2009年07月08日

小説『鹿鼎記F 故郷再び』

鹿鼎記7.jpg

ロシアの皇女ソフィアとともにモスクワに赴いた韋小宝は、ソフィアを
ロシアに摂政にする策を建策したことでソフィアからロシアの爵位をもらい
北京に帰ってくる。
北京に帰ってきた韋小宝に康煕帝は韋小宝の故郷・揚州へ行く任務を与える。
久し振りに揚州の麗春院で母親と再開する。そこで偶然にもモンゴルの王子・
ガルダンやチベットのラマ僧・サンチェに出くわす。
彼らは雲南の呉三桂とともに清朝を倒す同盟を結んでいたが、韋小宝の舌先
三寸で丸めこまれ、呉三桂を裏切り清朝に忠誠を誓うことになる。

この巻では、『碧血剣』の主人公・袁承志の兄弟子で、『碧血剣』にも登場
する帰辛樹一家や五毒教の教主で袁承志に弟子入りする化へ何タ守が登場
します。
何タ守と帰辛樹一家はおおいに出番があるんですが、帰辛樹一家は
相変わらず自分勝手でうざい。正直あの無様な死に方は彼ららしく良い。

ここで韋小宝は何もかもが康煕帝に筒抜けであったことを知ってピンチを
迎えるんですが、義侠心に厚い韋小宝はなりゆきであったとはいえ師父の
陳近南や天地会の面々を裏切れずに苦悩します。
ここからどう大団円を迎えるのか最終巻が気になります。

『鹿鼎記@ 少年康煕帝』
http://bsorion-darada.seesaa.net/article/111925385.html
『鹿鼎記A 天地会の風雲児』
http://bsorion-darada.seesaa.net/article/112623232.html
『鹿鼎記B 五台山の邂逅』
http://bsorion-darada.seesaa.net/article/114645243.html
『鹿鼎記C 二人の皇太后』
http://bsorion-darada.seesaa.net/article/117464655.html
『鹿鼎記D 経典争奪』
http://bsorion-darada.seesaa.net/article/117464993.html
『鹿鼎記E クレムリンの女帝』
http://bsorion-darada.seesaa.net/article/120518338.html
『鹿鼎記G 栄光の彼方』
http://bsorion-darada.seesaa.net/article/123221757.html



ラベル:金庸
posted by はくじ at 23:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。