2008年11月13日

フロンティア

frontiers_1_1b.jpg
ナチス狂信者達に仲間が次々と殺害されるサバイバル・スリラー。
フランスからオランダへ国外逃亡しようとした若者4人が、国境に近い
村の宿屋で惨劇に巻き込まれる様を描く。

極右勢力が台頭しつつあるフランスで暴動が頻発する。移民系である
若者達は、強盗を働いて、その金でオランダへ逃亡を企てるが、
アレックスと恋人のヤスミンは負傷したヤスミンの兄を病院へ連れて
いくため、仲間達と別れる。その後、遅れて仲間達に合流しようと
するアレックスとヤスミンは仲間から連絡のあった宿屋にたどり着くが
その宿屋にいる住人はナチス狂信者で、先に到着していた仲間達を
殺害していた。そして二人も捕らえられ豚小屋に監禁される。

いやぁグロかったです。
ストーリーは訪れた村や宿が殺人鬼の巣窟で仲間が殺されていくっていう
王道な展開。ですが、後半、ショットガンぶっ放すわ、ガス大爆発で、
ヤスミンがランボーばりの活躍で相手を倒していくわで、がらりと
作品の雰囲気が変わってしまい、なんだかな〜な展開に。
後、宿の人間達がナチス狂信者ってのもなんだかな〜。
ベタにカルト宗教信者とか悪魔崇拝者の方が恐さが出ると思うのに。
個人的に微妙な映画でした。



posted by はくじ at 00:30| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。TBありがとうございます。

後半の展開は正にハイ・テンションで、
結構好きでした。
まあ設定としてはよくあるものですけどね。

http://cinechan.at.webry.info/200809/article_25.html
Posted by CINECHAN at 2008年11月15日 13:26
>CINECHANさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

私はもっとホラーな映画だと期待していたので、
後半はなんだかなぁ〜って思いましたが、
面白いことは面白かったですよ。
Posted by はくじ at 2008年11月16日 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

フロンティア
Excerpt: パリでは大統領選挙で極右勢力が優勢となり、各地で暴動が発生して大混乱に陥っていた。 移民の家庭の少女ヤスミンは仲間と海外へ脱出するための資金を得ようと強盗を計画するも失敗。 2組に分かれて国境近くの小..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2008-11-17 23:51

フロンティア
Excerpt: 原題:FRONTIER(S)公開:2008/09/13製作国・年度:フランス/スイス、2007年 R-18上映時間:108分レンタル開始日:2009-02-06監督:ザヴィエ・ジャン出演:カリーナ・テ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2009-02-19 11:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。