2010年11月20日

『サラエボ、希望の街角』:第17回大阪ヨーロッパ映画祭

サラエボ希望の街角.jpg  

2010年/ボスニア・ヘルツェゴビナ・オーストリア・ドイツ・クロアチア
35mm-カラー100分
ボスニア語(日本語字幕)

監督:ヤスミラ・ジュバニッチ
出演:ズリンカ・ツヴィッテシッチ
   レオン・ルチェフ

    * * * * * * * *
 
複雑な東欧社会に揺るがされるひとつの愛の行方

カップルのルナとアマルは二人の関係を揺るがす出来事に見舞われる。
始まりはアマルが仕事中に酒を飲み、停職処分になったことだった。
また子どもが欲しいと願って2年が過ぎ、人工授精に進むべきか、決断を
迫られていた。ある日、アマルが厳格なイスラム教集団での仕事を引き
受けたとき、ルナの不安は大きくなっていく。アマルは遠く離れた湖畔へ
と旅立ち、連絡は途絶えた。ようやく彼を訪ねることを許されたルナは、
そこで男女が隔離され、厳しい規律のもとで信仰に従事する生活を目の
当たりにする。やがてアマルが帰宅したとき、ルナは彼があまりにも
変わってしまったことに気づく。彼はただより善い人になりたいのだと
言うが、ルナはついて行けず、溝が深まるのを感じるだけだった。
彼女はこれまで信じてきたこと、子どもを望んだことにさえ疑問を抱く
ようになる。戦争の悲惨な過去がたびたびよみがえり、ルナは二人を
結びつけ、幸せな生涯をともにできるほどの愛があるのかどうか自問
するのだった。
               (第17回大阪ヨーロッパ映画祭公式パンフより抜粋)
 

    * * * * * * * *

『サラエボの花』のヤスミラ・ジュバニッチの作品ということと、
これまた公式HPの画像の印象から興味惹かれて観ることに。

見応えのある一本でした。

サラエボの街並みは昔、ニュース映像で観たことのある荒廃ぶりからはか
なり復興してますが、そこに暮らす人々には未だ戦争で受けた大きな傷痕が
残っている現状に戦争の悲惨さが伝わってきます。
特にアマルの心に刻み込まれた戦争による傷がアルコールへの依存になり、
やがて信仰に心の拠り所を見つけようとする様は理解できる。
でも自分で信仰する分はどうでもええけど、それを他人に強要するのは
いただけないな。
一方のルナのように心に傷痕を持っていながらも、強く前を向いていこうと
する人間にとってアマルのような態度は後ろ向きに写って、ついて行けない
と思う気持ちになるのも理解できる。

改めて宗教や戦争や平和について考えされられる作品でしたし、
最後にCAとして飛行機に搭乗する前のルナが振り返って見せる笑顔が
未来を感じられるラストで良かった。


サラエボ希望の街角.jpg

なお本作は、2011年2月19日から東京の岩波ホールほかでの公開が決まって
ます。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。


posted by はくじ at 23:50| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(9) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ものすごく気持ちの良くわかる映画でした。
繊細な描き方が、うまかったです。
ちゃらんぽらんでHで仕事も半端だけど自由な精神と、厳格で真面目で融通の利かない信仰にいきるのと、どっちを選らぶ?と言われると、・・・難しいけど、前者かなあ。
人に強要しちゃいけないですけど、妻ですからね。
その辺の微妙な気持ちの表し方も秀逸でした。
Posted by sakurai at 2011年09月06日 11:00
>sakuraiさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

とても良い映画でしたね。
二人の気持ちのすれ違いの微妙な様が
丁寧に描かれていたと思います。
Posted by はくじ at 2011年09月08日 01:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『サラエボ、希望の街角』... ※ネタバレ有
Excerpt: 2010年:ボスニア・ヘルツェゴビナ+オーストリア+ドイツ・クロアチア合作映画、ヤスミラ・ジュバニッチ監督&脚本、ズリンカ・ツヴィテシッチ、レオン・ルチェヴ、ミリヤナ・カラノヴィッチ出演。 ≪【第17..
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2010-11-23 13:45

サラエボ,希望の街角
Excerpt: 『サラエボの花』のヤスミラ・ジュバニッチ監督の第2作。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを舞台に、あるカップルがとある出来事を境にすれ違ってゆく姿を描く。主人公のヒロインを演じるのは新人ズリンカ・..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-03-07 00:40

「サラエボ、希望の街角」
Excerpt: 「Na putu」…aka「On the Path」「Le choix de Luna」 「Zwischen uns das Paradies」2010 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ/オーストリア/ドイ..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2011-03-07 20:26

サラエボ、希望の街角
Excerpt: ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボ。 航空機の女性客室乗務員ルナは、空港の管制室に勤める男性アマルと同棲中だが、ある日アマルが飲酒のために停職処分を受けてしまう。 アマルはパソコン教室の仕事を見..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-03-07 22:50

『サラエボ,希望の街角』(2010)/ボスニア・ヘ...
Excerpt: 原題:NAPUTU/ONTHEPATH監督:ヤスミラ・ジュバニッチ出演:ズリンカ・ツヴィテシッチ 、レオン・ルチェフ 、ミリャナ・カラノヴィチ 、エルミン・ブラーボ 、マリヤ・ケーン鑑賞劇...
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2011-03-31 11:37

『サラエボ,希望の街角』 (2010) / ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ドイツ
Excerpt: 原題: NA PUTU/ON THE PATH 監督: ヤスミラ・ジュバニッチ 出演: ズリンカ・ツヴィテシッチ 、レオン・ルチェフ 、ミリャナ・カラノヴィチ 、 エルミン・ブラーボ ..
Weblog: Nice One!!
Tracked: 2011-04-16 04:38

サラエボ 希望の街角(2010)▼△NA PUTU
Excerpt: 京都シネマにて鑑賞。「サラエボの花」のヤスミラ・ジュバニッチ監督作品、これってサラエボシリーズなのかしら? 前作「サラエボの花」、鑑賞しましたが、結局記事に出来ず、、、。 サラエボって街の名..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2011-05-28 22:33

サラエボ、希望の街角
Excerpt: 痛いほどに気持ちが伝わってくる、ものすごくデリケートな作品
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2011-09-06 11:01

サラエボ,希望の街角
Excerpt: 『サラエボ,希望の街角』---NA PUTU ON THE PATH---2010年(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ/オーストリア/ドイツ/クロアチア)監督:ヤスミラ・ジュバニッチ ..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2012-10-09 22:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。