2008年11月01日

ブタがいた教室

大阪の小学校で実際に行われた実践教育の授業を映画化。
自分達で1年間育てたブタを自分達で食べるという実践教育を
取り入れた新任教師と26人の生徒たちの1年間を描く。

6年2組の担任になった新任教師の星先生は、食べることを前提に
子ブタを飼うことを生徒達に提案する。校長先生の許可もでて、
卒業するまで生徒達が子ブタの世話をすることになり、生徒達は
子ブタにPちゃんと名前を付けて可愛がる。

いい映画でした。
子供達がPちゃんをどうするかを議論するシーンは、良かった。
泣いたり怒ったり、屁理屈こねたり、売り言葉に買い言葉と子供達の
議論は熱がこもっていて、命や生きるために他の命を奪うことなど
こちらも考えさせられる内容でした。

個人的にはこういう授業はアリだと思います。
自分が他の生命の犠牲の上になりたっているってことを知るには
いい機会だと思います。
切り身やスライスされた魚や肉ではそこまで実感できないでしょうから。

しかしあのラストはどうなんだろ。
ちゃんと豚肉になったPちゃんを生徒達が食べるとこまで描く
べきだと思うんだが。

posted by はくじ at 17:51| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(31) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。コメントありがとうございました。

私は学生時代にディベートの授業を一度も受けたことがなかったのですが、こういう授業って本当に羨ましく思います。
大人になるとどうしても理屈やら揚げ足取りばかりになりますが、子供の討論って感情むき出しなのがいいですよね。
Posted by にゃむばなな at 2008年11月02日 22:00
>にゃむばななさん
コメントありがとうございます。
私もこういう授業受けたかったです。

政治家の中には感情むき出しで討論する輩がいたり、すぐに憲法9条に結びつけたりする馬鹿な政治家がいたりしますが、彼らよりもこの映画の子供たちのほうがよっぽど良い討論してます。
Posted by はくじ at 2008年11月03日 18:40
はじめまして、mori2(もりもり)と申します。
マイブログご訪問&コメントありがとうございました。
まあ、とにかく色んなこと考えさせられる映画でしたね。日々何てことなく豚肉食べてる自分が、
何か浅ましく思えてきました。
こういう授業もアリだとは思いますが、
教育って、なかなか一筋縄ではイカンもんですね〜。

ところで、マイブログにリンクを貼らせていただきました。今後ともよろしくです。
Posted by mori2 at 2008年11月04日 21:30
>mori2さん
コメントならびにリンクありがとございます。
こちらからもリンク貼らせていただきました。

ほんとに考えさせられる映画でした。
自分自身の今までの食生活に反省することしきりです。
Posted by はくじ at 2008年11月05日 01:42
こんばんは。
こちらもお邪魔します。

いやぁ、受け取り方が間違っているかもしれませんが、子どもたちがPちゃんをどうする、と討論しているシーンはまるで陪審員が被告人を裁くようで、サスペンスな感じがしました。
陪審員よりも、命についてよく考えていたかもしれませんね。

http://cinechan.at.webry.info/200811/article_19.html
Posted by CINECHAN at 2008年11月16日 22:45
こんにちは(^^♪
子供たちの議論は、自由にやってもらったらしいですね。
「先生、命の長さってどうやってきめるんですか?」
まいったなぁ・・。おじさん涙ぐんじゃったですよ。いい映画でしたね・・。
Posted by ひきばっち at 2008年11月17日 12:15
>CINECHANさん
コメントどうもです。
子供たちの真剣な表情がすごく良かったですね。
彼らなりに命を真剣に考えてる様子がひしひしと伝わってきました。

>ひきばっちさん
コメントありがとうございます。
>>子供たちの議論は、自由にやってもらったらしいですね。
結果、子供たちの真摯な気持ちがこっちによく伝わって来てよかったです。
Posted by はくじ at 2008年11月17日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108918017

この記事へのトラックバック

ブタがいた教室
Excerpt: 無難にしめたラスト 【Story】 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラ...
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2008-11-01 18:41

「ブタがいた教室」(試写会)みた。
Excerpt: 「6年2組で子ブタ飼って育てましょう。そして大きくなったら食べます。」星先生によって教室に連れてこられた子ブタは無垢でどこまでも愛くるしい。子供たちも無邪気に「面白そう!」と星先生の提案に賛同。クラス..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2008-11-01 18:55

