2010年08月17日

ボローニャの夕暮れ

ボローニャの夕暮れ.jpg

第2次世界大戦期のイタリア・ボローニャを舞台に、同級生を殺害して
しまった娘と、彼女を献身的に支え続けた父親のきずなを描いた人間ドラマ。
時代の波に翻弄された平凡な家族の崩壊と再生の物語を、イタリアの名匠
プピ・アヴァティ監督がノスタルジックに紡ぎ、本国で大ヒットを記録した。
娘に無償の愛をささげる父親を『息子の部屋』の名優シルヴィオ・オルランド
が演じ、第65回ヴェネチア国際映画祭男優賞に輝いている。

第2次世界大戦前夜のボローニャ、美術教師のミケーレ(シルヴィオ・オルラ
ンド)は美しい妻のデリア(フランチェスカ・ネリ)、17歳の娘ジョヴァンナ
(アルバ・ロルヴァケル)とつつましく幸せに暮らしていた。そんなある日、
ミケーレの勤める学校で女子生徒が殺害され、その犯人がジョヴァンナだった
ことから、一家の平穏な生活は一変してしまう。
                            (シネマトゥデイさんより抜粋)

遊びに来ていた姪っ子達が帰ったので、今日からは付き添いではなく、自分が
観たい作品を観に行こうと、メンズデーのテアトル梅田へ行くことに。


事件が起こって家族がバラバラになって崩壊するんですが、この家族は元から
崩壊してたような。母親は打算で結婚して、夫の親友に恋愛感情を持ち、
父親は母親の意向や気持ちを省みずに娘に行き過ぎなぐらいの愛情を注ぎ、
娘は母親が父親以外の男性に気持ちが行っているのを感じ取って精神的に
おかしくなっているし。
事件がきっかけで表面化しましたが、事件が起きなくても遅かれ早かれ、
同じようなことが起きたのではないかと思ってしまいました。

母親がやたらと夫の親友とチラチラと目を合わせては逸らすような描写が
たくさんあって、母親が夫の親友に想いを寄せている、夫の親友も妻がいる身
であるものの、母親のことを想っていることを説明しているのに、母親が娘を
邪険にするきっかけやその理由を描写したシーンがなく、なぜ母親は一度も娘
に面会しないのか、その心理が分からなかったのがちょっと残念。

父親は愛情が行き過ぎてるような気もしますが、娘を想う表情や何気ない
佇まいから感じられる悲哀がなんとも言えない良さがありました。

それにしてもあの時代、裁判がちゃんと公平に行われていたことに感銘を
受けました。まだムッソリーニのファシスト党の独裁前だったから出来たの
かな?


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 23:58| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(12) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もあの裁判にびっくりしました。
特に相手の子が、上院議員だったか有力者の娘であっただけに特に・・・
トラックバック送らせていただきました。
Posted by がっちゃん at 2010年08月23日 13:38
>がっちゃんさん
コメントありがとうございます。
あの裁判には感心しました。
上院議員で、勢力を拡大しつつあるムッソリーニ支持者の圧力に屈しないイタリアの司法の公正さに驚きでした。この事件、裁判員裁判であったらどういう判決になるのか、ちょっと興味あります。
Posted by はくじ at 2010年08月24日 23:48
あはは。裁判に目が行ってたんですね。面白い。

母の気持ちですが、母としてはなんとなくわかるなあ。
母親とて子供を無条件に愛せるかというと、そうとは限らない。
特にこの旦那とは、愛し合って結婚したのではない。でも、娘を愛さなければならない母としての思いと、どうしてもそうはできない自分に対する戒めみたいなもん。その思いがどこかで自分を縛ってて、娘に会う勇気がどうしても起きない。
娘を愛せない自分を見せないのが、せめてもの母の愛情かな・・・・みたいなもんではないかと、私は思いました。
Posted by sakurai at 2010年09月18日 21:35
>sakuraiさん
コメントありがとうございます。

