2011年04月11日

リトル・ランボーズ

リトルランボーズ.jpg

「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス監督が、自らの
少年時代の体験をモチーフに、対照的な2人の少年の出会いと成長を描く
感動ドラマ。シルヴェスター・スタローン主演の「ランボー」が大ヒット
していた1982年のイギリスを舞台に、厳格な家庭で子供らしさと無縁の
息苦しい生活を送る少年が、札付きの悪ガキ少年と出会い、一緒に
「ランボー」を真似た手作り映画の撮影に奮闘する中で友情を育み、
心が解放されていく姿をノスタルジックかつハートフルに綴る。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1982年のイギリス。郊外の町に暮らす少年ウィルは、父親のいない家庭に
育った小学5年生。家族が戒律の厳しい教会に属しているため、テレビや
映画はおろか、ほとんどすべての娯楽を禁じられる窮屈な日々。
それでも持ち前の豊かな想像力で健気に生きていくウィル。
そんなある日、ひょんなことから学校きっての悪ガキ、リー・カーターと
知り合う。そして、彼の自宅で生まれて初めての映画「ランボー」を観て、
強い衝撃を受ける。すっかりランボーに夢中のウィルは、リーが兄の
ビデオカメラで作ろうとしていた自主映画に参加、自ら“ランボーの息子”
になりきって主演するのだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

    * * * * * * * *

大阪のシネマート心斎橋で上映中、興味あったもののついついスルーして
しまったが、静岡で上映していたので、これを機に観てみようと思い観て
きました。

素晴らしい映画でした。

なんとも心が洗われるような気持ちになる一本。
映画館で観られて良かった。あやうく見逃すとこだった。

ウィルもカーターもともに父親がおらず、でもウィルは家族が信仰している
宗教の教義で一切の娯楽が禁じられて、がんじがらめで自由がなく、親に
隠れて聖書などに空想した物語を落書きするのが唯一の娯楽で、他者との
関わりが少なく外の世界を知らない少年。
一方のカーターは母親が育児を放棄して海外にいる男の元へ行って帰って
こず、兄と二人で暮らしている。叱るものがいないから映画の盗撮や喫煙、
万引きなどやりたい放題。教師から悪魔と呼ばれる問題児であるが、
全ては寂しさからくるもので、家族の愛情に飢えた少年。

そんな二人がひょんなことから知り合い、そしてそこでウィルが生まれて
初めて見た映画がたまたま『ランボー』だったために、それに感化された
ウィルが映画を撮りたいカーターとともに映画づくりにのめり込んでいく
過程は笑いどころも随所にあり、大いに楽しめました。

他の事も何も知らないウィルが、『ランボー』を見て感化されて、自分が
ランボーの息子っていう設定の妄想を膨らませる純真なウィルが可愛い。
またカーターの万引きを目撃して、自分も同じように片っぱしから万引き
してきたりとか、やることなすこと初めてで新鮮で夢中になっている
ウィルの姿は観ていて微笑ましい。

カーターも先生や周りの大人から悪ガキの烙印を押されて、邪険にされて
いるが、本当は愛情に飢えていて、初めて出来たウィルとの映画製作に
のめり込むが、ウィルがフランスからの留学生ディディエらを映画製作の
仲間に引き入れたあたりの寂しげな表情なんかがとても良かった。

それとラストがこれまた良かった。
知恵と工夫と情熱がこもっており、されにカーターの兄によるカーターへの
想いを話す場面がストーリーにうまく絡んでいて、いい短編映画に
仕上がってて最高でした。

これはDVDで出たらもう一回見てみたいですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 00:10| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(27) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は楽天ブログが4月11日からTB受信機能を廃止することになりました。
しかも猶予たったの3日間! 
これを昨日知ったので、楽天映画ブロガーさんは大慌てです。
今年の映画ブログ界では最大の暴挙になるでしょうなあ・・・。 

私はさっさとgooに映画記事は引っ越すことにしました。
新しいgooのURL入れときますね。 よろしくー。
Posted by rose_chocolat at 2011年04月11日 05:17
楽天ブログ、大変そうですね。
他人事じゃないんですが、ブログの根本をひっくり返すようなことだと思いますわ。
gooも同じ系列かなと思って、戦々恐々としてます。

で、この映画。
良かったですねえ。リバー・フェニックスとフレディ・ハイモア君が共演するとこんな感じかなあって見てました。
でも、どっちも雰囲気がとっても良かった。
映画好きにもたまらない中身でしたね。
Posted by sakurai at 2011年04月11日 12:52
>rose_chocolatさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

