2010年08月23日

カラフル

カラフル.jpg

森絵都の名作児童文学を『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ
帝国の逆襲』『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督でアニメ映画化した感動
ファンタジー・ドラマ。死んだはずの主人公が天使から再挑戦のチャンスを
もらい、自殺した少年の体を借りてその家族や周囲の人々との暮らしを
始める中で、少年にとっては灰色に見えた日常が、本当は様々な顔を持って
いたことに気づいていく姿をさわやかに綴る。

死んだはずの“ぼく”は、プラプラという天使らしき少年から“おめでとう
ございます。あなたは抽選に当たりました”と話しかけられる。
大きな過ちを犯して死んだ魂のため輪廻のサイクルから外れてしまうはず
だったが、再挑戦のチャンスが与えられたというのだ。そして、自殺した
ばかりの中学生“小林真”の体を借りて、自分の犯した罪を思い出すため
下界で修行することに。ところが、父は偽善者で、母は不倫中、そして
自分をバカにする兄とは絶縁状態という最悪の家庭環境。
おまけに学校でも、友だちがひとりもいない上に、秘かに想いを寄せる後輩
ひろかが援助交際をしていた事実を知ってしまうなど、まるで救いのない
日々だった。そんな中、真の体に収まった“ぼく”は、真っぽくない
振る舞いで周囲を困惑させてしまうのだが…。
                        (allcinemaONLINEさんから抜粋)

これはTOHOシネマズ系の映画館で何度か予告編を見ていて、ちょっと気に
なっていた作品でしたので、公開が待ち遠しかったです。

派手さはないけど、何か胸にグッとくる良質な作品でした。
人は一人じゃない、誰かを必要とし、誰かに必要とされているということを
気付き、自分自身の存在の意義に気付く主人公の再生の姿は良かった。
自分自身の色は自分自身にだってわからない。1つでもなく2つでもない。
多くの色を持ち合わせている。カラフルでいいんだって感じのセリフは
良かった。あのセリフは本当にグッときた。

エンドロール見るまで宮崎あおいや麻生久美子や南明奈、高橋克実などが声を
担当してるとは全く気がつかなかった。宮崎あおいの声は上手かったというか
あの声が宮崎あおいとエンドロールで知った後もちょっと信じられなかった。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。


posted by はくじ at 23:53| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(31) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮崎あおいは凄いですね。
一応、前もって「宮崎あおい」がキャスト陣に入っていたのは知っていたのですが、全く違和感がなかったです。別に他のキャストも違和感はないけど、宮崎あおいの役は特殊な役なので、特に凄いなあ、と。
Posted by ふじき78 at 2010年09月19日 02:21
>ふじき78さん
コメントありがとうございます。

ほんとに宮崎あおいは凄いですね。
あのキャラの声はホント、わかんないです。
でも違和感もなかったですし、素晴らしかった
です。
Posted by はくじ at 2010年09月19日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カラフル
Excerpt: 直木賞作家・森絵都のベストセラー小説のアニメ化。罪を犯した魂が抽選に当たり、自殺した少年の体を借りて現世にホームステイするというファンタジードラマ。監督は『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-08-24 02:10

劇場鑑賞「カラフル」
Excerpt: 「Colorfulカラフル」を鑑賞してきました森絵都の名作児童文学を「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督でアニメ映画化した...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-08-24 05:12

『カラフル』 行き先はどこでもいいのか?
Excerpt:  【ネタバレ注意】  『カラフル』のエンディングで、THE BLUE HEARTS の名曲『青空』のカバーが流れる。  その歌詞には、こんな一節がある。 ...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-08-24 06:59

「カラフル」(試写会)みた。
Excerpt: 「おめでとうございます、抽選にあたりました!もう一度、人生やり直してみませんか?」な〜んて関西弁の少年が愉しげに言う予告からコミカルな作品だと勘違いしていると、思いのほか圧し掛かってくる重さに押しつぶ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2010-08-24 19:40

