2011年02月06日

『GANTZ』

GANTZ1.jpg

独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で
カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の
二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化
した衝撃のSFサスペンス・アクション。
2部作として製作され、本作はその第1部。共演に吉高由里子、本郷奏多、
山田孝之。
監督は「修羅雪姫」「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」の佐藤信介。
                                                            (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

何事にも無気力な就活中の大学生・玄野計と正義感の強い青年・加藤勝。
幼なじみの2人は地下鉄のホームで再会して間もなく、通過する電車に
はねられ命を落とすことに。しかし、死んだはずの2人は次の瞬間には
見慣れぬマンションの一室に移動していた。そこには、他にも死んだはずの
人々が集められていた。やがて彼らは、リビングの中央に鎮座する謎の黒い
球体“ガンツ”から唐突にあるミッションを命じられる。
それは、“星人”と呼ばれる異形の敵と戦い、抹殺しろというもの。
そしていきなり戦いの場へと転送されてしまう玄野と加藤たち。
こうして理由も分からず、何の覚悟もないままに、生きるために戦い続けな
ければならない不条理な世界へと呑み込まれていく2人だったが…。
                                                            (allcinemaさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 02:08| 大阪 🌁| Comment(2) | TrackBack(45) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。