2010年06月16日

書剣恩仇録 第23〜24話

書剣恩仇録_06.jpg

武侠ドラマ『書剣恩仇録』の第23〜24話を観賞。

第23話のあらすじ
紅花会にさらわれた乾隆帝。六和塔に閉じ込められた乾隆帝は紅花会の面々に
目の前で御馳走を食べられたり、酒を飲まれたりと嫌がらせを受ける。
文泰来に怪我を負わせた仕返しをしたことで満足した紅花会のメンバー。
その後、陳家洛は乾隆帝と会談を行うが、そこへ弟子であるホチントンの身を
案じ、西域部族を救うために乾隆帝を暗殺しようと“天山双鷹”である陳正徳
と関明梅が六和塔を襲撃してくる。
天山双鷹が朝廷の役人と勘違いした紅花会のメンバーは迎えうつが歯が立たず
に陳家洛と乾隆帝のいる階までやってくる。
天山双鷹は陳家洛が朝廷の犬になったと勘違いするが、陳家洛の説明で誤解は
解ける。しかしそこへ今度は白振や和シンら、乾隆帝の行方を追っていた側近
らが配下を引き連れて乾隆帝を救出しようと六和塔を包囲する。


第24話のあらすじ
陳家洛は乾隆帝に、自分達は兄弟であることを告白する。その事実を知った
乾隆帝は愕然とするも、陳家洛が求める興漢滅清を実行することを約束し、
紅花会の面々と盟約を結ぶ。
その後、解放された乾隆帝は、陳家洛の後ろに死んだはずの于万亭がいるの
ではないかと推測し、白振に于万亭の墓を暴いて確認するように命じ、北京
に戻る。
一方、紅花会の面々は西域へ旅立つ準備をしていたが、陳家洛はその前に
徐天宏と周綺の祝言を挙げようと計画し、みんなに相談すると、みんな諸手
を上げて賛成する。しかし余魚同だけが、文泰来救出時に負った火傷の傷痕
を気にして、祝言に参加したくないと陸菲青に打ち明ける。


乾隆帝と陳家洛が兄弟である事実がここで判明し、事態はますます複雑に
なりそう。陳家洛が乾隆帝とともに興漢滅清を実行すると行った際に、
常氏兄弟や衛春華、石双英は、微妙な顔をしていたので、今後の展開では
紅花会が仲間割れしそうな感じが。
今回は、天山双鷹と紅花会のメンバーとの六和塔でのアクションが見応え
あって凄かった。

第25〜26話へ


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 23:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック