2009年01月12日

禅 ZEN

zen.jpg

日本曹洞宗の開祖であり、永平寺を開いた鎌倉時代の禅僧・道元の生涯を
描いた伝記ドラマ。

鎌倉時代、仏道を求めて宋国に留学した道元。しかし会う高僧はみな世俗に
まみれており失望する道元だったが、やがて天童山の如浄禅師に出会い、
禅師のもとで修業を積む。やがて修行のはてに悟りを開いた道元は帰国し
日本での禅宗の普及に励む。

この映画は若い世代は見ないだろうなと思いつつ映画館に上映30分前に
行ったら、席が残り少なく最前列の見づらい席しかとれませんでした。
客層はもののみごとに高齢者ばっかり。30代なんて私ぐらいしか見当たり
ませんでした。
映画事態は結構丁寧な内容でした。
宋では現地人との会話はちゃんと中国語で会話していたのには感動しました。
邦画って全部日本語でやっちゃったりしてゲンナリすることもあったので、
キチンと中国語でセリフを言うてるのにはほんと感心しました。

2時間で禅とは、禅宗とは何ぞやって伝えるのは無理な話で、これを
きっかりに禅宗に興味が持てればいいんじゃないでしょうか。

内田有紀の尼僧姿に萌えてしまう私には悟りを開くことなんて
到底無理でしょう。



posted by はくじ at 19:40| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(19) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

>内田有紀の尼僧姿に萌えてしまう私には悟りを開くことなんて
>到底無理でしょう。

なんか正直ですね〜。
笑ってしまいましたw
勘太郎さんはよかったですね。
Posted by rose_chocolat at 2009年01月12日 20:01
>rose_chocolatさん
コメントありがとうございます。
ほんと煩悩のかたまりです。
いろんな女優さんを見ては萌えてるので
とても悟りや解脱の境地には・・・。

中村勘太郎さんの演技は歌舞伎で下地がしっかりしているからか、安定感がありました。
Posted by はくじ at 2009年01月12日 21:26
真面目な映画でしたね〜、つくづく。
途中ZZZZになりそうになったとき「眠りも煩悩・・」といわれ、そりゃないよ、と思いましたわ。
私が行ったときも、40代の私が最年少か!と思うくらいでしたが、あとで若いカップルが入ってきて、少しほっとしました。
お寺の方から動員かけたみたいですね。
Posted by sakurai at 2009年01月20日 08:12
>sakuraiさん
コメントありがとうございます。
お寺が動員かけていたんですか。
それであの混み具合は納得です。
でも信者さんならあの程度はもう
知識として知っているんでしょうね。
Posted by はくじ at 2009年01月20日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『禅 ZEN』 (2009)/日本
Excerpt: 監督:高橋伴明原作:大谷哲夫出演:中村勘太郎、内田有紀、藤原竜也、村上淳、哀川翔、勝村政信、笹野高史、西村雅彦、高橋惠子試写会場 : フジテレビ マルチメディアシアター[2009年1月10日公開]公式..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2009-01-12 19:59

禅 ZEN
Excerpt: 曹洞宗の開祖・道元の一生を描いた作品。主演は本作が映画初主演となる中村勘太郎、更に道元を支える3人の僧・寂円をテイ龍進、俊了を高良健吾、懐奘を村上淳が演じている。中村勘太郎は言うまでもないが、弟子役3..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2009-01-12 20:45

『禅 ZEN』
Excerpt: -----あらら、まさか連休中にこの映画を選ぶとは。 これはちょっと意外だニャあ。 「うん。普通だったら後回しにしそうなところだよね。 でもいくつかの偶然が重なって、 この映画にしたんだ」 ----そ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2009-01-13 00:49

禅 ZEN
Excerpt: 750年前の鎌倉時代、大宋国に渡って正師と真実の教えに巡り合った道元は日本に戻り、困窮する人々や戦で滅ぼされた怨霊におびえる時の権力者の苦悩を、自らもひとつになって受けとめていった。 彼によって導かれ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-01-13 07:21

2009-09『禅 ZEN』を鑑賞しました。
Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 2009-09『禅 ZEN』(更新:2009/01/12) * 評価:★★★★☆ 一ヶ月フリーパス..
Weblog: はっしぃの映画三昧!
Tracked: 2009-01-14 22:01

