2009年02月16日

三国志

三国志.jpg

日本でも広く知られている羅貫中の『三国志演義』をベースに大胆な解釈を
入れ、蜀の五虎大将軍・趙雲子龍を主人公にすえてその生涯を描いた歴史劇。
趙雲をアンディ・ラウが、趙雲と対峙する魏の都督である曹操の孫娘・曹嬰を
マギーQが演じる。

後漢末期、天下平安を願う趙雲は劉備軍に志願参加する。その時、同郷の
平安と親しくなり、兄と慕うようになる。やがて趙雲達のいる砦に曹操の
軍勢が迫ってくるが、孔明の作戦で曹操軍の宿営地を襲い、敵の先鋒の将を
討ち取ることに成功する。趙雲は敵将のトドメを平安に任せ、手柄を全て
平安のものとした。平安はこの手柄で劉備の家族を守る警護隊の隊長となる
が、長坂の戦いで劉備の妻子を見失ってのこのこと戻ってくる失態を犯して
しまい、怒りくるった張飛に殺されそうになるが、趙雲は平安を庇って
張飛や関羽と立ち回りを行う。立ち回りを止めた劉備に趙雲は妻子の救出を
買って出て、敵陣に一人で乗り込んだが夫人達はすでに死亡していたが、
嫡子の阿斗は無事だった。阿斗を背中に背負った趙雲は再び曹操軍の中に
乗り込み無事、劉備の元へ送りとどけることに成功する。このことで趙雲の
名は敵味方に知られるようになる。そんな趙雲に平安は嫉妬にも似た心境に
持ってしまう。

つまんねぇ!
なんてがっかりな作品なんだろう。
レッドクリフの方が何倍も、いや何千倍も面白い。

1月に、この映画のポスターを映画館で観たとき、アンディ・ラウが被って
いる兜がイギリス歩兵の被っているような鉄兜なんで、時代考証が大きく
間違ってるとんでも三国志だろうなぁと思い、観に行く気にはならなかった
んですが、でもアンディ・ラウやマギーQが出てるから、そんなに酷い映画
じゃないだろうと思いなおして観に行くことにしました。
が、そんな風に思いなおした自分が浅はかだった。なんてつまらないんだ。

趙雲の生涯を100分そこそこで描かないといけない制約上、舞台は長坂の戦い
と北伐の部分しか描かれておらず、その間の出来事はさらっと飛ばしている
んですごい薄っぺらい内容になってしまっており残念である。
趙雲という人物を描く上で、降伏してきた桂陽太守・趙範とその兄嫁のエピ
ソードや関羽・張飛の仇打ちで呉を攻めようとする劉備を諌めるエピソード
は必要だと思うんだが、それらがごっそり抜けおちていたのは残念。
趙雲の厳格さや実直さが良くわかるエピソードだけにホント残念。

監督なりの解釈をした趙雲の生涯なんで史実と全然ちがう内容になっていて、
三国志を知らないアンディ・ラウ目当てで観にいった人達には、アンディ・
ラウの魅力がたっぷり詰まった今作は充分大満足できる内容だったと思う。

しかし三国志が好きな自分としては、趙雲の副官であるケ芝が戦死したり、
趙雲と劉備の出会いが、長坂の戦いの時であったりすることに納得できなか
った。

posted by はくじ at 22:48| 大阪 ☁| Comment(9) | TrackBack(16) | 映画(中国/香港) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいどどうもです
やっぱり三国志に思いいれが有ると厳しいですね
途中の善い所がすっぽり抜けてるのは知ってましたが、流石に呆れてしまいました
それでもアンディーの古装アクションとしては墨攻なんかより全然良かったです。
Posted by くまんちゅう at 2009年02月17日 18:38
こんばんは。
100%賛同します。
最悪です。三国志演義に対する冒涜です。
曹嬰とかいう女性キャラと互角に戦わされている趙雲なんて見たくないし、そもそもそれは趙雲を貶めてます。
こんなでたらめな作品で“完全映画化”をうたうのは悪質ですらあると思いました。
Posted by KLY at 2009年02月18日 23:45
>くまんちゅうさん
コメントどうもです。
アンディは最高でした。これで主演がアンディじゃなかったら目もあてられないとこでした。

