2010年11月27日

機動戦士Zガンダム V -星の鼓動は愛-

ZガンダムV.jpg

TVシリーズに新作画パートを加え、新解釈の三部作として劇場版へと
昇華した人気SFロボットアニメの完結編。
連邦軍同士の内戦に2つの勢力が割って入り、それぞれの思惑を胸に
熾烈な総力戦を繰り広げていくさまを、デジタル技術を駆使したスピード感
溢れるタッチで描く。
                                             (allcinemaONLINEさんより抜粋)
    * * * * * * * *

地球圏での戦乱が混迷を極めている宇宙世紀0087年。カミーユ、シャアらの
反地球連邦組織エゥーゴは、連邦軍のエリート組織ティターンズと激しい
攻防戦を展開していた。さらに、自軍のティターンズを掌握せんと目論む
木星輸送船ジュピトリスの指揮官パプテマス・シロッコ、そしてザビ家の
復興を掲げる旧ジオン軍残党アクシズの指導者ハマーン・カーンまでもが
この激戦に絡み合う。こうして彼らは、地球圏を制するための重要拠点、
巨大レーザー砲に改造されたスペースコロニーのグリプス2を巡り、
未曾有の最終局面へと向かっていく…。
                                             (allcinemaONLINEさんより抜粋)

    * * * * * * * *
3本続けて観賞すると、さすがにしんどい。

で、サラの声が池脇千鶴じゃなくなってる。何故?
一度起用したら三部作通して起用してほしいな。途中で声変わるのは
あんまり好きじゃない。

そしてハマーンの顔が新作と旧作でクオリティが違いすぎて、新作から旧作
カットに切り替わる度になんだかなぁ〜って気持ちになった。

結局この3部作、ガンダムファンには物足りないし、初見さんにはまとめ
すぎてて理解しずらく、中途半端な作品になってしまった感じです。

この3部作は劇場スルーして正解だった。これで¥1,800×3は高すぎる。
せめて全カット描き直しで絵柄を統一してればまだその価値はあったかも。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 23:33| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事とは関係ないコメントで失礼します(汗)

初めまして。『海洋天堂』BBSに賛同メッセージをありがとうございました。
ブログの管理人のしゅうと申します。

活動バナーを貼ってくださったことにも感謝です☆

ところで賛同メッセージを寄せてくださったブログ様のリンク集を
作成しているんですが、こちらも掲載させていただいてよろしいでしょうか。
よろしくお願いいたします。
Posted by しゅう at 2010年11月28日 21:49
>しゅうさん

コメントどうもです。
リンク集のことですが、全然OKです。
『海洋天堂』の上映が叶いますよう
応援しています。
Posted by はくじ at 2010年11月28日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

機動戦士ZガンダムIII/星の鼓動は愛…弟よりレンタル
Excerpt: 今日は先ほどまでお仕事でした。 土曜日出勤なんだか多いなぁ最近 ただいま「電車男」のスペシャルを観終わりました(途中からの鑑賞でしたが)。 感想を書くつもりはないですけどね 今日は「Blood....
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2010-11-28 16:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。