2009年07月11日

劇場版 機動戦士ガンダムV めぐりあい宇宙

ガンダムV.jpg

劇場用作品三部作の完結編。ストーリーの本筋は戦争が終結に至るまでの
過程だが、それよりも新人類“ニュータイプ”の誕生に焦点が当てられている。
キャラクターデザイン及びアニメーション監督=安彦良和、監督=富野喜幸
(現:富野由悠季)。主題歌の「めぐりあい」を井上大輔が歌った。

ホワイトベースはジャブローを発ち、宇宙へと向かった。
地球連邦の大がかりな作戦から、ジオン軍の目をそらす囮任務だった。
途中、敵軍のキャメル艦隊との戦闘で機体を損傷したホワイトベースは、
修理のためにサイド6に入港。そこで、アムロはサイド7で別れて以来会って
いなかった父と再会する。だが、父は酸素欠乏症によって脳に障害を負い、
まるで別人になってしまっていた。同じサイド6で、アムロは、偶然、
ララァ・スンという女性と、ひとりの青年将校に出会う。アムロは彼こそが
シャア・アズナブルに違いないと感じる。
シャアが養護していた女性・ララァは、人類が宇宙に適応したことによって、
より高感度の直感力と洞察力を獲得した新人類“ニュータイプ”であった。
やがて、アムロとララァは戦場で再会するが…。
地球連邦対ジオン軍の戦争が最終局面を迎えるなか、新たな人類が誕生する。
(allcinema ONLINEより)

なんばパークスシネマでのガンダム30周年記念上映の3週目は、
『劇場版 機動戦士ガンダムV めぐりあい宇宙』。
これは名セリフが多くて観ていた楽しかったです。
ギレンの『あえて言おうカスであると』やキシリアの
『意外と兄上も甘いようで』が聞けたので満足。

ラストの井上大輔の『めぐりあい』は名曲。


posted by はくじ at 22:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「機動戦士ガンダムV めぐりあい宇宙編」 あらためてニュータイプを考える
Excerpt: 三週連続の「機動戦士ガンダム」観賞です。 ほんとは新宿ピカデリーで観たかったので
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2009-07-12 05:46

見てしまった・・・。
Excerpt: いい年をして。 夏休みの夜更かし。しかもアニメ、しかも20年以上前の。 きっかけは木曜日の「電車男」のワンシーン。 「マチルダさ〜〜ん」 バックに流れていたBGMも聞き覚えがあった。 ガンダムの..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2009-08-26 12:16

[映画『機動戦士ガンダムIII/めぐりあい宇宙編』を観た]
Excerpt: ☆並み居る新作公開を尻目に、今宵も、<ワーナーマイカル村山>でのリバイバル公開、シリーズ3作目『機動戦士ガンダム? めぐりあい宇宙編』を観た。  大概、最新の「ガンダム」シリーズで目が肥えているはず..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2009-09-13 08:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。