2011年05月01日

八日目の蝉

八日目の蝉.jpg

直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の
井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化
したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した
女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として濃密な時間を過ごした
逃亡生活の顛末と、誘拐犯に育てられた少女が成長し、やがて自らの過去と
向き合う姿を描く。
監督は「ミッドナイト イーグル」「孤高のメス」の成島出。

                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

生まれてすぐに誘拐され、犯人の女によって4歳になるまで育てられた
秋山恵理菜。両親のもとには戻ったものの、もはや普通の家庭を築くことは
出来なくなっていた。やがて21歳となった彼女は、妻子ある男の子供を
身ごもってしまう。恵理菜はやがて、封印していた記憶と向き合うべく逃亡
生活を辿る旅に出る──。
会社の上司との不倫で妊娠し、中絶手術の後遺症で二度と子供を産めない体
となったOL、野々宮希和子。相手の男はいずれ妻と別れると言いながら、
その妻はいつの間にか子供を産んでいた。自らにケリをつけるべく、赤ん坊
の顔を一目見ようと夫婦の留守宅に忍び込んだ希和子。ふと我に返ると、
赤ん坊を抱えたまま家から飛び出していた。赤ん坊を薫と名づけた希和子は、
そのまま逃亡生活の中で薫を育てていくことに。一時身を寄せた奇妙な集団
生活施設“エンジェルホーム”にも危険が迫り、追いつめられた末に流れ
着いた小豆島で束の間の安寧を手に入れた希和子と薫だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 00:29| 大阪 ☁| Comment(12) | TrackBack(55) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。