>KLYさん
TB、コメントどうもです。
ほんと三国志じゃなかったですね。
二国志でした。いや、志というほど、描いてないです。
三国志ってタイトルつけた人に何をもって完全映画化なのかを小一時間ほど問い詰めたいです。
Posted by はくじ at 2009年02月19日 02:17
こんにちは♪

あまり三国志には詳しくは無いんですが、
おっしゃる通り趙雲のキャラがヨカッタ
だけに、彼の人生の中盤のエピが大幅に
削られていたあたりにもの凄く中途半端
なものを感じちゃいました。
でもまぁ、尊敬するサモ・ハンとお気に
入りのマギーQを拝めたことだけは満足
でした♪ (゚▽゚)v
Posted by 風情♪ at 2009年02月19日 15:49
>風情♪さん
コメントどうもです。
そうですよね。もっと趙雲を魅力的に
描けたと思うんですよ。
サモ・ハンのアクションがなかったのが
残念です。
Posted by はくじ at 2009年02月20日 21:43
はくじさん、こんばんは。
『フェイクシティ〜』と『三国志』のトラックバックありがとうございました。(*^-^*

『三国志』は時の経過が唐突すぎるとは思っていたのですが
やはり史実の重要なエピソードが描かれていなかったのですね。

アンディ・ラウをはじめ出演者達は好演していただけに
脚本をもっと練ってほしかった気もしました。
Posted by BC at 2009年02月23日 03:05
>BCさん
TBありがとうございます。
アンディ・ラウの演技は素晴らしかっただけに
脚本の悪いところが余計目立った感じです。
もう少し丁寧に作ってほしかったと思います。
Posted by はくじ at 2009年02月25日 23:54
どうもです。
「レッドクリフ」のノリで、これ見に行ったら、ずっこけるでしょうね〜。
わたくし、腕に「アンディ様命」と刺青がありますので(嘘です!)、大満足でした。
これほど、たっぷり、ほぼ全編アンディ様を見詰めることができて、昇天寸前でした。でへ。
最後の(あれも創作ですよね)馬で絶望的に駆けていくあたりなんぞ、もう涙でぐちょぐちょになってましたわ。ここ、ほんとです。
これほど、アンディ様を堪能できたのは、「イノセント・ワールド」以来ですかね〜。
ごちそうさまでした。

内容は・・・・この際どうでもいいです。
って、そうじゃあだめだべ。
Posted by sakurai at 2009年05月23日 20:41
>sakuraiさん
コメントありがとうございます。

内容に関してはどうしようもないですが、
アンディ・ラウの魅力はたっぷりでしたね。
Posted by はくじ at 2009年05月24日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三国志
Excerpt:  中国  歴史劇&アクション&ドラマ  監督:ダニエル・リー  出演:アンディ・ラウ      マギー・Q      サモ・ハン      ヴァネス・ウー 【物語】  戦乱の中国..
Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
Tracked: 2009-02-17 09:34

三国志/THREE KINGDOMS
Excerpt: 主演は『インファナル・アフェア』、『墨攻』のアンディ・ラウ。共演のマギー・Qとサモ・ハンは今回はオリジナルキャラクターで出演。実は試写会を観た方から、三國志演義のファンはちょっと・・・と言葉を濁された..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2009-02-19 00:04

三国志
Excerpt: 蜀の君主・劉備に仕えていた貧しい平民の趙雲は、西暦208年、“長坂の戦い”で魏の将軍・曹操から剣を奪い、幼い劉備の嫡子を救出した功績で出世し、その後“無敵の将軍”と異名をとるほどに活躍した。 名誉ある..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-02-19 17:30

「三国志」
Excerpt: 「三国志」TOHOシネマズ シャンテで鑑賞 作り手が違うと同じ題材でもこんなにも違うものなのか…。 こちらの作品、とにかく闘っているシーンが多いです。 レッド・クリフに比べれば色使いも地味だ..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2009-02-20 20:24

三国志
Excerpt: 三つの国が入り乱れる戦乱の中国。劉備軍に参加していた平民の青年・趙子龍は、劉備の幼い息子を救出したことで英雄として賞賛される。その後も数々の戦に勝利し、将軍にまで上り詰めた子龍は、尊敬の念を込めて趙雲..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2009-02-21 21:46

□『三国志』□ ※ネタバレ少々
Excerpt: 2008年:中国映画、ダニエル・リー監督、アンディ・ラウ主演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2009-02-23 03:03

三国志(2008韓国=香港=中国)
Excerpt: “国に全てを捧げた英雄の、愛と感動の物語” 今日は火曜日なので大和経由で大森でお姑さまの様子見してから有楽町に向かいました[徒歩] これは先週の土曜日から公開で、ほんとは初日に観たかったんですが満..
Weblog: ☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆
Tracked: 2009-02-28 17:49

09-45「三国志」(中国)
Excerpt: 天下統一の夢のため  戦乱の中国。貧しい家に生まれた趙雲は、祖国統一の夢を抱き、同じ志を持つ平安と共に“蜀”の君主・劉備に仕えていた。  ある時、軍師・孔明の助言で曹操の基地に襲撃をかけた際には、..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2009-03-05 00:48

三国志 【巡る日々 こうして歴史は 繰り返す】
Excerpt: 『三国志』 Three Kingdoms Resurrection of the Dragon 2008年・中国=韓国=香港 三国志演義を基に描かれた趙雲子龍(蜀―劉備軍)の半生。  うん、..
Weblog: 猫の毛玉 映画館
Tracked: 2009-03-15 09:22

三国志 三国之見龍卸甲
Excerpt: 劉徳華(アンディ・ラウ)、若い頃はかっこよかったけど、老け顔はイマイチだったなー。「レッド・クリフ」が赤壁の戦いに焦点を当てているならば、こちらの三国志は趙雲子龍の物語。しかも趙雲の若い頃から劉備の息..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2009-03-15 22:50

三国志
Excerpt: 約600年前に書かれた半史実小説「三国志演義」に基づき、平民ながら武勲によって英雄となった趙雲の壮絶な生涯と、彼を取り巻く乱世を描く歴史大作! 物語:戦乱の中国――。絶え間ない争いによって国家..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2009-04-09 00:42

三国志
Excerpt: ・・・・昇天しそうになりました。。。。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2009-05-23 20:35

映画 【三国志】
Excerpt: 映画館にて「三国志」 「三国志演義」を基に蜀の武将、趙雲を主人公にすえて描いた歴史活劇。 おはなし:劉、呉、蜀の三国がしのぎを削る中国。夢を抱き劉備軍に参加した趙雲(アンディ・ラウ)は、同郷の武士..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2009-07-06 23:22

三国志
Excerpt: 三国志スキーなので。蜀の趙雲を主役にアンディ・ラウさんが演じています。展開がか〜〜なり早いのは仕方ないのかな。 …が、冒頭から「は??」の連続。タイトルが三国志とはいえ、三国志後期が一応はメイン..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2009-07-25 01:04

三国志
Excerpt: 『三国志』 乱世に生きた伝説の男・趙雲 “無敗の将軍”が挑む、最期の戦い。 【出演】 アンディ・ラウ、サモ・ハン、 マギー・Q、ヴァ...
Weblog: Recommend Movies
Tracked: 2009-09-13 10:23

三国志 : 子龍はこれ一身肝なり
Excerpt:  今の中国共産党の偉い人たちは、何だかおかしな人ばかり。でも、昔の中国には本日紹介する映画の主人公のように”義”と”正義”に生きた人もいました。 【題名】 三国志
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-04-12 21:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。