妻ソフィアが彼の
著作権の行方を巡って対立する様を中心に、晩年にトルストイの秘書として
派遣されてきた青年の視点から描く。
出演はトルストイには『Dr.パルナサスの鏡』のクリストファー・プラマー、
ソフィアには『クィーン』のヘレン・ミラン、秘書のワレンチンには
『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ。

    * * * * * * * *

ロシアが生んだ偉大な文豪レフ・トルストイ。彼は長い執筆稼業のうち、
非暴力を旨とする思想を展開し、彼の周りにはそんな思想に共鳴した信奉者
達が集まり共同生活を行うようになっていた。そんなトルストイ主義者達の
中には、トルストイの著作は全世界の人類のために著作権を放棄するという
遺書をトルストイに薦めており、トルストイもその事に賛同していた。
しかし、50年近く連れ添って、夫を献身的に支え愛してきた妻・ソフィアに
とっては許しがたいことであった。残された家族のためにも著作権の放棄は
認められないとトルストイに訴えるものの、夫婦の間には溝ができてしまう。
そんな中、ワレンチンというトルストイ信奉者の青年が助手として新たに
やってくる。

 続きを読む
posted by はくじ at 23:50| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(24) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ.jpg

スウェーデン人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー
『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。
同級生のイジメにあう孤独な少年がヴァンパイアの少女と出会い、ひょんな
ことから恋に落ちていくも彼女の正体を知った少年の戸惑いと、彼女を受け
入れて行く様を詩的なタッチで描いたラブストーリー。
主演はカーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション。
監督はトーマス・アルフレッドソン。

    * * * * * * * *

ストックホルム郊外で母親と集合住宅で暮らす12歳の少年オスカー。
オスカーは学校で同級生のイジメにあっており、毎晩その悔しさを
胸に復讐することを妄想する日々を送っていた。
ある晩、オスカーは集合住宅の中庭で木を相手にナイフを突き立てて
同級生への復讐心を掻き立てている時に、一人の少女と出会う。
彼女はオスカーの家の隣に父親と引っ越してきたばかりの少女・エリだった。
毎晩彼女と中庭で言葉を交わしているうちに、次第にエリに心惹かれていく
オスカー。しかしその頃、近くの街で青年の血が抜き取られる事件が発生し、
オスカーの住む街でも奇妙な事件が発生する・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 22:23| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(41) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

ミレニアム2 火と戯れる女

ミレニアム2.jpg

作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー
『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。
本作はその第二弾。
連続殺人事件の容疑者として濡れ衣を着せられたヒロイン・リスベットの
孤独な戦いと逃避行と、彼女の無実を信じて、警察の捜査とは別に調査を
始めたジャーナリストの奔走する姿を描く。
主演は前作に引き続きノオミ・ラパスとミカエル・ニクヴィストが努め、
監督は新たにダニエル・アルフレッドソンが努める。

    * * * * * * * *

ヴァンゲル家の少女失踪事件から1年。ミカエル・ブルムクヴィストは、
忽然と姿を消したリスベット・サランデルの身を案じながらも、『ミレニア
ム』誌の編集作業に忙しい毎日を送っていた。そんなある日、最新号の特集
に少女売春の実態とその組織に迫った特集記事の準備を進めていた担当の
ジャーナリストのダグと恋人で犯罪学研究者のミアが何者かによって殺害
される。そして現場にはリスベットの指紋が付いた銃が残されており、また
銃の持ち主であり、リスベットの後見人であるビュルマンが自宅で殺害されて
いたことから、警察はリスベットを容疑者として行方を追い始める。
一方、テレビ放送で自分が殺人事件の容疑者として指名手配されていることを
知ったリスベットは自分が容疑者にされていることの真相を探ろうと得意の
ハッキングを駆使して真相を究明し始める。
そしてミカエルは、リスベットの無実を証明するために少女売春の裏側に
いるザラという人物の正体を暴こうと独自に調査を開始し始める。

続きを読む
posted by はくじ at 01:30| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(35) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ボローニャの夕暮れ