『ブタがいた教室』
Excerpt: 自分たちで飼育したブタを食べるか、食べないか。私はこの映画を見る前から「食べる」派でしたし、映画を見終わってもその意見がブレることは一切ありませんでした。なぜならかつて犬を飼っていた私には犬であろうと..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2008-11-01 21:41

映画「ブタがいた教室」をyahoo!ムービーレビュアー試写会...
Excerpt:  14日「ブタがいた教室」@シネマート銀座試写室 今回はYahoo!ムービーレビュアーを招いた試写会で客席はほぼ満席だ。 映画の話 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べること..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2008-11-01 23:44

映画『ブタがいた教室』(お薦め度★★★★)
Excerpt: 監督、前田哲。脚本、小林弘利。原案、黒田恭史。2008年日本。人間ドラマ映画。出
Weblog: erabu
Tracked: 2008-11-02 06:47

「ブタがいた教室」ある意味、今年1番の問題作。
Excerpt:  ある小学校で行なわれた“実践教育”の実話をベースにした映画化。「ブタがいた教室」(日活)。う〜ん、こんな映画やったンや。いやあ、こりゃあ色々考えさせられますな〜。  4月。新任の星先生(妻..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2008-11-02 21:42

ブタがいた教室
Excerpt: 新米教師の星と6年2組の子どもたちは「大きくなったらみんなで食べる」約束で子ブタを飼い始める。 「Pちゃん」と名づけ毎日世話をするうちに愛情は膨らみ、「かわいそうでとても食べられない」という声が増えて..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2008-11-04 09:09

ブタがいた教室
Excerpt: “いのち”の長さは 誰が決めるの? 製作年度 2008年 上映時間 109分 原作 黒田恭史 『豚のPちゃんと32人の小学生』(ミネルヴァ書房刊) 監督 前田哲 音楽 吉岡聖治 出演 妻夫木聡/大杉..
Weblog: to Heart
Tracked: 2008-11-06 00:12

ブタがいた教室
Excerpt: 妻夫木聡が赴任先の小学校に、 ブタを連れてくる新任先生役。 許可を与える校長先生が原田美枝子。 他には大杉漣、田畑智子らが共演。 「卒業までの1年間ブタを飼って、 大きくなったら食べたいと思い..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2008-11-06 10:11

『ブタがいた教室』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ブタがいた教室」□監督 前田哲 □脚本 小林弘利 □キャスト 妻夫木 聡、大杉 漣、田畑智子、池田成志、原田美枝子、ピエール瀧、戸田菜穂、伊藤奈月、大和田結衣■鑑賞日 11..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-11-07 17:17

ブタがいた教室(映画館)
Excerpt: 本当に食べるの?
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2008-11-09 13:20

ブタがいた教室
Excerpt: 映画「ブタがいた教室」を観てきました!! この映画は正直言って、ノーマークだったんですよ。 でもいろんなところで、なかなかいいって話しを聞いて、「これはぜひ観に行かなければ!」と思ったわけです..
Weblog: Thanksgiving Day
Tracked: 2008-11-11 00:19

ブタがいた教室
Excerpt: 期待値: 85% TVドキュメンタリーの映画化 出演:妻夫木 聡、大杉 漣、田畑智子、池田成志、原田
Weblog: 週末映画!
Tracked: 2008-11-11 06:45

【映画】ブタがいた教室
Excerpt: ▼動機 絶対的使命感 ▼感想 お見事。参りました。 ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2008-11-12 07:08

ブタがいた教室
Excerpt: 11月12日(水) 20:50〜 チネ5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円(未購入) 『ブタがいた教室』公式サイト 豚を飼育し、食べる。 大阪の小学校での実話。飼った動物..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2008-11-13 21:31

「ブタがいた教室」:東小松川小学校前バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}きょうは、ここでそばかうどんにしておく? {/kaeru_en4/}いや、ポークカレーとかポークジンジャーとかポークカツレツとかないのかな? {/hiyo_en2/}なに、そ..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2008-11-14 22:37

ブタがいた教室◎“いのち”と向き合うことの大事さを・・・・。
Excerpt: “いのち”の長さは誰が決めるの? 妻夫木聡×26人の子どもたちが考える“いのち”について。 この作品を観てが〜んと一発パンチをくらった気がします。それだけ大事な問題定義を与えてくれた作品でした。生..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-11-15 01:33

