2010年10月31日

SP 野望篇

SP野望篇.jpg

要人警護を任務とするSP達とSPで特殊な能力も持つ主人公の活躍を描い
たテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』の劇場版。
劇場版は2部作で、今作は前篇にあたる『野望篇』。
国家規模の陰謀に知らず知らずのうちに巻き込まれていく主人公と第四係の
面々達の活躍を描く。
主演はTVシリーズと同じく岡田准一。共演も堤真一、真木よう子らTV
シリーズのキャストが出演。監督もTVシリーズと同じく波多野貴文が
努める。

    * * * * * * * *

研ぎ澄まされた神経と常人離れした危険察知能力をもつ警視庁警備部警護課
第四係所属の井上薫は要人警護のスペシャリストだが、上司の尾形総一郎の
漏らした言葉に猜疑心を持ち始めていた矢先、あるイベント会場で、国土交
通大臣を警固をすることになる。警備中、頭痛に襲われた井上はイベント会
場が爆弾テロに遭うイメージが浮かぶ。そこで井上はイメージ通りに現れた
ある男が傘に仕込んだ爆弾を投げいれようとする寸前でテロを阻止すること
に成功するが、男は逃走してしまう。要人の安全を第一に動かなければいけ
ないSPだが井上は逃走した男を追いかけてしまう。
派手な追跡劇を繰り広げて何とか逮捕に成功したものの、その様をメディア
に取り上げられてしまい、警護課長の中尾からはSPの職分を逸脱しつぎて
いると叱責をうける。
その頃、日本国民の危機感や価値観を根底から覆す必要性があると尾形と
同じ東大の政治サークル「雄翔会」に所属していたメンバー達が尾形と共に
ある計画を実行に移そうとしていた。
そして尾形は井上をこの計画の同志に迎えようと井上をある場所に呼び出す
のであった・・・。

 続きを読む
posted by はくじ at 20:56| 大阪 ☔| Comment(6) | TrackBack(54) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牙狼 〜RED REQUIEM〜

牙狼.jpg

2005年にテレビ放映されるや、独創的な世界観やスタイリッシュなアクション
シーンで人気を博した特撮ドラマ『牙狼 GARO』を3D映画化。
原作者の雨宮慶太が監督を手掛け、人間の邪悪な心にとりつく魔獣ホラーと、
ホラーを狩る宿命を背負う魔戒騎士の戦いを描く。主演は、テレビシリーズに
続き小西遼生が務め、グラビアなどで活躍する松山メアリ、『キトキト!』の
倉貫匡弘らが共演。最新の3D技術を駆使したリアルなアクションシーンは
迫力満点。
                             (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

太古より人間の邪悪な心にとりつき、その生命を食らう魔獣ホラーと戦い
続けてきたガロの称号を持つ魔戒騎士。
その最高位である黄金騎士の冴島鋼牙(小西遼生)は、ホラーから人間を
守る宿命を負って生きてきた。
新たに人間界の闇に降臨した7体の使徒ホラーを倒すべく、魔戒法師の
アカザ(斎藤洋介)、その弟子のシグト(倉貫匡弘)らと共に旅に出る。
                             (シネマトゥデイさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 02:05| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(8) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『REDLINE』

REDLINE.jpg

『鮫肌男と桃尻女』の石井克人監督の原作を、『PARTY7』『茶の味』
ではアニメ・パートの演出を手掛けた『アニマトリックス ワールド・
レコード』の小池健監督で映画化したマッドハウス制作のSFアクション・
アニメ。
遠い未来を舞台に、宇宙最速を決めるカーレース<REDLINE>で
繰り広げられるルール無用の高速バトルの行方を、手描きにこだわった
躍動感溢れる映像で描き出していく。声の出演は木村拓哉、蒼井優、浅野忠信。
                           (allcinemaONLINEさんより抜粋)
    * * * * * * * *

はるか未来。抜群のドライビング・テクニックで草レースではほとんど
負けなしのレーサー、JP。しかし、武器使用も認められている勝負の
世界で、あくまで速さだけで戦い続けるJPのバカ正直な姿は、ともすれば
揶揄の対象ともなっていた。そんな彼の憧れは、天才女性ドライバーの
ソノシー。
いつか彼女を振り向かせたいと願いながらも、見た目に似合わぬシャイな
純情ぶりで、ただ走りのみで己をアピールすることしかできずにいた。
そんな中、宇宙最速を決める5年に一度の祭典<REDLINE>の予選に出場
したJPだったが、相棒のメカニックの裏切りもあり本戦出場を逃して
しまう。ところが、今回の開催地が悪名高い“ロボワールド”に決まった
ことから、出場を辞退する者が現われ、代わりにファン投票で選ばれた
JPに千載一遇のチャンスが巡ってくるのだが…。
                           (allcinemaONLINEさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 01:13| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(20) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。