2011年08月29日

レイン・オブ・アサシン

レイン・オブ・アサイン.bmp

「レッドクリフ」のジョン・ウーが、アジアのトップスターたちを豪華に
起用し、台湾のスー・チャオピンとの共同監督で描く伝奇武侠アクション。
明朝時代の中国を舞台に、手にした者が武術界の覇権を握ると言われる
達磨大師のミイラを巡る激しい争奪戦を、華麗かつ迫力のソード・バトル
満載で描き出す。
主演は「グリーン・デスティニー」のミシェル・ヨーと
「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン、共演にワン・シュエチー、
バービー・スー、ショーン・ユー、ケリー・リン、レオン・ダイ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

明の時代の中国。ある時、転輪王率いる暗殺組織“黒石”が、約800年前に
インドから中国に渡り、武術の奥義を究めたという達磨大師のミイラを
強奪する。
そのミイラには、それを手中にした者が武術界の覇権を握るとの伝説が
あった。ところが、転輪王がもっとも信頼していた部下の細雨が、混乱に
乗してミイラと共に忽然と姿を消してしまうのだった。
その後、細雨は曽静と名乗り、正体を隠して都の片隅でひっそりと暮らして
いた。やがて心優しい青年、阿生とめぐりあい、つましくも温かな所帯を
持つのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

    * * * * * * * *

ジョン・ウーの武侠モノってことで大いに興味に惹かれたので、ユナイテッド
シネマ札幌にて観賞。

       レイン・オブ・アサシン001.jpg
バービー・スー、綺麗やわぁ。

主演のミシェル・ヨーには悪いが、バービー・スーの綺麗な顔立ちと裸身に
見惚れてしまった。
あの妖艶さはイイな。劇中のように誘惑されたら即堕ちる自信あるわ。

バービー・スー以外にもケリー・リンやペース・ウーと女性陣は美形揃い。
これだけでこの映画を観に行った甲斐はあった。

          レイン・オブ・アサシン002.jpg

細雨が黒石から逃れるために顔を隠すのはいいんだが、細雨時代の顔に
比べて曽静時代の顔が明らかに老けとる。
30代中盤のケリー・リンが40代後半のミショル・ヨーに変わるんだから仕方
ないけど、もう少しなんとかならんかったものか。

アクションは、今までの中国武侠ものにあったピョンピョン飛んだり、
クルクル回りながら剣を突き出したりするものだったけど、大いに見応え
あって大いに楽しめた。
黒石の主な刺客達一人一人のキャラが立っていて、それぞれ得意とする
技やそれぞれが抱える事情もあって、面白かった。
それにしても黒石の首領・転輪王の達磨大師のミイラを手に入れる理由が
しょぼくて笑えた。


お薦め度:★★★★★(5/5)


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 01:04| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(14) | 映画(中国/香港) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>細雨時代の顔に比べて曽静時代の顔が明らかに老けとる。
ミシェル・ヨーも良い年ですもんね。
「ポリス・ストーリー3」の頃は可愛かったけど、もう20年近く前。
「バビロンAD」でも老けたなって思いました。
Posted by KGR at 2011年08月31日 10:45
>KGRさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
ミシェル・ヨー、あの年代であの容姿は
充分綺麗なんですが、ケリー・リンから
変わるにはちょっと無理があったかなと
思いました。
でもまだまだアクションは充分見応え
ありました。
Posted by はくじ at 2011年09月01日 00:37
TBありがとうございました。

これはなかなか見応えある
武侠アクションでした。

女優陣も綺麗でしたね。

http://cinechan.at.webry.info/201111/article_14.html
Posted by CINECHAN at 2011年11月29日 23:36
>CINECHANさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

いやぁ、女優陣綺麗でしたね。
特にバービー・スーはピカイチでした。
アクションも見応えあって面白かったですね。
Posted by はくじ at 2011年11月30日 22:53
ミシェル・ヨー姐さんと、ほぼタメなんですよね、あたし。
だからってわけじゃないですが、あれだけの動きに、なかなかのアクション、ウソン様といい感じって物語に、なかなか満足でした。
転輪王、しょぼいっちゃしょぼいですが、わからないでもないですわ。
Posted by sakurai at 2011年12月12日 14:52
>sakuraiさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ヨー姐さんは、昔ほどではないものの、まだまだ
アクションは健在でしたね。姿形が様になってました。
転輪王の気持ちわかるんですけどね、アレを元に
戻したいという切なる気持ちは。
それにしても日本は中国文化をいろいろ輸入してきましたが、
宦官制度だけは取り入れませんでしたね。
アレを取る行為ってのは当時の日本人には理解できない
行為だったのかな?
Posted by はくじ at 2011年12月13日 01:50
世界史的には、あれは遊牧騎馬民族と農耕民族の違いと言われてまして、遊牧民にとって、いい種を残すことは死活問題。
よって、動物の去勢はごく普通にやることで、それを人間に施してもそう違和感はない。
一方、農耕民族の日本人にとっては、身近にあった風習ではないからだとか。
などといわれておりやす。
Posted by sakurai at 2011年12月13日 07:13
>sakuraiさん
コメントありがとうございます。