禅 ZEN
Excerpt: 春は花 夏ほととぎす 秋は月冬雪さえて すずしかりけり
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2009-01-16 00:24

「禅 ZEN」現実を見つめ受け入れる事で悟る道元の教え
Excerpt: 10日公開の映画「禅 ZEN」を鑑賞した。この映画は1220年頃の鎌倉幕府時代に永平道元が宋(現在の中国)から正伝の仏法を会得し帰国後に新仏法を広めた日本曹洞宗の開祖の生涯を描いたストーリーである。今..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2009-01-18 13:19

禅 ZEN
Excerpt: 仏教が日本に伝来したのは6世紀半ば(代表的な552年、538年以外にも諸説ある)であるが、筆者の持論として民衆にこの教えが啓蒙され信仰・支持されたのはやはり鎌倉仏教の影響が大きい。無論、奈良時代に..
Weblog: 利用価値のない日々の雑学
Tracked: 2009-01-18 15:03

禅 ZEN
Excerpt: 小浜饅頭もいいけど、やっぱり“すりこぎ饅頭”。今年は福井県がアツい!
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2009-01-18 20:38

禅 ZEN
Excerpt: 堅物のイメージがぴったり
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2009-01-20 08:08

禅 ZEN
Excerpt: ■ストーリー■「只管打坐(しかんたざ)」の考えに目覚め、大宋国での修行より帰国した道元禅師(中村勘太郎)。勢力入り乱れる鎌倉時代、道元は禅の教えを広めようとしていた。困窮する人々にも権力者にもわけ隔て..
Weblog: 映画君の毎日
Tracked: 2009-01-22 20:11

映画『禅 ZEN』公開の日に当たって
Excerpt: 今日から、道元禅師の映画『禅 ZEN』が公開されます。それに因んで一言申し上げます。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2009-01-22 23:30

「禅 ZEN」自分と深く静かに対面することは難しい
Excerpt: 「禅 ZEN」★★★ 中村勘太郎 出演 高橋伴明 監督、2008年、128分 「観客の年齢層がいつもと違う劇場で、 ひたすら座り続けることで、 ”さとり”を見出そうとする ひ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-01-24 10:51

「禅 ZEN」
Excerpt:  日本曹洞宗の開祖、道元の生涯を映画化した伝記映画。 こんな映画誰が観るんだよ?
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2009-02-08 09:10

u ZEN(2008)
Excerpt: “喜びも苦しみも涙も、あるがままに…元禅師の清冽な生涯をおくった道元禅師の知られざる物語が、750年の時を超え、今、甦る!” というわけで先に銀座シネパトスで「ノン子36歳 (家事手伝い)」を観終わ..
Weblog: ☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆
Tracked: 2009-02-11 07:31

『禅-ZEN-』@TOHOシネマズ川崎
Excerpt: 紹介遅れましたがTOHOフリーパスポートで無料鑑賞。歌舞伎俳優の中村勘太郎主演の「禅ZEN」。徐々に上映館が拡大してますね^^(C)2009「禅ZEN」製作委員会監督・脚本:高橋伴明原作:大谷哲夫出演..
Weblog: たーくん'sシネマカフェ
Tracked: 2009-03-10 12:40

禅 ZEN
Excerpt: 鎌倉時代の僧、道元禅師の生涯を描いたドラマです。 一人の僧が悟りをひらき、それを広めていく姿は、激動の人生の中にあっても 静かで力強く感じられました。 幼くして母を亡くした道元(中村勘太郎)は、青年..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2009-03-16 12:45

禅 ZEN
Excerpt: この世こそが浄土でありたい、なぜこの世から苦しみがなくならないのか、そなたがその答えを見つけてほしい。その母の願いを胸に問いを続ける僧・道元の物語です。 彼は日本の曹洞宗の開祖ですね。作品にもで..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2009-07-09 19:34

禅 ZEN : 歴史好きの方におすすめ!
Excerpt:  京都府警中京署の30歳代の男性巡査部長が、酔っ払って「接客態度気に入らない」と店員に警察手帳提示したなんて…。しかも、手帳を店員にとられて110番通報されるなんて…。こん
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-01-09 10:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。