2009年12月06日

夏時間の庭

夏時間の庭.jpg

フランス・オルセー美術館20周年記念の企画の一環として制作された映画。
母親の遺産を巡って、母への想いと彼らにつき付けられる甘くない現実との
間で揺れ動く子供たち姿を描いた家族ドラマ。

パリ郊外の町で広い庭と赴きのある一軒の邸宅にエレーヌという女性が
お手伝いのエロイーズと暮らしていた。その邸宅は大叔父の画家がアトリエ
として使っていたもので、今はエレーヌが大叔父が集めた多くの美術品と共に
暮らしながら、それらを維持管理してきた。
エレーヌの75歳の誕生日に彼女の3人の子供達がそれぞれの家族を連れて遊び
にくる。エレーヌは自分の死後のことを考えて、唯一フランスで生活している
長男のフレデリックに美術品や邸宅を売却して3人で分けるように頼む。
しかしフレデリックは売却なんてとんでもない。子供たちで守り継いで、
いずれ孫達へと受け継ぐと反対する。
その後、エレーヌは亡くなり、遺産の話になり、フレデリックは売却せずに
あのままにして、別荘として使用していこうと提案するが、上海で働いている
次男夫婦は新たな仕事のために北京での生活資金が必要であると遺産を売却
することを提案、長女のアドリエンヌもアメリカ人と結婚してアメリカで
生活していくことになるので、売却することに賛成する。
また莫大な相続税のことを考えると、結局一部の美術品を美術館に寄付して
残りを売却して処分することに決定する。

これは大阪での上映を見逃してしまっていたんですが、出張先の映画館で
上映されていたので、観に行ってきました。

オルセー美術館の20周年企画作品で、オルセー美術館が保有する美術品が
使用されていて、それらを堪能できたのは満足です。

ストーリー的にはたいして盛り上がりもなく、淡々と進むんですが
何ともフランス映画らしい描写でした。
これが日本で橋田壽賀子あたりなら、各子供の嫁あたりも加わって、
ドロドロしたもんになるんでしょうが、この映画の子供たちはほとんど
揉めることなく遺産を処分したり・寄付したりします。
ほんとは手元に置いておきたいんでしょうが、相続税や各家庭の事情で
そうはいかないんですが、子供たちからはその辺の葛藤がイマイチ
伝わんなくて消化不良でした。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。


posted by はくじ at 22:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(13) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

〜『夏時間の庭』〜 ※ネタバレ有
Excerpt: 2008年:フランス映画、オリヴィエ・アサイヤス監督、ジュリエット・ビノシュ主演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2009-12-06 23:01

「夏時間の庭」
Excerpt: 「L'heure d'été 」...aka「Summer Hours 」2008 フランス 長男フレデリクに「ソフィー・マルソーの愛人〈ラマン〉/2003」「恋は足手まとい/3005」のシャル..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2009-12-07 00:31

『夏時間の庭』
Excerpt: 今日はずっと気になってて、鑑賞できないままだったジュリエット・ビノシュ主演の『夏時間の庭』を観てきましたー。 銀座テアトルシネマに観に行ってきたので、CLUB C会員でたまっていたポイントを使って無..
Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2009-12-07 00:48

夏時間の庭◇原題: L'HEURE D'ETE/SUMMER HOURS
Excerpt:  オルセー美術館開館20周年記念作品 作品を観るまで知らなかった(汗)あのオルセー美術館開館記念で製作されたとは・・・。それにしても凄いですよね。贅沢な企画に驚き!! 残念ながら、フランスにも行っ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2009-12-07 02:09

『夏時間の庭』(@「シネマのすき間」)
Excerpt: -----2週間ぶりにお邪魔したカタログハウス「シネマのすき間」。 今日、取り上げた映画『夏時間の庭』には、 普段は目にすることのできない絵画や器といった美術品がいっぱい。 なんでも、フランスのオルセ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2009-12-07 13:50

*夏時間の庭*
Excerpt: {{{   ***STORY*** 誕生日を祝ったばかりの母親(エディット・スコブ)が亡くなり、3人の兄妹(ジュリエット・ビノシュ、シャルル・ベルリング、ジェレミー・レニエ)たちは母が遺してくれた美..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2009-12-07 15:21

夏時間の庭
Excerpt: 7月16日(木) 19:35〜 銀座テアトルシネマ 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『夏時間の庭』公式サイト 主演は、俺が世界で一番嫌いな映画に出..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2009-12-07 23:05

夏時間の庭
Excerpt: オルセー美術館の企画で生まれた家族のドラマです。 親から子供、孫と世代が移るにつれて、家への想いが変わっていく様子が 静かな視線で映し出されていました。
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2009-12-10 12:57

「夏時間の庭」
Excerpt: パリ郊外の家々と自然が、とても温かくて美しくて慈愛に満ちていて・・
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2009-12-16 12:17

夏時間の庭
Excerpt:  フランスの田舎の風景が好きです。フランス人は日本文化を愛し,本当に親日的なんだ
Weblog: EURISKO2005
Tracked: 2010-01-11 17:45

夏時間の庭
Excerpt: 『夏時間の庭』 ---L'HEURE D'ETE  SUMMER HOURS--- 2008年(フランス) 監督:オリヴィエ・アサイヤス 出演: ジュリエット・ビノシュ、シャルル・ベルリング..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2010-02-02 14:35

mini review 10468「夏時間の庭」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: フランス・オルセー美術館20周年企画の一環で製作された、美しい芸術と印象派を思わせる自然を堪能できる感動的な家族ドラマ。母から遺された貴重な美術品を整理する兄妹たちの姿を通して、いつの時代も変わらぬ人..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2010-07-13 09:20

夏時間の庭(’08)
Excerpt: 先日オルセー美術館展で、チラシのイベント欄で、6月に「炎の人ゴッホ」7月に「夏時間の庭」の映画上映会があったと見かけ、「夏時間・・」は気になりつつ未見だった作品で、DVDで少しずつ見て昨日終わりました..
Weblog: Something Impressive(KYOKOV)
Tracked: 2010-08-29 10:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。