ボローニャの夕暮れ.jpg

第2次世界大戦期のイタリア・ボローニャを舞台に、同級生を殺害して
しまった娘と、彼女を献身的に支え続けた父親のきずなを描いた人間ドラマ。
時代の波に翻弄された平凡な家族の崩壊と再生の物語を、イタリアの名匠
プピ・アヴァティ監督がノスタルジックに紡ぎ、本国で大ヒットを記録した。
娘に無償の愛をささげる父親を『息子の部屋』の名優シルヴィオ・オルランド
が演じ、第65回ヴェネチア国際映画祭男優賞に輝いている。

第2次世界大戦前夜のボローニャ、美術教師のミケーレ(シルヴィオ・オルラ
ンド)は美しい妻のデリア(フランチェスカ・ネリ)、17歳の娘ジョヴァンナ
(アルバ・ロルヴァケル)とつつましく幸せに暮らしていた。そんなある日、
ミケーレの勤める学校で女子生徒が殺害され、その犯人がジョヴァンナだった
ことから、一家の平穏な生活は一変してしまう。
                            (シネマトゥデイさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 23:58| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(12) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

ザ・ホード -死霊の大群-

ザ・ホード.jpg

同僚を殺害された刑事達がギャングに復讐すべく乗り込んだビルにゾンビが
押し寄せ、そこから刑事とギャングとゾンビの命を懸けた決死のサバイバル
の様を強烈なバイオレンス&スプラッター描写で描いたフレンチゾンビ
ホラー。

ギャングに同僚を殺害された刑事達は、復讐の為にギャングが潜伏している
高層ビルに乗り込む。しかし、潜入をギャング達に気付かれ、刑事達は
囚われの身になる。しかしその時、浴室で殺害した刑事の仲間がゾンビと
化して、ギャング達に襲いかかる。なんとかそのゾンビをやっつけた
ギャング達だったが、階下からゾンビ達が人肉を求めてやってくる。
窮地に陥ったギャング達はやむを得ず刑事達と手を組み、ビルから逃げ
のびようと階下へと向かう・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

アデル/ファラオと復活の秘薬

アデル.jpg

『レオン』『フィフス・エレメント』などで数々の印象的なヒロインを
描いてきたリュック・ベッソンが手掛けるファンタジー・アドベンチャー。
フランスの人気コミックシリーズを原作に、エジプト王家に伝わる秘薬を
めぐる冒険が繰り広げられる。ヒロインに抜てきされたのは、アンヌ・
フォンテーヌ監督作品にも出演したルイーズ・ブルゴワン。
その宿敵を『潜水服は蝶の夢を見る』の演技派マチュー・アマルリックが
演じる。職業をさまざまに変えるルイーズの見せる、キュートな衣装にも
注目。

1911年、エジプト。妹の命を助けたいフランス人ジャーナリストのアデル
(ルイーズ・ブルゴワン)は“復活の秘薬”の手掛かりをつかむが、
宿敵のマッドサイエンティスト、デュールヴー(マチュー・アマルリック)
に阻まれてしまう。ちょうどそのころ、パリでは博物館の卵の化石から
ジュラ紀の翼竜がかえり、人々を恐怖に陥れていた。
                        (シネマトゥデイさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 23:59| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(46) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

17歳の肖像

17歳の肖像.jpg

女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、60年代初頭
のロンドンで暮らす16歳の少女の恋と挫折と成長を描いた青春映画。
多感で好奇心旺盛でパリにあこがれる16歳の少女がひょんなことから出会った
30代の男性と恋に落ち、進学するための勉強しかしてこなかった少女の生活が
がらりと変わり、やがて挫折を迎える姿を描く。
ヒロインには『プライドと偏見』のキャリー・マリガン。ヒロインが恋に
落ちる男性には『エスター』のピーター・サースガード。

1961年のロンドン郊外。16歳のジェニーは、ラテン語は苦手ながらも、他の
科目では好成績を残す優等生。父親はジェニーをオックスフォード大学に
進学させようと躍起であり、ジェニーも特に将来への目標もなく漠然と
オックスフォード目指して勉学する退屈な毎日を送っていた。
そんなある日、雨の中、傘を忘れたジェニーが街中で立ちすくんでいる所に
だいぶ年の離れた男性・デイヴィッドが話しかけてきた。
最初は警戒して身構えていたジェニーだが、デイヴィッドの紳士的な態度と
知的な話し方に徐々に心を許していく。
そしてデイヴィッドはジェニーの両親の信頼を掴みつつジェニーを音楽会など
に連れだしていく。そんな大人な世界を見せてくれるデイヴィッドにジェニー
はたちまち恋に落ちてしまう。
しかし恋に夢中になるあまり、勉強に身が入らなくなり、あげくに教師や校長
に勉学する納得できる理由がないと言い放って退学してしまう。

