2011年07月22日

アウェイク

アウェイク.bmp

「スター・ウォーズ」シリーズのヘイデン・クリステンセン主演で贈る
サスペンス・スリラー。全身麻酔の手術中に意識が覚醒したままの状態に
陥ってしまった主人公を待ち受ける苦痛と恐怖、そしてやがて明らかとなる
衝撃の真実を、迫真の手術シーンとともにスリリングに描き出していく。
共演はジェシカ・アルバ、レナ・オリン、テレンス・ハワード。
監督は新人のジョビー・ハロルド。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

亡き父から大会社を引き継いだやり手の青年実業家クレイトンは、愛する
サムとの結婚を母リリスに打ち明ける決断ができずに悩んでいた。
さらに、重い心臓病を抱えるクレイトンは、一刻も早い移植手術が必要な
状態だった。親友でもある心臓外科医ジャックは、そんな彼を心配し、
ドナー探しに奔走。そのジャックの言葉に背中を押されたクレイトンは、
サムとの挙式を決行する。偶然にもその夜、ドナーが見つかったとの連絡が
入り、クレイトンはジャックの待つ病院へと向かう。
一方リリスは心臓手術の権威であるナイヤー医師の執刀をとクレイトンを
説得するが、彼の決意は揺るがずジャックにすべてを委ねた。
しかし手術室へ運ばれた彼は、全身麻酔にもかかわらず、なぜか意識が
遠のく気配がない。懸命に訴えようとするものの、体も動かず声も出ない。
そうこうしているうちに、手術は着々と進んでしまうのだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 00:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(14) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。