2010年06月01日

音楽人

音楽人.jpg

音楽と楽器の専門学校を舞台に、音楽の世界を目指しつつ、それぞれの道を
模索する若者たちの姿を描く青春ドラマ。
ERINAの「大切なきみへ−音楽人2008」と森綾の「音楽人1988」を原案に、
若者たちの音楽への熱い気持ちや恋愛模様をみずみずしい感性で描く。
ダブル主演を果たすのは、『イキガミ』の佐野和真と、『山形スクリーム』
の桐谷美玲。
CanCamトップモデルの徳澤直子や挿入歌を歌うMAY'Sら若手キャストの共演
にも注目。

バンド、ミ・センティーのボーカルとギターを担当している各務蒼
(佐野和真)は、ギタークラフトや音響を目指す裏方のアーティストなど、
音楽と楽器の専門学校のシンガーソングライター科に通い、そこで、
幼なじみの水野詩音(桐谷美玲)と偶然に出会う。
久々の再会を果たした二人は、やがて互いに惹(ひ)かれ合っていくが…。
                        (シネマトゥデイより)

この映画が公開されていることは全く知らず、今日はファーストディで
『プリンス・オブ・ペルシャ』などの映画をハシゴしようとTOHOシネマズ
なんばへ出かけましたら、この映画が公開されていることを知り、ま、今日は
ファーストディで安いからいいかと思い本作を観賞することに。

いやぁ〜、主演の桐谷美玲って子が可愛いなぁ。

なんとなく新垣結衣に雰囲気や顔立ちが似てるなぁと思いつつ、共演の
足立梨花も可愛いなぁと思いながら観賞。

それにしても桐谷美玲、『山形スクリーム』で成海璃子の同級生役で出演して
いたそうですが、全く記憶にないや。
でも今後人気でそうなんで憶えとこうっと。

ストーリーはありがちで、難病物、女性を巡って男が音楽で対決、幼馴染み、
幼い頃の約束という青春恋愛ものにありがちな設定満載で、このパターンだと
ヒロインは最後死んじゃうのがお約束なんですが、この映画ではそのお約束は
当てはまらずヒロインは死んじゃったと思わせといて、ちゃんと生きてると
いう今までのパターンと違っていたのは新鮮でした。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。


posted by はくじ at 22:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

音楽人
Excerpt: 主人公の各務蒼役を演じるのは、CX系ドラマ「オトメン(乙男)」で、少女マンガを描く漫画家のオトメン橘充太役を演じ、4月29日公開の映画「矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜...
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2010-06-02 13:41

10-130「音楽人」(日本)
Excerpt: 私のギターで、歌って  メジャーデビューを夢見るバンドミ・センティー≠フギター兼ボーカルの蒼は、同じ学校でギタークラフトを学ぶ幼馴染みの少女・詩音と再会する。  お互い惹かれあいながらも、どこか..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2010-06-05 16:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。