2011年01月01日

シュレック フォーエバー

シュレック・フォーエバー.jpg

見かけは怖いけれど心優しき緑の怪物シュレックがおとぎの国を舞台に
仲間たちと繰り広げる冒険を描く大ヒット・アニメの第4弾にしてシリーズ
最終章。平和な日々に退屈を感じ、ふとした誘惑からかつてない危機に
陥ったシュレックの最後の大冒険を描く。
日本語吹替え版では濱田雅功、藤原紀香らお馴染みのレギュラー陣に加え、
悪役で劇団ひとりが初登場。
                                                    (allcinemaONLINEさんより抜粋)
    * * * * * * * *

最愛の妻フィオナと3人のかわいい子どもたちに囲まれ平和で幸せな毎日を
送っていたシュレック。しかし少々窮屈な日々に、時々、怪物として自由
気ままに暮らしていた時代を懐かしく思ってしまうのだった。
そして一日だけでいいから戻りたいというシュレックに、ペテン師の
魔法使いランプルスティルスキンが、その願いを叶えてあげようと契約を
持ちかける。しかしそれは、ランプルスティルスキンの罠だった。
契約書にサインした途端、シュレックは別の世界の“遠い遠い国”に
飛ばされてしまったのだ。そこは、ランプルスティルスキンが王として君臨
する暗黒世界。
ドンキーはシュレックを知らず、ようやく再会したフィオナは自由を求める
革命軍のたくましき女リーダーだった。さっそく、契約キャンセルの唯一の
方法“愛する人とのキス”を実行しようとするシュレックだったが…。
                                                    (allcinemaONLINEさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 22:58| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(20) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。