2011年02月07日

ジーン・ワルツ

ジーン・ワルツ.jpg

『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊によるベストセラー医療ミステリーを
「パーマネント野ばら」の菅野美穂主演で映画化。さまざまな問題が山積
する現代の産婦人科医療を背景に、現場で格闘する医師として体制に批判的
なヒロインが抱える葛藤と彼女を巡る疑惑の行方を描く。
共演に田辺誠一、浅丘ルリ子。監督は「NANA」の大谷健太郎。
                                                           (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

医療の最高峰、帝華大学病院の医師・曾根崎理恵は、一方で廃院寸前の
小さな産婦人科医院マリアクリニックの院長代理としても働いていた。
そこには現在、それぞれに事情を抱えた4人の妊婦が通っていた。
ところが、最先端不妊治療に積極的な理恵には、マリアクリニックでの
治療にある疑惑が向けられていた。
そんな理恵と同じ帝華大学病院に籍を置くエリート医師・清川吾郎は、
改革の必要性を認めながらも、そのやり方については理恵とことごとく対立
していた。そして、理恵の行動に疑問を抱いた清川は、彼女の周辺を調べ
始めるのだが…。
                                                           (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 00:02| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(34) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。