2009年08月01日

ダニエル 悪魔の赤ちゃん

ダニエル.jpg

1974年に公開された『悪魔の赤ちゃん』をリメイクしたホラー。

学生のレノアは恋人フランクの子を身ごもり、出産するために大学を休学し、
人里離れたフランクの住む家へと引っ越す。引越した当日、まだ妊娠6ヵ月
目なのに突然産気づき、急遽、郡立病院で帝王切開で出産することに。
しばらく後に、分娩室に病院のスタッフが入るとそこは血の海で医師と
看護婦が惨殺死体で見つかる。麻酔で眠るレノアと生れたばかりの赤ちゃん
だけが無事という不可解な事件が起きる。警察は犯人の目途がまったく立た
ず、レノアが何かを見たのではと期待するが、レノアはショックで何も
覚えていない。そんな中、レノアと赤ちゃんは自宅へと戻る。

悪魔の赤ちゃんというわりに、あんまり赤ちゃんが出てこず、レノアの家に
訪れる警官やレノアの友達が赤ちゃんに殺害されても、赤ちゃんの映像が
ないので、イマイチでチープ。しかもホラー映画なのに全く怖くない。

赤ちゃんの正体に気づきながらも、赤ちゃんを守ろうと赤ちゃんが殺害した
人の死体の後始末とかするレノアの心情はわからないでもないが、その
母親の心情ばっかりに焦点をあてすぎた感がある。



posted by はくじ at 21:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

09-145「ダニエル 悪魔の赤ちゃん」(アメリカ)
Excerpt: この子は食いしん坊なんです  恋人フランクの子を身ごもった大学院生のレノア。ある日、突然の痛みに襲われ、病院に運ばれる。胎児が予想以上の早さで成長していたことから、母胎の安全を考慮して、即座に帝王切..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2009-08-04 00:26

ダニエル/悪魔の赤ちゃん(2008米/AMGエンタテインメント)
Excerpt: “産声は、悪夢への招待状…鬼才ラリー・コーエン監督による74年のカルト・ホラー「悪魔の赤ちゃん」を「ホステル2」のビジュアー・フィリップス主演でリメイク” 《異常な陣痛で病院に運び込まれ、何とか無事..
Weblog: ☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆
Tracked: 2009-08-11 00:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。