2011年04月01日

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ.jpg

「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、
エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を
演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。
吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート
で歴史的演説を成し遂げ、国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かう
姿を描き出す。
共演はジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター。
監督は「くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-」のトム・フーパー。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世は、幼い頃から吃音という
コンプレックスを抱え、人前に出ることを極端に恐れる内向的な性格となり、
成人してからも自分を否定し続ける人生を送っていた。吃音を克服すべく、
何人もの言語聴覚士の治療を受けるものの一向に改善の兆しは見られない。
そんな夫を心配する妻エリザベスが最後に頼ったのはスピーチ矯正の専門家
というオーストラリア人のライオネル。彼は王子に対しても遠慮のない物言い
で次々と風変わりな治療法を実践していく。
そんな中、国王に即位した兄エドワード8世が、王室が認めない女性との
愛を貫き、突如王位を返上してしまう。
王位の継承など考えてもいなかったジョージは、最も恐れていた事態に
直面し、恐怖のあまり泣き崩れてしまうが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 23:58| 大阪 | Comment(6) | TrackBack(81) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。