2011年08月26日

テンペスト

テンペスト.bmp

シェイクスピア最後の作品として知られ、2011年に執筆400周年を迎える
「テンペスト」を大胆な解釈を加えて実写化。
オフ・ブロードウェイで同戯曲の演出経験があるジュリー・テイモアが
監督を務め、肉親の陰謀で国を追われたミラノ王プロスペローを女王に
置き換え、古典に新風を吹き込む。
鬼気迫る演技力で女王を熱演するのは、アカデミー賞女優のヘレン・ミレン。
魔法などの視覚的な効果も見逃せない異色のシェイクスピア作品に期待。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ナポリ王アロンゾー(デヴィッド・ストラザーン)、ミラノ大公アントーニオ
(クリス・クーパー)らを乗せた船が嵐に遭い、絶海の孤島に漂着する。
その島には12年前弟アントーニオの陰謀で大公の地位を追われ追放された
プロスペロー(ヘレン・ミレン)と娘ミランダ(フェリシティ・ジョーンズ)
が暮らしていたが、船を襲った嵐は魔法と学問を研究するプロスペローが
手下の妖精エアリエル(ベン・ウィショー)に命じた魔法の力によるもの
だった。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(13) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。