「ブタがいた教室」
Excerpt:  っつうても、太った子供がクラスにいるというわけではない。 子ブタを自分たちで飼
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2008-11-16 02:14

「ブタがいた教室」
Excerpt:  6年2組を担任することになった星先生(妻夫木聡)が、子ブタを連れてやってきた!! 当然のようにざわつく教室・・。 「え〜、こらからこの組で、食べるためにブタを飼おうと思います。」  子供たちは、先..
Weblog: まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!
Tracked: 2008-11-17 12:36

「ブタがいた教室」
Excerpt:  っつうても、太った子供がクラスにいるというわけではない。 子ブタを自分たちで飼
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2008-11-25 00:57

『ブタがいた教室』@シネリーブル池袋
Excerpt: (C)2008「ブタがいた教室」製作委員会 「卒業までの1年間でブタを飼育し、最後にはみんなで食べたいと思います」─新任の星先生の提案に6年2組は騒然となる。校庭の片隅に小屋を作り、掃除、エサやリな..
Weblog: 映画な日々。読書な日々。
Tracked: 2008-12-01 17:43

ブタがいた教室
Excerpt: 今日は、東京国際映画祭でコンペティション部門観客賞と「TOYOTA Earth Grand prix」審査員賞を受賞した「ブタがいた教室」を見てきました。 ブログを書くならBlogWrite
Weblog: シネマ名画座
Tracked: 2008-12-01 22:49

ブタがいた教室
Excerpt: 手塚治虫の『ブッダ』を読ませれば答えに近づけるかもしれない・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-12-04 01:46

ブタがいた教室
Excerpt: ★★★★ Pちゃんを食べる、食べないの選択は難問。 当時はこの先生大変だったろうと思う。 しかーし、ラストに異議あり! これ以上はネタばれになっちゃうから書けないけど。 アタシ、納得できないね。
Weblog: 映画初日鑑賞妻
Tracked: 2008-12-04 02:14

ブタがいた教室(2008)
Excerpt: "《いのち》の長さは誰が決めるの?…1990年に大阪の小学校で実際に行われ賛否両論を巻き起こした授業を映画化” 今日は日曜日なのでまずは大森でお姑さまの様子見してから川崎に向かいました[徒歩] う..
Weblog: ☆☆とりあえずの映画鑑賞メモ☆☆
Tracked: 2008-12-05 21:12

すごく正直で誠実な作品。『ブタがいた教室』
Excerpt: 「食べる事」を前提に育ててきた「ブタ」を巡り、論争を巻き起こす物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2008-12-09 23:27

ブタがいた教室
Excerpt: 小学校でブタを飼ったという実話を元に作り上げたドラマです。 子供たちの行動や話し合いは、ほとんどドキュメンタリーのような迫力が漂っていました〜 4月。新任で6年2組を担任することになった星先生(妻夫..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2009-01-12 09:43

ブタがいた教室
Excerpt: ブタがいた教室 「命の大切さ」を子どもたちに伝えようとする 新任教師の情熱と、それに応える 生徒たちの姿に思わず目頭が熱くなる。 15年前のドキュメンタリーの映..
Weblog: 映画のこころ、私のここログ
Tracked: 2009-03-11 00:47

mini review 09365「ブタがいた教室」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: ドキュメンタリーとしてテレビ放映され話題を呼んだ、大阪の小学校の新任教師による実践教育を基に映画化した感動作。1年間大切に育ててきたブタを食べるかどうかで大論争を巻き起こす子どもたちの、うそ偽りのない..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2009-05-05 06:37

「ブタがいた教室」 本物の涙
Excerpt: ずっと家にあったのに見ていなかった映画。 わーっっ!りょうたが6年生のうちに、一緒に見なくては!! 今週末に卒業式を控えたりょうた。 ブタを飼育した6年生の一年間を追った話は、今こそ見るべきだわ..
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2010-03-10 02:53

ブタがいた教室 : 「命」とは何だろう?
Excerpt:  今日は、久々に晴れ間がありました。いいものですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 ブタがいた教室 【製作年】 2008年 【製作国】 日本 【鑑賞..
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-11-12 19:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。