2011年09月05日

マルドゥック・スクランブル/燃焼

マルドゥックスクランブル燃焼.bmp

『天地明察』で2010年本屋大賞に輝いた人気作家・冲方丁の出世作にして
2003年日本SF大賞受賞の傑作サイバーパンク小説『マルドゥック・スクラ
ンブル』を、原作者自らの脚本でアニメ化する全3部作の映画プロジェクト、
その第2弾。
賭博師シェルの犯罪を追うヒロインのバロットとその相棒ウフコックを待ち
受ける数々の困難と、新たな戦いの舞台“カジノ”で繰り広げられる緊迫の
攻防を描く。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

賭博師シェルの犯罪に巻き込まれた少女娼婦バロットと、委任事件担当官の
ネズミにして万能兵器のウフコック。
シェルを追う2人の前に、シェルに雇われた委任事件担当官ボイルドが立ち
塞がる。やがて九死に一生を得たバロットとウフコックは特殊な研究施設
“楽園”に運び込まれる。窮地を乗り越え絆の強まった2人。
やがて彼らは、シェルの移し替えられた記憶が、彼が経営するカジノの
百万ドルチップの中に隠されていることを突き止める。
バロットはそのチップを手に入れるべく、ついにカジノへと乗り込んで
いくが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

    * * * * * * * *

前作の『圧縮』を観た際、ええとこで終わったので続きが気になったので
ディノスシネマズ札幌劇場で観賞。

またまたええとこで終わるなぁ。

『圧縮』は原作未読の状態で観賞したので、世界観やらを理解するのが
大変ながらも何とか楽しめたのですが、今回の『燃焼』はアクション
シーンがほとんどなく、バロットが自身の運命と存在意義を見出すために
決意をあらたにするのと、シェルの記憶が詰まったチップを手に入れる
ためにカジノで凄腕ディーラーとの戦いがメインで、ガンアクションとかを
期待していた自分的にはちょっと期待外れであんまり楽しめなかったかな。

今回もええところで終わったので早く続きの『排気』が観たいな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ
クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 01:56| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「マルドゥック・スクランブル/燃焼」
Excerpt:  おまち〜。 原作者の冲方丁が自ら脚本化した「マルドゥック・スクランブル」全3部
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2011-09-13 00:12

『マルドゥック・スクランブル 燃焼』 | 小説をアニメにするむずかしさ。
Excerpt: まずは、一般1200円という価格設定に拍手を送りたいです。 本編は1時間ちょっとという長さですが、これほどまでの映像美を 創りあげるのには、想像を絶する労力が必要だったこと ...
Weblog: 23:30の雑記帳
Tracked: 2011-11-21 23:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。