2011年04月16日

ザ・ライト -エクソシストの真実-

ザ・ライト.jpg

バチカンで実際に行われている悪魔払いの儀式とそれを行うエクソシストを
テーマに、ひとりのアメリカ人青年が優秀なエクソシストの神父のもとで
修行にあたる過程で直面する戦慄の恐怖を描くサスペンス・ホラー。
主演は「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のアンソニー・ホプキンスと
アイルランド出身の若手コリン・オドナヒュー。
監督は「1408号室」のミカエル・ハフストローム。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

神学校の卒業を目前にしながらも司祭の道に進むつもりのない神学生マイケル
だったが、恩師の神父からバチカンで行われているエクソシスト養成講座の
受講を勧められ、ローマへとやって来る。
講座に出ても懐疑的な態度に終始するマイケルは、やがて異端だが一流の
エクソシストと讃えられるルーカス神父を紹介される。
さっそくルーカス神父のもとを訪れたマイケルは、16歳の少女の悪魔払いの
儀式に立ち会うことに。少女の異変を目の当たりにしながらも、最初は
精神的な病気として解釈できると考えていたマイケルだったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 22:30| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(34) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。