2010年07月21日

Beautiful Islands ビューティフル アイランズ

ビューティフルアイランズ.jpg

気候変動の影響を直接的に受ける南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、
アラスカのシシマレフ島を舞台に、そこに暮らす人々の生活にスポットを
当てながら失われゆく美しい自然を撮影したドキュメンタリー。
『にがい涙の大地から』の海南友子監督が、3年の歳月をかけて3つの地域の
島を訪ね、人類が失うものの尊さと重大性を説く。
製作陣には、『空気人形』の是枝裕和監督も参加。
人間の感性を刺激する、ナレーションやBGMを排した映像詩に酔う。
 
南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、アラスカのシシマレフ島は、
気候も文化も異なる島だが、気候変動のさまざまな悪影響を受けている。
3年がかりで行われた撮影では、そこに住む普通の人々の普通の暮らしに
スポットを当て、失われつつある伝統工芸などを取り上げ、
人類が迎えつつある危険な未来も暗示する。
                           (シネマトゥデイさんより抜粋)

 ツバルのパートはウトウトしてしまう。

この映画、ツバル→ベネチア→シシマレフ→ツバルという順に映像が変わるん
ですが、インタビューシーンで住人が答える以外は基本、BGMもほとんど
無く、自然の音だけなので、ツバルのパートでは浜に打ち寄せる波の音を
聞いてるとついウトウトと眠りに陥ってしまう。

だけど、とても見応えある映像でした。
ツバルやベネチア、シシマレフの現状はこの映画で良く分かりました。
ツバルやベネチアに関しては今までニュースにもなっていたので分かって
いたものの、ここまでたっぷりと映像で観たことなかったので、こういう
現状なんだと改めて知ることができました。

でもどうしようもないんじゃない?ってのが正直な気持ちです。
国家規模、地球規模で電気や化石燃料の使用を抑えようとしても、温暖化を
遅らせることはできても、止めることは不可能だし、中国をはじめ、インドや
他の発展途上国はますます人口が増えるだろうし、人口が増えればその分
エネルギーは消費されるし、二酸化炭素量は増えるし、どないしようも
ないと思う。
それこそ乱暴だけど、定期的に戦争をするなり、未知のウイルスが蔓延して
世界の総人口を半分ぐらいにしないと無理なんじゃないかな。

後、この映画ではアメリカ人が可愛いアザラシを殺害した上に残酷にも
皮をはいでバラバラにするというショッキングなシーンがあるのだが、
とりあえず、『ザ・コーブ』を観て日本のイルカ漁を非難するアメリカ人は
まず自分の国の先住民のアザラシやホッキョクグマの狩りを全面禁止して
から文句言えって言いたい。
あんな可愛いアザラシを銃で撃ち殺してナイフでさばくなんて、とても
人間の所業とは思えない!



posted by はくじ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「Beautiful Islands ビューティフル アイランズ」
Excerpt:  南太平洋のツバル、イタリアのヴェネチア、アラスカのシシマレフ島。 この3つの島
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2010-07-22 06:50

『ビューティフル アイランズ』・・・
Excerpt: 2010年:日本映画、海南友子監督&プロデューサー&編集、是枝裕和エグゼクティブ・プロデューサー。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2010-07-24 01:30

『ビューティフル アイランズ』 巧さとズルさは紙一重?
Excerpt:  2000年代に、地球温暖化ブームがあった。  ピークは、2008年の洞爺湖サミットの頃だったろうか。サミットでは、G8の首脳が地球温暖化の対策...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-07-31 17:34

『ビューティフル アイランズ』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「ビューティフル アイランズ」□監督 海南友子 □エグゼクティブプロデューサー 是枝裕和 □撮影 南 幸男■鑑賞日 8月16日(月)■劇場 恵比寿ガーデン..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-08-22 10:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。