2009年11月28日

戦場でワルツを

戦場でワルツを.jpg

イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自身が一兵士として参加した80年代の
レバノン戦争の経験をもとに、戦争によって引き起こされる凄惨な現実を
描いたドキュメンタリー・アニメーション。
戦場での記憶が抜けおちている主人公が、かつての戦友たちを訪ね歩いていく
ことで、徐々に記憶を取り戻し、やがて衝撃的な事実を思い出す様を
アニメーションならではの表現で描きだす。

2006年、アリは旧友のボアズと再会する。その際、ボアズは毎夜悪夢を見て
しまうと打ち明ける。それはレバノン戦争で経験したことの後遺症だと
言う。その時、アリは自分にレバノン戦争当時の記憶が抜けおちていること
に気づく。そこでアリは自分の記憶を取り戻すために、当時の戦友たちの
もとを訪ね歩くことにする。

第81回アカデミー賞の外国語映画賞の有力候補で最後は『おくりびと』に
敗れたという本作が公開されるということで観てきました。

イスラエル映画は、ナタリー・ポートマンが出演していた『フリーゾーン』
に続き2本目ということで、大いに興味がありました。

アニメーション・ドキュメンタリーという一風変わった映画で、幻想的な
シーンなどアニメーションだからこそ表現できるとこもあり、それなりに
見ごたえある映画でした。ただ単調なんでかなり眠かったですが。

この年代の中東の事情には疎いので、サブラ・シャティーラの虐殺のことを
知りませんでした。ナチスのホロコーストの被害者だったユダヤ人が
この虐殺に間接的に手を貸していたことは、衝撃でした。
これが本当ならユダヤ人はホロコーストを行ったナチスと同列で、ナチスを
どうこう言える立場じゃないと思う。

ラストの映像が衝撃的で、劇中で登場人物が証言していたどおりの写真が
映し出され、何とも言えない気持ちになります。


にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。


posted by はくじ at 23:03| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(25) | 映画(イスラエル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も観たいと思っているんですが、機会が得られずに悶々としています。
ドキュメンタリーをアニメでと言う点と、やっぱりアニメだけどなんか透き通った色が魅力的です。

でもおっしゃるように、世の中では人と人が憎みあいその結果虐殺と言う状態が出てくるんですね。人というのはある意味恐ろしいことを訴えているのかもしれないですね。
Posted by west32 at 2009年12月01日 23:38
>west32さん
コメントありがとうございます。
これは是非、機会があるなら観てください。
特にラストの実写ジーンは衝撃的ですよ。
Posted by はくじ at 2009年12月02日 00:54
やっぱり眠かったですよね。よかった・・・。
不謹慎かと思われるかと思ったのですが、ヘブライ語の単調な響きに、結構辛いものがありました。
いや、表してることは素晴らしいのでしょうが、表現の仕方の問題でしょうね。
最後の生の映像を見ると、やはり違うなあ・・・でした。
Posted by sakurai at 2010年03月07日 20:03
>sakuraiさん
コメントありがとうございます。

眠たかったですね。決してつまんないからではなく、斬新な表現方法で引き付けるものがあったんですが、単調すぎたような気がします。
アニメでしか表現できないこともあれば、実際の当時の映像でないと伝わってこないものもありますね。あのラストは息をのんでしまいました。
Posted by はくじ at 2010年03月07日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

戦場でワルツを
Excerpt: 2006年、イスラエル。 映画監督アリは、旧友ボワズから悪夢に悩まされていることを告げられる。 それは自分たちが19歳で従軍した24年前のレバノン戦争の後遺症なのか? 「当時の記憶が全くない」自分に気..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-11-29 17:05

『戦場でワルツを』(@「シネマのすき間」)
Excerpt: -----今日は、ここでは珍しいアニメ。 フォーンは、ちょっといや〜な予感。 だって、えいはアニメには詳しくないし、 これまでにもツッコまれて、困っているのを何度か観ているし…。 ところが、これは普通..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2009-11-29 17:52

戦場でワルツを / VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR
Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2009-11-29 21:36

戦場でワルツを
Excerpt: 戦場でワルツを 悪夢に悩まされているアリ。 レバノン侵攻の後遺症とボアズが言う。 レバノン侵攻の後遺症? アリにはその時の記憶が無かった。。。 一体どうしてなのか?そんなこと..
Weblog: 映画情報良いとこ撮り!
Tracked: 2009-11-30 03:24

戦場でワルツを
Excerpt: 《戦場でワルツを》 2008年 イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ映画 −
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2009-12-01 21:45

『戦場でワルツを』・・・ ※ネタバレ有
Excerpt: 2008年:イスラエル+ドイツ+フランス+アメリカ合作映画、アリ・フォルマン脚本・監督・製作。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2009-12-01 23:34

戦場でワルツを・・・・・評価額1700円
Excerpt: 「戦場でワルツを」は、イスラエルの映画監督アリ・フォルマンによる、自身の記憶を巡る長編ドキュメンタリーアニメーションという異色作だ...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2009-12-02 23:33