続きを読む
posted by はくじ at 23:33| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(36) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

パリより愛をこめて

パリより愛をこめて.jpg

パリを舞台に、型破りなCIAエージェントとそのCIAエージェントとコンビを
組むことになった駐仏アメリカ大使館員がパリを訪れるアメリカ要人への
爆弾テロを防ぐべく奮闘する様を描いたサスペンスアクション。
型破りなCIAエージェントには『サブウェイ123 激突』のジョン・
トラヴォルタ、駐仏アメリカ大使館員を『シェルター』のジョナサン・リス・
マイヤーズが演じる。監督は『96時間』のピエール・モレル監督で、原案は
リュック・ベッソン。

フランス・パリのアメリカ大使館で勤務するエリート大使館員のジェームズ・
リース。彼は大使館員の顔を持ちつつ、CIAの見習い捜査官としての裏の顔も
持っており、大使館員の仕事をこなしつつ、盗聴器を仕掛けるなどの簡単な
任務を請け負っていた。そんなある日、リースのもとに新たな指令が届く。
麻薬捜査のためにCIA本部からパリにやってくるエージェント・ワックスの
パートナーとして、彼の任務をサポートすることだった。
重要任務に張り切るリースだが、ワックスは捜査において目的遂行のためには
手段を選ばないし、犯罪者の命なんてこれっぽっちも尊重せずに、簡単に
殺害してしまう型破りながらも結果を出す凄腕エージェントだった。
そんな彼の強引かつ破天荒な捜査に戸惑いを憶える。

続きを読む
posted by はくじ at 00:34| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(71) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

アーサーと魔王マルタザールの逆襲

アーサーと魔王マルタザール.jpg

リュック・ベッソン監督の実写とCGアニメを融合したファンタジーアドベ
ンチャー映画『アーサーとミニモイの不思議な国』の続編。
全3部作のうち第2作となる。
身長2mmのミニモイ族の王国の危機を救ったアーサーが、再びミニモイ達
の危機に立ち上がる様を描く。
主演は前作に引き続きフレディ・ハイモア。

アーサーは家族とともに祖父の家に遊びに来ており、そのさなか10回目の
満月の日を迎える。この日はミニモイの国の扉が開き、再び身長2mmの
ミニモイに変身してミニモイの国へ行き、王女セレニアらと再会することを
心待ちにしていた。しかし、アーサーの父親が祖父の言いざまに腹を立て、
急遽帰ると言いだす。アーサーは帰るのは明日以降にしてほしいと懇願する
も父親は耳を貸さない。帰り支度をしているアーサーのもとに一匹の蜘蛛が
米粒を持ってきて、アーサーに米粒を渡す。米粒には「助けて!」と書かれ
ており、アーサーはミニモイ族に何事かあったと思い、助けに行きたいのだ
が、父親には逆らえず帰宅の途につく。
しかし帰宅途中に立ち寄ったGSで、アーサーは追いかけてきた祖父の犬を
身代わりにして、車から抜け出し、祖父の家へと舞い戻る。
そして扉が開く深夜0時を待って、アーサーはミニモイの国へと戻る・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 00:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(14) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

オーケストラ!

オーケストラ!.jpg

かつて名門オーケストラの天才指揮者だった劇場清掃員が、ひょんなことから
名門楽団に代わって自分が昔の楽団員をかき集めてコンサートを行おうとして
奮闘する様をユーモアたっぷりに描いた音楽ドラマ。
監督は『約束の旅路』のラデュ・ミヘイレアニュで、主演はロシアの俳優・
アレクセイ・グシュコフ。共演に『イングロリアス・バスターズ』の
メラニー・ロラン。

ロシアのボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働いている中年男性の
アンドレイ。彼はかつてこのボリショイ交響楽団の天才指揮者として世界的
に有名な人物だったが、30年前に共産党の政策でユダヤ人排斥が行われ、
楽団員に多くのユダヤ人が居て彼らを守ろうと政策に反対したために、解雇
されてしまい、その結果アルコール依存症になって落ちぶれてしまっていた。
ある日、アンドレイがボリショイ交響楽団の責任者の部屋を清掃している
時に一通のFAXが届く。そこには、パリのシャトレ座からの公演依頼だった。
そのFAXを盗み、シャトレ座からのメールを削除したアンドレイは、自分が
別の楽団員を集め、ボリショイ交響楽団になりすましてコンサートに出よう
と企む。そのために、かつての楽団員で今は救急車の運転手をしている
サーシャをはじめ、タクシー運転手、ポルノ映画のアフレコ、運送会社の
従業員などをしているかつてのメンバーを集め始める。
そしてシャトレ座との交渉にマネージャーが必要であることから、かつて
自分達を糾弾した元ボリショイ劇場支配人のガヴリーロフを説得することに。
公演の場所がパリと聞いたガヴリーロフは途端にやる気になり、シャトレ座
と交渉を開始する。公演の条件としてアンドレイ達は、演奏曲目はチャイコ
フスキーのヴァイオリン協奏曲で、ソリストにはフランスの若手スターの
アンヌ=マリー・ジャケを指名する。

続きを読む
posted by はくじ at 00:14| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(58) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

月に囚われた男

月に囚われた男.jpg

地球に必要なエネルギー源を採掘するために月の採掘基地にたった一人で
三年間駐留する男があるアクシデントに遭い、それ以降おきる不可解な
出来事に遭遇していくSFミステリー。
主演は『コンフェッション』『フロスト×ニクソン』のサム・ロックウェル。
監督はデヴィッド・ボウイの息子ダンカン・ジョーンズで、これが初監督作。

近未来の地球、あらかたの資源を取り尽くした地球はエネルギー源を月に
求める。月の資源を採掘し地球へ送るためにルナ産業が出来、ルナ産業との
契約で宇宙飛行士のサム・ベルが3年契約で月の採掘基地にたった一人で
駐在することに。仕事は採掘マシンが採掘したヘリウム3をポッドにつめて
地球へ射出するだけ。人工知能コンピュータを相棒に任期満了まであと
2週間という時、サムは基地の外で稼働している採掘マシンのところで
事故を起こし意識を失う。
意識を取り戻すとサムは基地の医療室だった。その後、事故現場に行った
サムはそこで意識をなくした人間を見つける。

続きを読む
posted by はくじ at 02:02| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(55) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ウディ・アレンの 夢と犯罪

夢と犯罪.jpg

『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続くウディ・アレン監督の
ロンドン3部作最終章となるクライムサスペンス。
自分が置かれている状況からさらなる上の生活を夢見た兄弟が、ふとした
ことから破滅の道へと転がり落ちていく様を描く。
破滅していく兄弟をユアン・マクレガーとコリン・ファレルが演じる。

父親が経営するレストランを手伝いながら、ホテル事業への投資で事業家へ
の道を進み成功することを夢みる兄・イアンと、酒とギャンブルが好きで
恋人のケイトと一緒に暮らす家が欲しい弟・テリー。
ある日、テリーがドッグレースで大穴を当て、兄弟が共同で小型クルーザー
を購入する。そのクルーザーに兄弟は大穴を当てた犬の名前から
カサンドラズ・ドリーム号と名付ける。
その後もテリーはポーカーなどで大金を得、イアンは舞台女優と交際しつつ
投資業に本格的に手をつけようとしてるとき、イアンがポーカーで負けて
しまい9万ポンド近い借金を背負ってしまう。
困った兄弟はアメリカ・中国でビジネスで成功し、今回兄弟の母親の誕生日
を祝うためにロンドンにやってきた叔父・ハワードを頼る。
しかし、ハワードは金銭援助の代わりに、ハワードの悪事を査察団に証言
しようとしている男の殺害を条件に提示してくる。
ハワードは自分が逮捕されてしまうと、兄弟にたいして金銭援助ができなく
なってイアンの借金が返せなくなると兄弟に迫る。
背に腹は変えられる兄弟はその条件を呑んでしまう。

続きを読む
posted by はくじ at 23:57| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(25) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。