2008年11月02日

まぼろしの邪馬台国

昭和40年代の日本に邪馬台国ブームを巻き起こした全盲の文学者・
宮崎康平と彼の目となり彼を支え続けた妻・和子の夫婦を描いたドラマ。

NHK福岡で勤務していた和子はひょんなことから島原鉄道の社長であり
郷土史家の宮崎康平と出会う。和子は康平の勧めにより、島原で康平の
始めた観光バス事業に参加することになる。観光バス事業は徐々に客が
増え、島原の経済が活況を呈していく。しかし島原が集中豪雨に見舞われた
時、その復旧作業で次々と土器が発掘され、康平は復旧作業そっちのけで
発掘に夢中になる。そのことで島鉄の役員たちから康平は社長の任を
解かれてしまうことになる。

宮崎康平と和子のことを描いた映画だと知らず、タイトルから邪馬台国の
謎や位置を推理していく内容なんかなと思って観に行ったが、これは
監督が吉永小百合を主演に映画を撮りたかっただけの映画だったような
気がします。
個人的にはつまんない映画でした。脚本ダメダメ。
最初の和子の少女時代。あれは全くいらない。
康平と和子が九州各地を歩いて邪馬台国や魏志倭人伝に載っている国々の
位置を特定するんだが、歩いてるシーンや風光明媚な場所で二人の姿を
写しているだけで、なぜそこが奴国や不弥国なのかって説明がないので、
ここが邪馬台国やって言われても全然納得できない。



posted by はくじ at 07:25| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(18) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。コメントありがとうございました。

邪馬台国を紐解く物語と考えると、確かにおかしな部分が多く出てきますね。僕は宮崎夫婦の半生を描く映画として観たので、結構楽しく観る事が出来ました。でも、最初の和子のシーンは苦しかったですね。場面の必要性よりも、吉永小百合の若作りが(苦笑)。
Posted by えめきん at 2008年11月10日 07:29
>えめきんさん
コメントありがとうございます。

この映画のポスターの吉永小百合、
すごい修正がはいってますね。
そこまでせんでもって思いましたが。
Posted by はくじ at 2008年11月10日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「まぼろしの邪馬台国」
Excerpt:  吉永小百合は、ある世代にとっては女神であり、日本映画に貢献してきたことは重々承
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2008-11-03 09:41

映画「まぼろしの邪馬台国」(2008年、日)
Excerpt:     ★★★★☆  邪馬台国探しに生涯をかけた男と それを支える妻の愛の物語。      ◇  九州・島原。 父親から鉄道事業を受け継いだ 宮崎康平(竹中直人)はワンマン経営者だ。 そのため妻明子(..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2008-11-03 20:00

『まぼろしの邪馬台国』 (2008)
Excerpt:  堤幸彦監督の吉永小百合主演作品、『まぼろしの邪馬台国』の著者夫婦の物語。  冒頭は、郷土史研究家にして島原鉄道の社長(?)である宮崎康平と、吉永小百合演じる和子との出会いを描いている。設定とし..
Weblog: よーじっくのここちいい場所
Tracked: 2008-11-03 22:40

まぼろしの邪馬台国
Excerpt: 昭和31年、盲目の長崎郷土史家・宮崎康平は、一方では島原鉄道の破天荒なワンマン社長。 集中豪雨の復旧工事の最中でも発掘作業に励み周囲をあきれさせる。 島原観光のバスガイド教育係として招かれた和子は、そ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2008-11-04 17:43

まぼろしの邪馬台国
Excerpt: 吉永小百合がふと手に取る「三国志」。飛び立つ白い鳩・・・『レッド・クリフ』を早く観たくなってきた。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-11-05 02:58

まぼろしの邪馬台国
Excerpt: ストーリー//昭和32年、災害の際に土器の破片を見つけたのを機に、邪馬台国の探求を始めた目の不自由な康平(竹中直人)。そんな夫に妻の和子(吉永小百合)は魏志倭人伝、日本書紀、古事記などを繰り返し読み聞..
Weblog: 映画君の毎日
Tracked: 2008-11-06 20:07

