2010年11月19日

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

裁判長4年.jpg

当事者にとっては切実な裁判を、濃密な人間ドラマのエンタテインメントと
割り切り、不謹慎を承知で野次馬的立場に徹して綴った北尾トロの裁判傍聴
記を、人気お笑いコンビ“バナナマン”の設楽統主演で映画化したコメディ
ドラマ。共演は片瀬那奈。
監督は「怪談新耳袋 ノブヒロさん」「ソフトボーイ」の豊島圭介。
                       (allcinema ONLINEさんより抜粋)
    * * * * * * * *
 
売れない放送作家の南波タモツは、映画プロデューサーの須藤光子から裁判
モノの脚本を依頼され、実際に裁判を傍聴してくるよう命じられる。
厳粛な雰囲気に気後れしながらも、初めての裁判所へと足を踏み入れた
タモツ。ところがそこでは、彼が予想もしなかった安っぽくも赤裸々な
人間の本性まる出しの悲喜劇が繰り広げられていた。やがて、そんな裁判を
趣味として楽しむ傍聴マニアの存在を知ったタモツは、彼らと行動を共に
するようになる。すっかり裁判の魅力にハマってしまったタモツだったが、
ある時、その不謹慎な態度を裁判所の名物美人検事・長谷部真理から激しく
非難されてしまう…。
                       (allcinema ONLINEさんより抜粋)
     * * * * * * * *

シネリーブル梅田は金曜日が会員は\1000ということもあり、『マルドゥック
・スクランブル 圧縮』を観に行ったついでに続けて観賞。

あんまり期待しないで観たんですが、これがなかなかに面白くて楽しめ
ました。
お堅い展開になりがちな法廷物を、気軽に観られるコメディにしたのは
個人的には大いにアリだなと思います。
タモツの入れ知恵でネクタイの柄とか、決めポーズにこだわるようになった
弁護士とか、アダルトビデオを万引きした被告人が、3本のうちの1本は
どうしても欲しいもんじゃないとか検事の調書を訂正したりと、観ていて
笑えるところも結構あって楽しく観られました。

でも観ていて、裁判って人が人が裁いて、当事者の人生を変えてしまう
もんなんだなぁと改めて思ってしまいました。
ニュースなんかで、こんな奴は死刑でいいんだよなんて言ってる私ですが、
いざ裁判員に任命されることもあると思うと、ちょっと考えさせられます。

主演の設楽統が役柄にあっているのか、演技に気負いもなく飄々と演じて
いて、とても良かった。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(11) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
設楽君って、普通の人がとっても似合うというか、自然な感じがよかったです。
いろんな裁判があるもんだ!と思い知らされましたが、金髪スカート男の阿曾山大噴火さんが、大阪の裁判は超面白い!と言ってましたよ。
裁判というか、傍聴席ですが、ほんとは私語厳禁の傍聴席でも、突っ込む人がいっぱいいるとか。
さもありなんすかねえ。
Posted by sakurai at 2010年11月21日 14:43
>sakuraiさん
コメントありがとうございます。
彼の演技と思わせない飄々とした感じが良かった
ですね。
私語厳禁の傍聴席で突っ込む関西人の姿は安易に
想像できますね。まぁ黙ってろというのが無理な
ような気がします。
山口県光市の母子殺人事件の被告のように、
ドラえもんがどうのこうのっていうふざけた
供述を聞いたら、突っ込まずにはいられない
ですよ。
Posted by はくじ at 2010年11月22日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』 恐ろしい可能性
Excerpt:  「他人の不幸は蜜の味」  嫌な言葉だが、これはまぎれもない事実である。  脳科学を研究する放射線医学総合研究所が、「他人の不幸は蜜の味」と感じる脳内のメカニズムを明らかにしている。他人に不幸が...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-11-20 02:47

裁判長!ここは懲役4年でどうすか
Excerpt: 北尾トロのエッセーを映画化。他人の人生を覗き見だと割り切って裁判を傍聴するマニアたちをコミカルに描き出したコメディドラマだ。主演にバナナマンの設楽統、共演に『20世紀少年』シリーズの片瀬那奈、『笑う警..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-11-20 09:13

裁判長!ここは懲役4年でどうすか
Excerpt: 映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」で初主演となるバナナマン設楽統のほか、片瀬那奈、そして螢雪次朗、村上航、尾上寛之ら多くのエンターテイナーが参加。傍聴ブームをまき起こした北尾トロの同名ベストセラ..
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2010-11-20 11:17

裁判長!ここは懲役4年でどうすか
Excerpt: なかなか面白い視点だったんじゃないっすか!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2010-11-21 14:41

裁判長! ここは懲役4年でどうすか
Excerpt: ライターの南波は、“愛と感動の裁判映画”の脚本を依頼され、生まれて初めて裁判所に足を踏み入れる。 が、裁判の当事者たちは突っ込みどころ満載で、事件も“愛と感動”とは程遠い内容のものばかり。 足繁く通う..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2010-11-22 18:00

裁判長!ここは懲役4年でどうすか
Excerpt:  渋谷のヒューマントラストシネマで、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』を見てきました。 (1)まず登場した女性映画プロデューサーが、「愛と感動」のテーマでヒットを狙うのであれば法...
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-11-27 05:22

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」
Excerpt:  題名からは他愛のない“お手軽映画”にも思えたが、実際観てみると意外にも楽しめた。何より題材が面白い。洋の東西を問わず、昔から裁判所を舞台にした作品は山のようにあるが、傍聴人がドラマの中心になって活..
Weblog: 元・副会長のCinema Days
Tracked: 2010-12-13 06:34

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」
Excerpt:  世の中、自分と関係ない不幸を客観的に見ること程楽しいものはない。 それも映画や
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2011-01-03 13:41

10-295「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」(日本)
Excerpt: 愛と感動の地、裁判所   売れない放送作家の南波タモツは、映画プロデューサーの須藤光子から裁判モノの脚本を依頼され、実際に裁判を傍聴してくるよう命じられる。  厳粛な雰囲気に気後れしながらも、初め..
Weblog: CINECHANが観た映画について
Tracked: 2011-01-16 01:42

裁判長!ここは懲役4年でどうすか
Excerpt: 裁判所を舞台にしたコメディ作品。 日本も陪審制度になりましたが、まだ私の番は回ってきてない。でもって裁判に全く免疫のない状態なので興味津々でもありました。なんか、異世界ですよね。ドラマなんかじゃ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2011-08-02 10:10

【裁判長! ここは懲役4年でどうすか】人の不幸は蜜の味
Excerpt: 裁判長! ここは懲役4年でどうすか 監督: 豊島圭介    出演: 設楽統、螢雪次朗、村上航、尾上寛之、片瀬那奈、鈴木砂羽 公開: 2010年11月        ..
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2011-11-08 00:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。