2011年03月05日

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島

ナルニア3章.jpg

C・S・ルイス原作による児童文学を迫力の映像でスペクタクルに映画化した
ファンタジー・アドベンチャーのシリーズ第3弾。今回はナルニアの海を
舞台に、ペベンシー兄妹とカスピアン王子たちがナルニアを悪から守る7本の
魔法の剣を探すため、神秘の島々を巡る新たな冒険の旅へ繰り出していく。
監督は「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」のマイケル・アプテッド。
                                                            (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

エドマンドとルーシーのペペンシー兄妹は、兄ピーターと姉スーザンが
両親と共にアメリカへ滞在中、いとこのユースチスの家に預けられることに。
ある日、壁に掛けられた帆船の絵が動き出し、3人はその絵の中に吸い込ま
れてしまう。すると次の瞬間、彼らはナルニアの海にいた。
そして、溺れかけたところをナルニアの王となったカスピアンやネズミの騎士
リーピチープが乗る帆船・朝びらき丸に救われ、喜びの再会を果たす。
朝びらき丸の一行は、カスピアンの亡き父王の友人である7人の貴族(七卿)
を見つけるため、彼らが消息を絶った離れ島諸島を目指していた。
やがて、父王が七卿に1本ずつ与えたというナルニアの剣を東方の島にある
アスランのテーブルに全て並べれば悪の魔法を取り払うことができることを
知る一行。
しかし、彼らの行く手には不気味な霧とそこに潜む悪が立ちはだかる。
こうして、一行はナルニアに訪れた危機を救うべく、数々の試練に立ち向かう
こととなるのだが…。
                                                            (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 23:58| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(43) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。