楽天ブログ突然ですね。
びっくりしました。
しかも3日間の猶予期間は短いですね。
ちょっと憤りを覚えますね。

移転作業大変でしょうが、
今後も宜しくお願いします。

Posted by はくじ at 2011年04月11日 23:31
>sakuraiさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

雰囲気のとても良い映画でしたね。
それぞれに純真な子どもたちの姿に
心洗われました。
ラストの映画館のシーンも思わず
グッときてしまいました。
映画が好きな人には是非観てほしい
作品ですね。
Posted by はくじ at 2011年04月11日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195225039

この記事へのトラックバック

リトル・ランボーズ
Excerpt: 原題 SON OF RAMBOW 製作年度 2007年 製作国・地域 イギリス/フランス 上映時間 94分 映倫 PG12 監督/脚本 ガース・ジェニングス 出演 ビル・ミルナー/ウィル..
Weblog: to Heart
Tracked: 2011-04-11 00:45

『リトル・ランボーズ』は自己肯定映画だよ。
Excerpt:  今回は『リトル・ランボーズ』の感想です。  観に行った映画館はシネクイント。ちょこちょこいらっしゃいましたが、そこまで混んでいる感じはなく。若い女性客が多め。可愛らしい感じですし、渋谷パル..
Weblog: かろうじてインターネット
Tracked: 2011-04-11 01:06

リトル・ランボーズ
Excerpt: 1982年、イギリス。 11歳の小学生ウィルはプリマス同胞教会の厳格な教えを守るため、様々な娯楽を禁じられて暮らしていた。 ある日、校内の問題児カーターの家で初めて映画「ランボー」のビデオを観たウィル..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-04-11 01:50

「リトル・ランボーズ」
Excerpt: シルベスタ・スタローン主演『ランボー』を観て感激した少年たちが、自分たちで『ランボーの息子』という自主映画(メディアはビデオなのだが)を創る話で、可愛くも可笑しくて好感度の高い作品になっている。しかし..
Weblog: 古今東西座
Tracked: 2011-04-11 02:45

『リトル・ランボーズ』(2007)/イギリス・フラ...
Excerpt: 原題:SONOFRAMBOW監督・脚本:ガース・ジェニングス出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、エド・ウェストウィック、ジュール・シトリュック、ジェシカ・スティーブンソン、ニー...
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2011-04-11 05:17

リトル・ランボーズ
Excerpt: 10月20日(水)@九段会館。 開映は若干遅い19時。 この30分の時間差は大きい。 一般サラリーマンが18時半の試写会に参加するのは通常の場合厳しい。 最近はわたくしですら、もうちょっと遅く..
Weblog: あーうぃ だにぇっと
Tracked: 2011-04-11 05:32

『リトル・ランボーズ』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「リトル・ランボーズ」□監督・脚本 ガース・ジェニングス□キャスト ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、エド・ウェストウィック、ジュール・シトリュ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-04-11 07:57

リトルランボーズ /SON OF RAMBOW
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 今年のベスト10入り確定 コアファンも多いB級作「銀河ヒッチハイクガイド」(←わたしは全くノレなかった..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-04-11 09:21

大佐と「ランボーの息子」 〜『リトル・ランボーズ』
Excerpt:  SON OF RAMBOW  父を亡くした少年ウィル(ビル・ミルナー)は、厳格な戒律の教会に属する家庭 に育ち、テレビをはじめ映画、ポピュラー音楽など「俗世の娯楽」全てを禁じられ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-04-11 10:03

リトル・ランボーズ☆独り言
Excerpt: 家族が信じる宗教の戒律で娯楽は罪と教えられていた少年・・・でもノートにパラパラ漫画を描いたりして実はそっち方面に興味深々だった。老人ホームを経営し子どものことはあまり顧みない親を持った悪ガキのレッテル..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2011-04-11 10:10

リトル・ランボーズ
Excerpt: 1982年、イギリス郊外。 11歳のウィル・プラウドフット(ビル・ミルナー)は、戒律の厳しい教会に属しているため、テレビや映画などすべての娯楽を禁じられる窮屈な日々を送っていた。 ある日、..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2011-04-11 11:08

リトル・ランボーズ
Excerpt: リバー・フェニックスと、フレディ・ハイモア君を共演させると、こんな感じかなあ・・。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2011-04-11 12:54

リトル・ランボーズ(2007)◎●SON OF RAMBOW
Excerpt:  ランボーに愛を込めて・・・!でもアメリカ映画じゃなかったのね。ボクたちの、想像力と友情が世界をちょっとだけ変えるんだ。 京都シネマにて鑑賞。日曜日の夕方、映画館へ・・・・。休日ということで、お客さ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2011-04-11 18:34