妙に裁判のシーンに目が行ってしまいましたね。
あっ!なんか司法がマトモ。さすがヨーロッパ、
当時の日本ならこうはならないんじゃないかなと
思いながら見てました。

なるほど母親の気持ちとしてそういう見方も
あるんですね。独身男性からするとなかなか
そういう気持ちが理解できないというか、
思い至らなかったので、sakuraiさんの意見は
なるほどなぁと感心しました。
Posted by はくじ at 2010年09月19日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ボローニャの夕暮れ』・・・ ※ネタバレ有
Excerpt: 2008年:イタリア映画、プーピ・アヴァーティ監督&脚本&原案、シルヴィオ・オルランド、フランチェスカ・ネリ、アルバ・ロルヴァケル出演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2010-08-18 00:56

ボローニャの夕暮れ
Excerpt: 第二次世界大戦の開戦前夜から戦中戦後のボローニャを舞台に、とある家族の崩壊と再生を描いたヒューマンドラマ。主演のシルヴィオ・オルランドは本作で第65回ヴェネチア国際映画祭で主演男優賞に輝いている。娘を..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-08-18 01:05

『ボローニャの夕暮れ』(2008)/イタリア
Excerpt: 原題:ILPAPADIGIOVANNA監督・脚本・原案:プーピ・アヴァーティ出演:シルヴィオ・オルランド、フランチェスカ・ネリ、アルバ・ロルヴァケル鑑賞劇場 : ユーロスペース公式サイトは...
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2010-08-18 08:31

ボローニャの夕暮れ
Excerpt:  ロマンティックなタイトルについ惹かれて、『ボローニャの夕暮れ』を渋谷のユーロスペースで見てきました。 (1)タイトルから、この映画はイタリアの古都を背景とする心温まるヒューマンドラマかなと思ってし..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-08-18 18:03

イタリア映画祭2009...「ジョヴァンナのパパ/ボローニャの夕暮れ」
Excerpt: 今年のイタリア映画祭。GWの予定が決まらなくてぎりぎり迄チケットを買わなかった。観に行ける日にちと時間を考えなければならないので、結局買ったのは5本(観たかった作品で前売り分完売が2本)。 30日の..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2010-08-18 20:47

映画『ボローニャの夕暮れ』
Excerpt:  V.O.Dで観た『アバター』、面白かったです。2DのTV画面でも映像の素晴らしさは良く分かりました。素直に劇場に観に行けば良かったな(笑)。  さて、今日は『ボローニャの夕暮れ』をテアトル梅田で。..
Weblog: 健康への長い道
Tracked: 2010-08-19 17:45

ボローニャの夕暮れ
Excerpt: 1938年、イタリア・ボローニャ。 高校の美術教師ミケーレの娘ジョヴァンナは17歳になっても恋愛に縁がない。 ミケーレは人気者の男子生徒に「娘に親切にしてやって欲しい。」と、つい遠回しな言葉をかけてし..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2010-08-19 22:58

ボローニャの夕暮れ
Excerpt: 第2次世界大戦のイタリアを舞台に親子の絆を描いた人間ドラマです。 イタリアで大ヒットしたと聞いて、ちょっと気になっていました。 イタリア独特の雰囲気の中で繰り広げられる親子の行動を描きながら 観終わっ..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2010-08-20 05:46

映画:『ボローニャの夕暮れ』
Excerpt: 久々にイタリア映画を観てきました。今日はネタバレ必至なので、まだごらんになってない方は読まないでぇ〜。逆にご覧になった方は是非ご感想を!!!
Weblog: 日伊文化交流協会
Tracked: 2010-08-23 13:44

ボローニャの夕暮れ
Excerpt: 何気ない日常から、世界が描かれていく。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2010-09-18 21:35

ボローニャの夕暮れ■異様な映画であった
Excerpt: ボローニャといえば、今年は亡くなられた井上ひさしさんの「ボローニャ紀行」に感銘を受けた。その感銘も覚めやらぬときに出会った「ボローニャの夕暮れ」という映画。第二次大戦中...
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2010-11-29 00:08

ボローニャの夕暮れ(2008)☆IL PAPA DI GIOVANNA
Excerpt:  生きていくって、寄り道ばかり。 1月3日、京都シネマにて鑑賞。2011年...
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2011-01-05 22:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。