2011年04月02日

攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D

攻殻機動隊SAC3D.jpg

『東のエデン』シリーズなどを手掛けた神山健治監督による、「攻殻機動隊
Stand Alone Complex」シリーズ第3作。世界中で人気のテレビアニメシリーズ
がついに3D化され、空港立てこもり事件の背後にひそむ陰謀に迫る。
これまでと同様プロダクション I.Gと神山監督が強力タッグを組み、大ヒット
シリーズの新たなる一歩を踏み出す。
完全オリジナル作画のオープニングから始まる、観ている者が電脳化したかの
ような視点で繰り広げられる新しい3D映像に息をのむ。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

難民武装事件の終結から2年後の西暦2034年、梵の刺青を体に刻んだ男たち
が次々と不審死を遂げる事件が起きる。新しく人員を配置した公安9課がその
怪事件の解決に乗り出すが、メンバーの一人のバトーは自らの「個人的推論に
乗っ取った捜査方針」を貫き単独行動を取る。やがて彼の緻密(ちみつ)な
捜査により、自殺した13人の男たちの身元が明らかになり……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 23:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。