戦場でワルツを(2008イスラエル=独=仏=米/ツイン)
Excerpt: “過去が、語り始める…フランスのセザール賞ほか数々の賞に輝き、第81回アカデミー外国語映画賞にもノミネートされたイスラエル映画” 《イスラエル人のアリ・フォルマン監督が、自らも青年時代にイスラエル軍..
Weblog: ☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆
Tracked: 2009-12-04 14:50

「戦場でワルツを」:西日暮里駅前バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}こんなところに、カラオケスタジオが・・・。 {/kaeru_en4/}俺も一曲歌うかな。 {/hiyo_en2/}何の歌? {/kaeru_en4/}千昌夫の「星影のワルツ」..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2009-12-05 08:42

戦場でワルツを
Excerpt: 映画監督のアリは、ある夜の悪夢をきっかけに、20数年前に従軍したレバノン侵攻の際の記憶が抜け落ちていることに気付きます。かつての戦友たちを訪ね、当時の話を聞きだす中で、徐々に、記憶が浮かび上がってきて..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2009-12-06 09:57

戦場でワルツを
Excerpt: こんな手法があったとは。イスラエルから届いた『戦場でワルツ』を僕らは心理ドキュメンタリー・アニメーションとでも呼べばよいのだろうか。
Weblog: セガール気分で逢いましょう
Tracked: 2009-12-10 00:58

戦場でワルツを
Excerpt: 2006年、アリ・フォルマンは兵役時代の友人と再会し、彼が当時の悪夢に悩まされている事を聞く。それからフォルマンは不思議な夢を見るようになり、19歳の時に参加したレバノン内戦の記憶がほとんどないことに..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2009-12-13 09:04

「戦場でワルツを」
Excerpt:  ババンババンバンバン は〜レバノンノ 1980年代、よくわからない遠い国の戦争
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2009-12-13 19:22

「戦場でワルツを」
Excerpt: 「戦場でワルツを」、観ました。 イスラエル人のアリ・フォルマン監督が、実際に起きた自らの体験をアニメの技法を投入して描いたドキュ...
Weblog: クマの巣
Tracked: 2009-12-14 14:17

戦場でワルツを
Excerpt:  「戦場でワルツを」を銀座のシネスイッチで見ました。  昨年3月のことになりますが、パレスチナ問題関係でドキュメンタリー映画『パレスチナ1948 NAKBA』を見たこともあり、この映画を予告編で知っ..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2009-12-17 07:22

「戦場でワルツを」 恐怖で歪む記憶と事実
Excerpt: ドキュメンタリーでありながら、アニメーションという手法が話題になっているのが、本
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-12-20 05:37

*戦場でワルツを*
Excerpt: {{{   ***STORY*** 2006年のイスラエル。映画監督のアリは、友人のボアズから26匹の犬に追いかけられる悪夢の話を打ち明けられる。若い頃に従軍したレバノン戦争の後遺症だとボアズは言う..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2009-12-23 11:09

戦場でワルツを(2008)
Excerpt:  過去が、語り始めるVALS IM BASHIRWALTZ WITH BASHIR レバノ〜ン♪レバノ〜ン♪ この歌が印象的 これは監督自身の経験を元に製作した自伝的ドキュメンタリー。 ドキュメ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2009-12-26 11:36

「戦場でワルツを」
Excerpt:                             「戦場でワルツを」 シネ・スイッチ銀座にて。 監督・脚本・音楽 アリ・フォルマン イスラエルの映画監督アリ・フォルマンが“アニメーション”で自..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2009-12-29 11:45

戦場でワルツを
Excerpt:    = 『戦場でワルツを』  (2008) = 2006年冬、友人のボアズがアリに対して、毎夜みる悪夢に悩まされていると打ち明けた。 ボアズは、それがレバノン侵攻の後遺症だという。..
Weblog: サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村
Tracked: 2010-01-03 13:04

戦場でワルツを
Excerpt: 久しぶりに旧友と再会したアリは、ある一時期の記憶がないということに気づく。 抜け落ちた過去の記憶を求めて、当時を知る知人たちのもと...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2010-01-10 02:19

「戦場でワルツを」
Excerpt:  (原題:WALTZ WITH BASHIR )前半までは良いが、中盤から腰砕けになる。かつて82年にベイルートに侵攻したイスラエル軍の一員で、今は映像作家の主人公アリが、戦時中に欠落した記憶を取り..
Weblog: 元・副会長のCinema Days
Tracked: 2010-01-20 06:28

戦場でワルツを
Excerpt: うーん、斬新だが・・・。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2010-03-07 20:00

戦場でワルツを
Excerpt: 監督の戦争体験を基に描かれたドキュメンタリー・アニメーションです。 2年前くらいからずっと気になっていた作品がDVD発売の前にギンレイホールで上映されていたので やっぱりスクリーンで観て来ようと覚悟し..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2010-05-02 13:42

【映画】戦場でワルツを…この辺りの歴史を聞いても大川興業のネタぐらいしか出てこない
Excerpt: まずは近況報告。 先週は夜勤だったのですが、お仕事は暇でした…ずっと忙しめだったので少し休めて良かった感じですが。そんな暇な週なのに2011年4月16日(土曜日)は夕方からお仕事。 2011年4月..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2011-04-19 22:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。