まぼろしの邪馬台国/劇場鑑賞券
Excerpt: 本日届いたのは、全盲の郷土史研究家・宮崎康平原作の著書を映画化した「まぼろしの邪馬台国」の劇場鑑賞券。 これ、今気づいたんだけど、監督が大好きな堤幸彦じゃないですか! 邪馬台国自体は非常に興味の..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2008-11-08 00:39

映画「まぼろしの邪馬台国」
Excerpt: 『魏志倭人伝』から始まる〜倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島に依りて國邑をなす。旧百余國。漢の時朝見する者あり、今、使訳通ずる所三十國〜 邪馬台国所在地論争と言っても、"..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2008-11-08 17:42

まぼろしの邪馬台国
Excerpt: 昭和中期。島原で鉄道会社を経営していた宮崎康平は、ラジオ出演の際に司会を務めた女性・和子に惚れ込み、彼女をバスガイド教育員として会社に招く。バス観光は成功したが、会社運営よりも遺跡発掘に力を入れる..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2008-11-09 07:17

【まぼろしの邪馬台国】
Excerpt: 監督:堤幸彦 出演:吉永小百合、竹中直人、窪塚洋介、風間トオル、余貴美子 「和子はラジオの収録の仕事で、目の不自由な康平と出会った。その後職を失い康平の元を訪ねたのがきっかけとなり彼の後妻とな..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2008-11-13 18:53

まぼろしの 探偵たちに 道ありき
Excerpt:  久しぶりの劇場鑑賞は「まぼろしの邪馬台国」。これ、前に劇場予告で、あるワンシーンがお気に入り、それで「観よ」と思っていた。目の見えない宮崎康平(竹中直人)が畦道を突っ走りながら道をそれて脇へ転がるシ..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2008-11-15 13:31

まぼろしの邪馬台国(2008)
Excerpt: “二人の旅がやがて日本中に旋風を巻き起こす…日本史最大の謎に挑んだ昭和の奇人・宮崎康平と彼の情熱を信じた妻・和子。二人が最後に見つけたものは…第一回吉川英治文化賞受賞作、遂に映画化” 今日はいつもの..
Weblog: ☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆
Tracked: 2008-11-16 11:59

映画「おぼろしの邪馬台国」を鑑賞
Excerpt:  「まぼろしの邪馬台国」@TOHOシネマズ川崎 プレミアスクリーン この日は毎月14日のTOHOシネマズデイで入場料金は1000円での上映だ。客入りは20数名位。 映画の話 昭和32年、災害の際に土器..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2008-11-16 13:08

「まぼろしの邪馬台国」
Excerpt:  観て参りました! 吉永小百合さん、綺麗ですね。竹中さんと並ぶとよけいに・・いや・・失敬(笑)  NHK福岡でラジオの声優をしていた和子(吉永小百合)は、ある日のゲストに 来た、島原鉄道社長、宮..
Weblog: まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!
Tracked: 2008-11-25 16:00

[映画『まぼろしの邪馬台国』を観た]
Excerpt: ☆昨日、残業に次ぐ残業で、終了したのが本日の午前3時^^;  でも、本日の休日はちゃんと満喫しようと、映画館に向かう。  あまり乗り気でなかった鑑賞だが、とても面白かった。  なにぶん睡眠時間が..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2008-12-02 20:43

まぼろしの邪馬台国
Excerpt: ★★★★ 竹中直人がとてもよかった。 子守唄の歌い方にシビれた。 俺について来いタイプの男っていいなー。ふたりでひとつの夢を追いかける数十年…素敵だ。
Weblog: 映画初日鑑賞妻
Tracked: 2008-12-04 08:48

「まぼろしの邪馬台国」
Excerpt: 「まぼろしの邪馬台国」、私もン十年前に読みましたが、こういう方が書いていたとは
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2009-08-13 16:45

mini review 09378「まぼろしの邪馬台国」★★☆☆☆☆☆☆☆☆
Excerpt: 昭和40年代の日本に邪馬台国ブームをもたらした目の不自由な文学者・宮崎康平と、彼を支え続けた妻・和子のきずなを描く感動ドラマ。監督は『明日の記憶』の堤幸彦。邪馬台国を探し出すことに執念を燃やす一方、と..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2009-08-16 14:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。