2011年06月03日

アジャストメント

アジャストメント.jpg

人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェイソン・ボーン”
シリーズのマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。
人々の運命が超自然的な存在“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)
”によって管理されていることを知ってしまった主人公が、その得体の
知れない巨大な力に反撃していくさまを描く。
共演は「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のエミリー・ブラント。
監督は「オーシャンズ12」や「ボーン・アルティメイタム」の脚本を
手掛け、本作が監督デビューとなるジョージ・ノルフィ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッドはある日、美しい女性、
エリースと出会い心惹かれる。しかし、彼女との仲が深まり始めた矢先、
彼は突如現われた黒ずくめの男たちに拉致されてしまう。
彼らは“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”という謎の組織に
所属し、人間たちがあらかじめ決められた運命から逸脱しないよう、
超人的な能力で監視・調整を行う集団だった。
そしてデヴィッドに、本来出会う運命にはなかったエリースとは今後決して
再会しないよう強引に従わせようとするのだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 01:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(41) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。