2010年10月06日

ガフールの伝説

ガフールの伝説.jpg

フクロウの世界を舞台に、世界征服をたくらむ組織から王国を救おうとする
若きフクロウたちの戦いを壮大なスケールで描いた冒険ファンタジーアニメ。
多くのファンに愛されているキャスリン・ラスキーのファンタジー小説
『ガフールの勇者たち』を、アニメ初挑戦となる
『300 <スリーハンドレッド>』のザック・スナイダー監督が映画化。
声の出演には、『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェス、
『ブライト・スター〜いちばん美しい恋の詩(うた)〜』の
アビー・コーニッシュらが名を連ねる。
                     (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

フクロウのソーレン(声:ジム・スタージェス)は、父から“ガフールの
勇者たち"の話を聞く。それは、世界征服を企む純血団からフクロウたちを
救うべく、大戦に挑んだ戦士たちの伝説だった。その話に夢中になった
ソーレンは、勇者になることを夢見る。しかし、狩りや飛ぶことに夢中で
好戦的な兄のクラッド(ライアン・クワンテン)は、そんなソーレンを
せせら笑い、父の愛情を独占しようとしていた。
そんなクラッドの嫉妬心が原因で、兄弟は木の上にあった巣から落ちて
しまい、純血団に捕らえられてしまう。
ソーレンは勇気ある若い友達の助けを借り、大胆な脱走を図る。
純血団を成敗しフクロウの王国を救うため、彼らは海を越え、ガフールの
勇者たちの巣があると言われている神木を探しに行く。
                         (goo映画さんより抜粋)

続きを読む
posted by はくじ at 00:20| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(28) | 映画(アメリカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。