2011年03月19日

義兄弟 SECRET REUNION

義兄弟.jpg

韓国と北朝鮮というそれぞれの祖国の宿命を背負い敵対する2人の男が、
互いに身分を隠して行動を共にする中で次第に友情が芽生え始め、
思いがけず葛藤に直面していくさまを描いたサスペンス・ドラマ。
主演は「殺人の追憶」のソン・ガンホと「私たちの幸せな時間」の
カン・ドンウォン。
監督は「映画は映画だ」のチャン・フン。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

国家情報員のイ・ハンギュは、北朝鮮が送り込んだ工作員の大物“影”の
行方を追っていた。しかしある時、その“影”の捕縛に失敗した上、多くの
死傷者を出す事態を招いてしまう。ハンギュはその責任を問われクビとなる。
それから6年、逃げた外国人花嫁の捜索といった冴えない探偵仕事をして
いたハンギュ。
ある日、彼は6年前の事件現場で目撃した工作員ソン・ジウォンに偶然
出くわす。彼を見張っていれば“影”に繋がると考えたハンギュは、自分の
仕事の相棒にとジウォンを誘う。その誘いを受け、一緒に働き始めた
ジウォンだったが、彼もまた、ハンギュが6年前の国家情報員であることに
気付いていた。そんな中、互いに相手を騙し続けてはいるものの、少しずつ
友情も芽生えてしまう2人だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

    * * * * * * * *

今日は『ツーリスト』を観に映画館へ行ったのだが、計画停電の影響で
ちゃんと上映スケジュールを把握しておらず、間近の上映会まで2時間以上
の時間があったので、それまでの時間潰しをしようと他の映画館で上映中の
本作をチョイス。

これ、すげー面白かった。

始まって早々、市民を巻き込んだ銃撃戦からカーアクションと一気に話に
引き込まれ、途中のコミカルなシーンでクスっとさせられたかと思ったら、
終盤に急にシリアスな展開になって最後まで飽きることなく楽しめた。

それぞれが相手の正体を知りつつ、一緒の仕事をしながら相手を監視しつつも
徐々に友情に近い感情を持ち始め、最後にそれぞれが相手を守ろうと行動する
あたりはなかなかにイイ。こういう友情者は嫌いじゃないので、最後まで
楽しめた。

それにしてもカン・ドンウォン、初見ですがかなりのイケメンだな。
個人的には韓国一のイケメンは、イ・ジュンギだと思ってましたが、
これは甲乙つけがたい。

大阪での上映中は全く興味なくて一顧だにしなかったんですが、これは
観て良かったなぁ。韓国映画にはつい観ず嫌いでスルーしがちなんですが、
観てみると面白い作品が多いことに気付くこの頃。
今後は、韓国映画も積極的に観に行かないと。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 23:58| 大阪 | Comment(6) | TrackBack(1) | 映画(韓国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はくじさん、こんばんは。
東日本方面にいらしているのですね。
昨日も茨城県で震度の大きい地震がありましたし、
映画館が休館になっていたり、
上映回数が変則的になったり大変な状況なのでしょうね。

カン・ドンウォンは切れ長の涼やかな目が印象的で
5・6年前の駆け出しの頃から注目している俳優さんなのですが
映画ブロガーさんの注目度は低いので、
はくじさんにイケメンだと言ってもらえて嬉しいです。
イ・ジュンギもドンウォンとはタイプが違うけど美形ですよね。
二人共、作品ジャンルの幅を広げ大人の役へと進化してきた良い時期だったのですが
兵役に入ってしまったのが勿体ない気もします・・・。


P.S.
この作品のトラックバックをこちらからも打ったのですが、
反映されなかったようなのでURL貼っておきますね。m(_ _)m

http://blog.goo.ne.jp/blue_city/e/fddc6aaf249be67b79e8131cbf663430
Posted by BC at 2011年03月20日 17:52
それは拾いもんでしたね。
韓国映画は、なかなかあたりが多いですから、ぜひ!
カンちゃんはデビューの時から目をつけてますが、最初の「オオカミの誘惑」で、おばさんやられました!う
「私たちの幸せな時間」ってのも、なかなかいけます。
でも、やっぱガンホさんのうまさが光ってましたね。二人のいい相乗作用だったと思います。
Posted by sakurai at 2011年03月20日 21:22
>BCさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

まだこちらは休館までには行かずに計画停電に併せて営業時間を変えて営業してますが、東京では休館しているところもあり、こちらよりも大変みたいですね。

カン・ドンウォンは初見と書きましたが、実はハ・ジウォン目当てで観に行った『デュエリスト』で観てました。すっかり忘れてました。
あの時はハ・ジウォンにしか目がいかなかったので印象に残りませんでした。
今回はじっくり彼のイイ男っぷりを堪能しましたよ。
Posted by はくじ at 2011年03月21日 00:23
>sakuraiさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

カン・ドンウォン、実は『デュエリスト』で観ていたのを後で思いだしましたが、あの時は、ハ・ジウォンに釘付けだったので、あまり彼のことは印象に残りませんでした。

でも今回は、ソン・ガンホとの共演と対照的なキャラクター設定のおかげか彼の演技も見応えある良い作品だったと思います。

「私たちの幸せな時間」ですか。
機会があったらレンタルして観てみたいですね。
Posted by はくじ at 2011年03月21日 00:28
こんにちは♪
なぜかTBが送れないようなのでコメントで失礼します。

みなさんカン・ドンウォンがお目当てなのですね〜私はソン・ガンホ目当てで観ましたが^^;
Posted by yukarin at 2011年06月24日 10:25
>yukarinさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

カン・ドンウォン、かなりのイケメンですもんね。彼目当てで観に行く人は多そうですね。
ソン・ガンホはコミカルからシリアスまで演技の幅が広くて素晴らしいですね。彼の出てる映画は外れがなくて面白い作品が多いと思います。
Posted by はくじ at 2011年06月24日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191489856

この記事へのトラックバック

義兄弟
Excerpt: 韓国映画は久しぶりです。 タイトルからヤクザもの?・・・とパスしそうになったのですが、カン・ドンウォン主演じゃぁないですか マイミクさんのお勧めもあり、3本ハシゴ計画のひとつに選びました。 そういえ..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2011-03-23 23:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。