2010年07月31日

サークル

サークル.jpg

「プリズン・ブレイク」シリーズのサイラス・ウェイア・ミッチェル主演に
よるサイコホラー。

綿密に計画された連続殺人事件を起こし、逃亡中のベネット。
彼は自らが幼少期を過ごした家に向かうが、そこには生育環境を調査する
6人の大学院生がいて…。

 

劇場未公開の本作ですが、パッケージのデザインに興味が惹かれたので
DVDをレンタルして賞することに。

劇場未公開で良かった・・・。

これ、劇場公開されてたら、チラシの出来に騙されて観に行ってすごく
後悔してたと思う。

何かいろいろと中途半端な作品でした。
ベネットが行う儀式についても説明が中途半端だし、刑事達の捜査のシーン
もイマイチ。ベネットが大学院生を襲うくだりも、あんまり盛り上がること
なく見てるこっちとしては消化不良。

ありがちなB級ホラーで、無意味にエロシーンが満載。
こんなシーン入れるならもっとドキッとするようなホラーシーンを入れれば
いいのに。折角ビデオカメラというアイテムを序盤から使ってるのに、
これがうまく利用されてないのは勿体ない。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 23:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック