2010年05月25日

トロッコ

トロッコ.jpg

芥川龍之介の同名短編小説を基に、舞台を台湾の山間の小さな村に舞台を
移して、亡くなった台湾人の父の遺灰を故郷に届けるために日本人の母と
ともにやってきた兄弟のひと夏の成長をノスタルジーあふれるタッチで
描いた日本/台湾合作映画。
監督は今作がデビュー作となる川口浩史。
出演は『クライマーズ・ハイ』の尾野真千子や、『ダブル・ビジョン』の
チャン・ハン、『練習曲』のホン・リウ、『シルク』のワン・ファンなど。
ちなみにチャン・ハンは、『レッド・クリフ』や『ブラッド・ブラザーズ−
天堂口−』のチャン・チェンの実兄にあたる。

夏のある日、大好きだった台湾人の父親・孟真が急死したため、遺灰を
父親の故郷に届けるため、8歳の少年・敦は日本人の母親・夕美子に
連れられて、6歳の弟・凱とともに台湾東部・花蓮の近くにある小さな村を
訪れる。訪れた村には敦達の父方の祖父であるおじいちゃんと父親の弟で
ある孟堅叔父さんとその妻である華心小母さんが敦達一行を待っていた。
おじいちゃんは遺灰になった父親を親不孝者目となじるが敦達にはやさしく
接してくれる。その夜の夕食時、敦はおじいちゃんに父親が死ぬ前に手渡さ
れた一枚の古い写真を見せる。
その写真に写っていたのは、おじいちゃんで、戦前のおじいちゃんが子供の
頃のものだった。
敦はその写真の場所に行ってみたいとおじいちゃんと一緒に写真の場所を
探し始める・・・。

予告編がなんか良い感じの内容だったので、興味ひかれて観に行って
きましたが、これは中々に良かった。

子役の敦役の子が良かったなぁ。
長男で父親がいない分、母親から過度な期待を背負わせられ、
お兄ちゃんだから、弟の面倒をしっかり観ろだの、お兄ちゃんだからもっと
しっかりしろだとか、そんな母親のプレッシャーにまだまだ母親に甘えたい
敦は反抗的な態度を取ったりするんですが、その気持ちが本当に良く解る。
自分も長男なので、長男にかけられる期待やら責任やらが良く解る。
森の中で疲れて泣き叫ぶだけの弟を優しくあやしながら、ちゃんと面倒
みて家まで帰ってきたのに、いきなり母親に叱られて、自分は必要ない子や
と思ってしまう気持は観てて切なかった。

後は呉おじいちゃんの朴訥なキャラが良かった。

台湾ひのきが日本に送られていて、明治神宮や靖国の鳥居も台湾ひのきで
建てられていることを誇りに思っていたり、木材を運ぶためにトロッコ用の
線路を敷いていった日本人達の態度に憧れ、子供の頃、自分もこの線路を
ずっとたどって行くと日本に行けると思っていたこと、日本は憧れで
日本人になりたかったことを孫たちにポツポツと独白するシーンは印象
深かった。
それなのに、日本政府は日本兵として戦ったおじいちゃんの恩給願いを
無下に却下する。おじいちゃんは日本兵として戦ってきたことを誇りに
思っていたのに、それを否定されたようで悄然と落ち込むおじいちゃんの
姿には胸をうたれました。それとずっと日本人として扱われてきたのに、
敗戦と同時に日本人ではないと見捨てられたという怒りには、日本人と
して申し訳ない気持ちになる。
日本政府や国民はかつて同胞として国の為に働いた台湾の人達や遺族に
年金などの保障をすべきだと思う。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。
posted by はくじ at 00:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(13) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トロッコ
Excerpt: 幼い頃に芥川龍之介の同名短編小説を教科書で読んだ川口浩史監督が映画化のチャンスを暖めていた作品だそうだ。実際にトロッコの線路が残る台湾を訪れた際に、そこで出会った日本統治時代を生きた老人たちに感銘を受..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-05-26 01:07

トロッコ
Excerpt: 今なお色褪せない芥川龍之介の短編小説「トロッコ」。川口監督は幼いころに教科書で読んだ、この物語を映画化したいと長年温めていた。「まだトロッコの線路が残っている」と知り、...
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2010-05-27 06:51

「トロッコ」:木場公園バス停付近の会話
Excerpt: {/kaeru_en4/}こんなところにも、緑まぶしい一角があるんだな。 {/hiyo_en2/}まるで川口浩史監督の映画「トロッコ」に出てきた光景のようね。 {/kaeru_en4/}川口浩が草深..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2010-05-29 18:29

□『トロッコ』□ ※ネタバレ有
Excerpt: 2009年:日本映画[日本語・中国語(北京語・台湾語)]、川口浩史監督、リー・ピンビン撮影監督、川井郁子音楽、尾野真千子、原田賢人、大前喬一、ホン・リウ、チャン・ハン、ワン・ファン、ブライアン・チャン..
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2010-05-30 01:07

トロッコ
Excerpt: 台湾の森に残る古いトロッコへの想いと共に、母と幼い兄弟の親子の絆を描いた作品です。 予告編を観た時、緑の森やトロッコの雰囲気が印象的でちょっと気になってしました。 戦前の日本が台湾へ残したものは何だっ..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2010-06-05 19:42

トロッコ
Excerpt:  落ち着いた文芸物でも見たいものだと思い、『トロッコ』を銀座のシネスイッチで見ました。 (1)この映画は、いうまでもなく、芥川龍之介の短編『トロッコ』を原作としています。ただ、舞台を日本から台湾に移..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-06-19 08:15

川口浩史監督「トロッコ」。風景も眼差しも美しい。
Excerpt: 芥川龍之介の短編小説『トロッコ』を台湾を舞台に移して再構築。3年の歳月をかけてオリジナル脚本として生まれ変わった。監督は篠田正浩監督、行定勲監督の助監督をつとめてきた川口浩史。撮影監督に侯孝賢(ホウ・..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2010-06-20 13:13

「トロッコ」
Excerpt:  まるでピンと来ない映画である。監督の川口浩史は芥川龍之介による有名な原作を映画化するにあたり、日本にトロッコが稼働している場所を探したが果たせず、台湾にロケーション場所を求めた結果、日本と台湾との..
Weblog: 元・副会長のCinema Days
Tracked: 2010-06-25 22:09

映画「トロッコ」このレールは戦争の時代から平和な現在へ
Excerpt: 「トロッコ」★★★☆ 尾野真千子、ブライアン・チャン、ワン・ファン 出演 川口浩史監督、116分、2010年5月22日全国順次公開、2010,日本,ビターズ・エンド (原題:トロッコ )   ..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-07-24 11:10

『トロッコ』(2009)/日本
Excerpt: 監督:川口浩史出演:尾野真千子、原田賢人、大前喬一、ホン・リウ、チャン・ハン、ワン・ファン、ブライアン・チャン、メイ・ファン観賞劇場 : シネスイッチ銀座公式サイトはこ...
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2010-08-05 11:23

トロッコ(2010)
Excerpt:  京都シネマにて鑑賞。結構評判が良い作品だったので気になっていた。幼い兄弟が父親の故郷台湾で過ごすひと夏の物語。この2人の兄弟が何気に良い。お兄ちゃんの敦がちょっと母に反抗気味で、母はそんな敦に手を焼..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2010-08-28 00:30

トロッコ
Excerpt: トロッコ 父を亡くした年の夏、敦(あつし)と凱(とき)の兄弟は母に連れられて、初めて父の故郷である台湾の小さな村を訪れ、祖父母に温かく迎えられる。敦は亡き父が大切にしていた古い写真にトロッコと写る少..
Weblog: シネマDVD・映画情報館
Tracked: 2011-03-04 00:21

mini review 11527「トロッコ」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: 芥川龍之介の同名短編小説をモチーフに、懐かしい風景の残る台湾に舞台を移して再構築した、幼い兄弟の冒険と成長を叙情的につづる青春ドラマ。メガホンを取るのは、本作で長編監督デビューを飾る川口浩史。ホウ・シ..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2011-06-10 02:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。