2010年12月02日

SPACE BATTLESHIP ヤマト

ヤマト.jpg

1974年の放送以来、国民的アニメとして長きに渡り人気のあるテレビアニメ
『宇宙戦艦ヤマト』を実写映画化したSFアドベンチャー。
正体不明の地球外生命体によって地球が汚染され、人類滅亡の危機に陥った
地球を救うべく、わずかな希望を胸にはるか彼方のイスカンダル星を
目指して宇宙戦艦ヤマトで旅立つ乗組員達の決死の戦いの様を描く。
監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。
主演は、『HERO』の木村拓哉。共演には黒木メイサ、柳葉敏郎、山崎務、
緒形直人、西田敏行、高島礼子、橋爪功、堤真一など豪華なキャストが
脇を固める。

    * * * * * * * *

2194年、外宇宙に突如として出現した正体不明の敵・ガミラスが地球に
対し彗星爆弾を打ち込み地球を放射能で汚染させてしまう。人類はガミラスに
対して必死の防衛を試みるも、人類の大半が死亡し滅亡の危機に追い込まれて
しまう。それから5年、生き残った人類は地下で生活しつつ、ガミラスの
侵攻に対抗していた。そんなある日、14万8千光年先の惑星・イスカンダル
から通信カプセルが地球に落下する。
カプセルには波動エンジンの設計図とイスカンダル星の座標が入っており、
またカプセルが周りの放射能を除去したことから地球防衛軍はイスカンダル
に放射能除去装置があると信じ、地球防衛軍が最後に建造した宇宙戦艦
ヤマトをイスカンダル星へ派遣することを決める。
その頃、地球防衛軍を除隊していた古代進はヤマト艦長の沖田がかつての
戦役で兄・古代守を盾にして逃げてきたことを恨みに思っており、今回の
作戦で沖田艦長の人物を見極めようと復隊してヤマトに乗り込む。
そしてヤマトは古代ら志願兵を乗せてイスカンダル星を目指して発進する。

 続きを読む
posted by はくじ at 00:49| 大阪 | Comment(8) | TrackBack(81) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。