2008年04月06日

モンゴル

チンギス・ハーンの少年時代からモンゴル統一までを描いた大作。
浅野忠信主演ということと、第80回アカデミー賞外国語映画部門に
ノミネートされた話題作ということからか、結構混んでました。

去年見た角川の「蒼き狼 地果て海尽きるまで」に比べてものすごく
良かったです。蒼き狼よりも丁寧に作りこんであるし、ジャムカ役の
スン・ホンレイが素晴らしかったです。
この映画みて、改めて蒼き狼が駄作であることを実感しました。

一応、チンギス・ハーンの予備知識を頭に入れていった方が、
より楽しめると思います。



posted by はくじ at 01:49| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。