リトル・ランボーズ(試写会) SONOFRAMBOW
Excerpt: プリマス同胞教会の厳格な家庭に育ったウィルは、テレビや音楽、映画などの娯楽とは縁のない生活を送っていた。学校の授業でビデオを見るときも、その時間だけ教室から出ている。そ...
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2011-04-11 21:49

リトル・ランボーズ
Excerpt: 少年の友情と映画への情熱を描いたドラマです。 予告編を観て、「ランボー」のまねをしている少年の姿が可笑しいなあと気になっていました。 1980年代のちょっと懐かしい雰囲気と純粋な少年たちの友情が可愛い..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-04-12 00:09

映画:リトル・ランボーズ
Excerpt:  12/10までで終わっちゃうと言うのでリトル・ランボーズを観てきましたが、16日まで延期ですって。仕事を早く切り上げて急ぐ必要もなかったかな。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2011-04-12 00:20

『リトル・ランボーズ』 あの頃ぼくも・・・
Excerpt: 病気の少年を主人公にした『100歳の少年と〜』に続いて、今週は元気一杯の男の子たちの物語『リトル・ランボーズ』を観に行って来ました。イギリスの片田舎を舞台にした物語は、懐かしくもあり、ハラハラドキドキ..
Weblog: コナのシネマ・ホリデー
Tracked: 2011-04-12 15:36

「リトル・ランボーズ」  SON OF RAMBOW
Excerpt: ・ 久しぶりに映画のことを書いてみようと思います。 オスカー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞といった主要部門を独占したこともあって日本でも大いに話題となっている「英国王のスピーチ」。 この作品のこと..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2011-04-14 20:23

「リトルランボーズ」
Excerpt: 悪ガキはただ悪いわけではない。 兄が大きな移動電話を抱え、街にはニューブリティッシュインベイジョンの前夜といった曲が流れる。 そんな時代(1980年ころ)にまだ生息していた人種が「悪ガキ」だ。 ..
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2011-04-23 10:55

リトル・ランボーズ  Son of Rambow
Excerpt: なんともまぁ、かわいくて、おかしくて、泣ける、今年3本目の超お薦め映画です。 日本での公開に3年もかかってしまったのは、 日本で馴染みのある俳優さんが出ていないことや子供が主役ってことでしょうか? 2..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2011-05-04 18:45

リトル・ランボーズ
Excerpt: リトル・ランボーズ’07:イギリス+フランス◆原題:SON OF RAMBOW◆監督:ガース・ジェニングス「銀河ヒッチハイク・ガイド」◆出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・ス ....
Weblog: C'est joli〜ここちいい毎日を〜
Tracked: 2011-05-19 10:29

リトル・ランボーズ
Excerpt: SON OF RAMBOW/07年/英・仏/94分/青春ドラマ/PG12/劇場公開 監督:ガース・ジェニングス 脚本:ガース・ジェニングス 出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・スティ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-06-02 22:26

リトル・ランボーズ (Son of Rambow)
Excerpt: 監督 ガース・ジェニングス 主演 ビル・ミルナー 2007年 フランス/イギリス/ドイツ映画 94分 ドラマ 採点★★★★ 子供の頃、『キングコング』でその面白さを知り『ランボー』にハマっちゃったこ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2011-06-04 16:13

リトル・ランボーズ
Excerpt: 映画「ランボー」に魅せられた少年2人が、ランボーもどきの自主製作映画を作るという友情学園物語。 家庭の環境が全く正反対のウィルとカーターの2人が、映画ランボーを通じて仲良くなっていくわけです。概..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2011-06-19 10:58

「リトル・ランボーズ」感想
Excerpt: 最後の方の展開が良かったです。4つ★
Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫
Tracked: 2011-06-30 09:12

リトル・ランボーズ
Excerpt: 【SON OF RAMBOW】 2010/11/06公開 イギリス/フランス PG12 94分監督:ガース・ジェニングス出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・スティーヴンソン、ニール..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2011-07-05 12:53

【映画】シルヴェスター・スタローン、5作目で最後の『ランボー』へ挑戦 「ランボーのマグマが地表に込み上げてくるんだよ」と語る
Excerpt: 1 :◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★:2012/05/04(金) 18:19:13.44 ID:???0  シルヴェスター・スタローンが、『ランボー』シリーズ5作目であり、最終作..
Weblog: 【豆β】芸スポ速報+
Tracked: 2012-05-07 14:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。