2009年07月19日

フリー・ゾーン 明日が見える場所

フリーゾーン.jpg

イスラエルのアモス・ギタイ監督がヨーロッパ製の高級車をイスラエルで
防弾仕様に改造し、ヨルダンのフリー・ゾーンを通じてパレスチナ人が
イラクやアフガニスタンに売っているという実話を知って、男性を女性に
置き換えて制作したロードムービー。
この映画でハンナ・ラズロはカンヌ国際映画祭女優賞を受賞。

ユダヤ人の父を持つアメリカ人のレベッカは、父の祖国イスラエルで婚約者の
母に「ユダヤ人じゃない」と追い出されて行くところがない。
彼女が乗る観光用大型タクシーの運転手ハンナは「家族の大切な用事」で
ヨルダンに行かなくてはいけないと言う。
「どこにでも行くわ」というレベッカをハンナが連れて行くのは隣国ヨルダン
のフリーゾーン(自由交易地区)、そこで二人を待っているのはハンナの夫の
商売相手である亡命パレスチナ人の妻のレイラ。男たちの政治が作った国境や
民族の違いを超えて出会った女たちの珍道中から矛盾だらけの現実が浮かび
上がる。(シネ・ヌーヴォの映画チラシより)

シネ・ヌーヴォで7/18〜31の期間で『アモス・ギタイ監督 日本未公開2作品
上映+1』ということで、『フリーゾーン 明日が見える場所』と『ケドマ
戦禍の起源』、ケドマのメイキングが上映されており、今までイスラエル映画
を観たことなかったので、良い機会だと思い観てきました。

映画が始まっていきなりナタリー・ポートマン演じるレベッカの泣き顔が
5〜6分ぐらいずっと流れ、その間、なんとも意味深な歌詞の歌がずっと
流れます。この長まわしに何なんだと引き込まれてしまいました。

国家同士で戦争してて、ユダヤとアラブと相容れない仲でありながらも、
民間レベルでは生活のためにフリー・ゾーンという緩衝地帯を利用して
たくましく生きているが、心の底では相手を信用しきれないという部分が
レベッカ、ハンナ、レイラの3人の女性の道中からうかがい知れる。

イスラエル生まれのナタリー・ポートマンはこのとき24歳頃でしょうか。
この映画の中ではすごく綺麗で見とれてしまいました。



【関連する記事】
posted by はくじ at 22:26| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画(イスラエル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はくじさん、こんばんは。

以前、間違えてこちらの記事にも『アマルフィ』のTBを送っていたので、
こちらの記事の『アマルフィ』のTBは消しておいて下さい。
お手数をおかけしてしまいスイマセン。m(_ _)m
Posted by BC at 2009年08月21日 20:16
>BCさん
全然気になさらなくてもいいですよ。

冒頭のナタリー・ポートマンの延々と流れる
泣き顔は印象に残りますね。
Posted by はくじ at 2009年08月22日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『フリーゾーン 明日が見える場所』・・・ ※ネタバレ有
Excerpt: 2005年:イスラエル+フランス+ベルギー+スペイン合作映画、アモス・ギタイ監督、ナタリー・ポートマン主演。 ≪DVD観賞≫
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2009-08-21 19:44

「フリー・ゾーン −明日が見える場所−」 DVD
Excerpt: イスラエルの国際的に認知されるアモス・ギタイ監督の2005年の作品。ナタリー・ポートマン主演で、この著名ハリウッド女優の彼女はイスラエル出身との事。主演というより、他の二人の人物の観察者的な役回り。役..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2010-03-09 06:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。