2010年09月27日

十三人の刺客

十三人の刺客.jpg

1963年に公開された工藤栄一監督の傑作時代劇『十三人の刺客』を『ヤッタ
ーマン』の三池崇史監督がリメイクしたエンターテインメント時代劇。
将軍の弟ということでやりたい放題の凶悪な暴君を暗殺するために、集めら
れた13人の刺客達が、暴君を守る300人以上の藩士を相手に一世一代の
壮絶な戦いを挑む姿を描く。
主演は『パコと魔法の絵本』『THE有頂天ホテル』の役所広司。
共演には松方弘樹、平幹二朗、松本幸四郎、市村正親、岸辺一徳、古田新太、
沢村一樹、伊原剛志、光石研、山田孝之、稲垣吾朗、伊勢谷友介など豪華
キャスト陣が脇を固める。

    * * * * * * * *

江戸時代末期、12代将軍・徳川家慶の弟で明石藩主・松平斉韶は暴君で
罪もない領民をなぶり殺したり、参勤交代時に宿泊した陣屋で、他藩の
藩士の妻を犯したり、その夫を殺害したりと将軍の弟ということでやりたい
放題であった。そんな折、明石藩の江戸家老・間宮は斉韶の暴虐を訴える
ため老中・土井大炊頭利位の屋敷前で切腹する。
しかし将軍家慶は翌年、弟を老中に起用することにしていたために、弟を
庇い、この件を不問にする。面目を失った土井はこのまま斉韶を老中に
してしまうと、幕府存亡の危機に関わると考え、御目付の島田新左衛門に
斉韶の暗殺の命じる。新左衛門は早速、御徒目付組頭の倉永左平太や、
御小人目付組頭の三橋軍次郎らと諮り、腕の立つ男達を集める。
総勢12名となった新左衛門ら刺客達は、斉韶を参勤交代で領地へ帰る道中を
襲おうと入念に策を練っていく。
一方、明石藩御用人で、新左衛門と同門だった鬼頭半兵衛は土井の屋敷に
新左衛門が訪れていることを知り、斉韶を暗殺する動きがあることを察知
する。半兵衛は暴君とはいえ、主君に仕える侍として最後まで斉韶を
守り抜くために準備を進め始める・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 00:24| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(72) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。