なるほど、騎馬民族と農耕民族の違いですか。
家畜等への去勢する風習があったかないかというのは興味深くて面白いですね。
Posted by はくじ at 2011年12月14日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レイン・オブ・アサシン
Excerpt: 中国・明朝時代。 武術の奥義を極めた達磨大師のミイラ化した遺体を手中に収めた者が、絶対的なパワーを手に入れるという伝説があった。 暗殺組織“黒石”の女刺客・細雨(シーユー)は、時の宰相を暗殺した際、遺..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-08-30 07:18

試写会「レイン・オブ・アサシン」
Excerpt: 2011/8/18、シネマート六本木。 シネマート六本木は、4スクリーンの映画館。 映画館での試写会は2回連続。 会場は別記事(シネマート六本木)で。 入場した時、各列の中央はすでにふさがっていて..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2011-08-31 10:22

レイン・オブ・アサシン
Excerpt: 『レッド・クリフ』のジョン・ウー監督最新作。明朝の中国を舞台にして武術の究極の奥義を得るために「達磨大師のミイラ」を奪い合う武侠アクションだ。主演に『グリーン・デスティニー』にミシェル・ヨー、共演に『..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-08-31 10:47

レイン・オブ・アサシン /劍雨 / REIGN OF ASSASSINS
Excerpt: ランキングクリックしてね←please click ジョン・ウーが、脚本を務めたスー・チャオピンと共同監督を務めた新作 たまに香港映画観たくなるんだけど、ちょっと..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-09-01 11:05

映画「レイン・オブ・アサシン」久々にみた流麗なアクションに胸躍る
Excerpt: 「レイン・オブ・アサシン」★★★☆ ミシェル・ヨー、チョン・ウソン、 ワン・シュエチー、バービー・スー、ショーン・ユー、 ケリー・リン、レオン・ダイ、グオ・シャオドン出演 スー・チャオピン、ジョン・..
Weblog: soramove
Tracked: 2011-09-04 18:04

「レイン・オブ・アサシン」
Excerpt: 「レイン・オブ・アサシン」新宿武蔵野館で観賞 2011−061 思い切って(?)ショーンのスチールを貼り付けたかったのですが、思うようなものが見つからず、香港バージョンのウソン氏ポスター貼..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2011-09-07 19:14

「レイン・オブ・アサシン」
Excerpt:  奥様の名前はシーユー。 旦那様の名前はアシャン。 ごく普通の二人はごく普通の恋
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2011-09-13 00:17

◆『レイン・オブ・アサシン』◆ ※ネタバレ有
Excerpt: 2010年:台湾+香港+中国合作映画、ジョン・ウー製作&監督、スー・チャオピン監督&脚本、ミシェル・ヨー、チョン・ウソン、ワン・シュエチー、バービー・スー、ショーン・ユー、ケリー・リン、レオン・ダイ、..
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2011-09-13 01:50

レイン・オブ・アサシン
Excerpt: はい、眼福というのは、これっす!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2011-12-12 14:52

レイン・オブ・アサシン
Excerpt: REIGN OF ASSASSINS 劍雨江湖/10年/中国・香港・台湾/120分/歴史劇アクション/劇場公開 監督:スー・チャオピン、ジョン・ウー 製作:ジョン・ウー 衣装:ワダ・エミ 出演:ミシ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-12-26 21:38

レイン・オブ・アサシン 剣雨
Excerpt: 達磨の遺体を手にした者は武術界の覇権を握ると言い伝えられていて、暗殺組織「黒石」が遺体を手に入れようと暗躍するも、主人公の女暗殺者が組織を裏切り、達磨の遺体とともに失踪。やがて顔を変え名前を変..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2012-01-31 09:23

レイン・オブ・アサシン
Excerpt: 2012年2月26日(日) レンタルDVD レイン・オブ・アサシン [DVD]出版社/メーカー: TCエンタテインメントメディア: DVD 『レイン・オブ・アサシン』公式サイト ジョン・ウー..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2012-03-02 15:57

レイン・オブ・アサシン
Excerpt: レイン・オブ・アサシン / 剣雨 (英題: REIGN OF ASSASSINS ) 2010年 中国/香港/台湾 合作映画  監督:スー・チャオピン  ジョン・ウー アクシ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2012-07-01 10:58

レイン・オブ・アサシン(剣雨) : どストライクです
Excerpt:  今日は、本当に寒いですね。広島市内でも結構雪降ってました。では、本日はこちらの作品になります。 【題名】 レイン・オブ・アサシン(剣雨) 【製作年】 2010年 【製
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-10-29 19:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。