カラフル・・・・・1750円
Excerpt: 原恵一監督の最新作「カラフル」は、ファンタジーの形で魂の再生を描いたホームドラマ。 制作は「ガンダム」などで知られるサンライズで、同...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2010-08-24 23:18

『カラフル』・・・“生きてる?”from P
Excerpt: 待望の原恵一監督最新作! なんだかんだ言ってこの夏私が一番楽しみにしていたのが本作『カラフル』である。温かさに優しさ、そして時には残酷さをも容赦なく描きあげる原テイストは今回も如何なく発揮されていた..
Weblog: SOARのパストラーレ♪
Tracked: 2010-08-24 23:44

カラフル
Excerpt: 天上界と下界の狭間で、死んだ<ぼく>の魂は漂っていた。 するとプラプラという天使(?)が、「おめでとうございます。 あなたは大きな過ちを犯して死んだ罪な魂ですが、もう一度下界に戻って再挑戦するチャンス..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2010-08-25 03:23

カラフル
Excerpt: 十人十色の輝き。  
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2010-08-25 11:02

★カラフル(2010)★
Excerpt: ただいま、サヨナラした世界。上映時間127分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2010/08/21ジャンルドラマ/ファンタジー映倫G【解説】森絵都の名作児童文学を「クレヨンしんち...
Weblog: CinemaCollection
Tracked: 2010-08-25 18:06

カラフル
Excerpt: 直木賞作家の森絵都のベストセラー小説を、「クレヨンしんちゃん」シリーズや「河童のクゥと夏休み」などで知られる原惠一監督がアニメ映画
Weblog: 単館系
Tracked: 2010-08-26 22:43

『カラフル』
Excerpt: 森絵都の『カラフル』って児童文学だったんですね。(未読)2000年公開の実写版『カラフル』未見。今回のアニメ版劇場予告のみ見て行ってきました。突然現れて当選を告げる...
Weblog: beatitude
Tracked: 2010-08-28 00:37

カラフル
Excerpt: <<ストーリー>>突然現れて当選を告げる天使の計らいで、死んだはずの“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年・真の体に“ホームステイ”...
Weblog: ゴリラも寄り道
Tracked: 2010-08-28 00:56

「カラフル」 人の心は黒いも白いも全部含めてカラフル
Excerpt: 森絵都さんの原作は以前に読んでいました。 非常に印象に残った小説でしたが、こちら
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2010-08-29 06:03

「カラフル」生きているという色
Excerpt: ぼくは死んだ、けれども冥府行きの改札場所で突然「修行」を言い渡される。自殺で死んだ男の子の魂と入れ替わって暮らしてみろ、と。そうやって、ぼくは気乗りがしないまま中学三年...
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2010-08-29 09:29

「カラフル」
Excerpt:  「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」や「河童のクゥと夏休
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2010-08-29 13:20

「カラフル」 玉電
Excerpt: ☆☆☆ その昔、渋谷から二子玉川までのんびり走っていた路面電車の玉電。その姿は素朴でありながら優美さも兼ね備え、あわてず騒がず、わが道を行くその走りはいまでは伝説にさえなっています。その玉電が2010..
Weblog: アタマにシャンプー、ココロにシネマ。
Tracked: 2010-08-29 22:58

【99.0Kg】 「カラフル」を観てきました♪
Excerpt: こんばんわ♪
Weblog: 街のクマさん 炎のダイエット日記
Tracked: 2010-08-29 23:47

カラフル
Excerpt: ★★★★☆  なぜだかよくわからないが、死んだはずの主人公の魂は、自殺した中学生・真(まこと)の体の中にホームステイすることになる。そして主人公が、生きる勇気を見つけるまでの思春期の葛藤を、独特なタッ..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2010-08-30 11:20

