2010年08月22日

シロメ

シロメ.jpg

アイドルユニット「ももいろクローバー」が映画の撮影と知らぬまま、
怖がる様子を記録したフェイク・ドキュメンタリー。
廃虚へのロケ企画だと思い込むももいろクローバーのメンバーが、次々と
目の前に訪れる恐怖の現象に直面する。
メガホンを取るのは、『口裂け女』などホラー映画で実績のある白石晃士。
演技とは異なる、アイドルたちの臨場感あふれる恐怖の表情をとらえている。

ある廃虚を訪れた者を地獄に引きずりこむといわれる謎の化け物、
“シロメ”。そこでは多くの者たちが行方不明や事故死、あるいは発狂、
自殺するといった事件が起こり、4年間で死者6名を数えていた。
ある夜、6人の少女がうわさの真相を確かめるべく廃虚へと潜入するが、
彼女たちの目の前で次々と超常現象が巻き起こり……。
                           (シネマトゥデイさんより抜粋)

超〜つまんねぇ!
今年のワースト1はこいつで決定!!

なんばパークスシネマに行った際に、この映画のポスターを見て、
B級ホラーっぽいけどポスターの出来に興味があって観に行くことに。
その際、ももいろクローバーがどうのこうのってポスターに書いてあったが、
AKB48の『伝染歌』みたいなアイドルホラー映画かなってぐらいにしか
思ってませんでした。

でも、
『伝染歌』>>>>越えられない壁>>>>>>>>『シロメ』って感じです。

ホラーの皮を被ったアイドルのイメージビデオじゃねぇか!
ももいろクローバーって何やねん、知らんわ!

ももいろクローバーのファンなら楽しめるんだろうが、この子達に全く
興味のない、ホラーが観たかった自分としては詐欺にあったような
気分です。

正直これは金返して欲しい。

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 17:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。