2010年10月11日

死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーター.jpg

フランスの名匠ルイ・マルが手掛けた1957年の傑作サスペンスを、
『のだめカンタービレ』の吉瀬美智子と『トリック』の阿部寛主演で
リメイク。
完全犯罪を目論む愛人関係の男女を軸に、ふとしたアクシデントを
きっかけに運命を狂わせ、不安と焦りから破滅の道へ絡み合ってゆく4人の
男女の顛末を緊迫感溢れるタッチで描く。
監督は『独立少年合唱団』『いつか読書する日』の緒方明。
                         (allcinemaONLINEさんより抜粋)
    * * * * * * * *

大企業、手都グループの会長夫人・芽衣子と、会長に拾われた医師・時籐隆彦
とは愛人関係。2人はある時、芽衣子の夫・孝光を自殺に見せかけ殺害する
周到な計画を企てる。それはものの15分で終わる完全犯罪のはずだった。
当日、芽衣子が約束の場所で待つ中、手都ビルの会長室へ侵入し、孝光殺害に
及ぶ時籐。しかし運悪く、乗り込んだエレベーターが突然停止し、その中に
閉じ込められてしまう。
その時、ビルの外では一組の無軌道な若いカップルが停めてあった時籐の
車を盗み出す。ちょうど同じ頃、芽衣子のほうは、予定の時間を過ぎても
一向に現われず、連絡もつかない時籐に、次第に苛立ちと不安を募らせるの
だったが…。
                         (allcinemaONLINEさんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 03:03| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(25) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。