「カラフル」 (2010)
Excerpt: 2010年・日本/サンライズ=東宝監督:原 惠一原作:森 絵都脚本:丸尾 みほ 直木賞作家の森絵都のファンタジー小説を、「クレヨンしんちゃん/アッパレ!戦国大合戦」や「河童のクゥと夏休み」等の秀作アニ..
Weblog: お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2010-09-01 01:40

僕が僕であるために〜『カラフル』
Excerpt:  黄泉の国への入り口で「プラプラ」と名乗る少年に呼び止められた「僕」。抽選 により、輪廻のサイクルへの再挑戦が認められたのだという
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2010-09-01 09:09

カラフル
Excerpt: 《カラフル》 2010年 日本映画 天上界と下界の狭間にいるボク、突然もう一度や
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2010-09-01 22:13

カラフル
Excerpt: 森絵都著の同名小説を原恵一監督がアニメ映画化した作品です。 原作は何年か前に読んでいて、この原作をどんなふうに映画化したのか気になっていました。 本を読んだ時よりも映像で観る方がずっしりくるものがあっ..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2010-09-02 21:52

「カラフル」感想
Excerpt:  直木賞作家・森絵都原作小説を、「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督、サンライズ制作でアニメ映画化。 「地獄は一定」 本作を鑑賞中、歎異抄の中にある有名な一節が、小生の脳...
Weblog: 狂人ブログ 〜旅立ち〜
Tracked: 2010-09-03 22:04

映画『カラフル』を観てきました。
Excerpt: アニメーション独特の軽い質感だからこそ訴求できる世界が、この作品にはあると思います。
Weblog: よーじっくのここちいい空間
Tracked: 2010-09-07 05:24

人生はカラフル アニメ編
Excerpt: 1日のことですが、映画「カラフル」を鑑賞しました。 死んだ主人公の魂が 当選によって 天使により 自殺した少年 真の体にホームステイすることになって・・・ なんともファンタジーな感じながらも その..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2010-09-07 16:54

カラフル☆独り言
Excerpt: 天界と下界の狭間・・・そこでぼくはプラプラに選ばれてもう一度生き返るチャンスを与えられた。ただし・・・元の自分の体で生き返るのではなく、まったく他人の体で。そしてぼくは、小林真という15歳の少年として..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2010-09-08 01:08

カラフル
Excerpt: 今年はアニメの当たり年?定番のジブリ以外にも、「涼宮ハルヒの消失」「コララインとボタンの魔女」「トイ・ストーリー3」など、いろいろいいアニメが多い感じです。(今年になっ...
Weblog: がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記
Tracked: 2010-09-13 00:32

『カラフル』をテアトルダイヤ1で観て、立派だなあと呟く男ふじき☆☆☆☆
Excerpt: 五つ星評価で【☆☆☆☆堂々立派】 第一生命、田中麗奈の第一でナイト販促商品 「堂々人生」もびっくりする堂々っぷり。 いやあ、真面目だなあ。 真面目を押し通そうとすると敬遠されてしま..
Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記
Tracked: 2010-09-19 07:51

10-255「Colorful カラフル」(日本)
Excerpt: 僕、生きてる?   死んだはずの“ぼく”は、プラプラという天使らしき少年から“おめでとうございます。あなたは抽選に当たりました”と話しかけられる。  大きな過ちを犯して死んだ魂のため輪廻のサイクル..
Weblog: CINECHANが観た映画について
Tracked: 2010-11-20 16:36

カラフル
Excerpt: 10年/日本/127分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:原恵一 エンディングテーマ:miwa『青空』 声の出演:冨澤風斗、宮崎あおい、南明奈、まいける、藤原啓治、麻生久美子、高橋克実 <スト..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-04-22 01:49

カラフル
Excerpt: Colorful カラフル ★★★★☆(★4つ) ボクは、一度死んだ。 気がつくと、僕は小林真だった。 前世で罪を犯したボクは抽選に当たり、自殺したばかりの小林真の体に入り、もう一度下界に戻って..
Weblog: 食はすべての源なり。
Tracked: 2011-06-14 09:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。