2010年09月25日

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士

ミレニアム3.jpg  

作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー
『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。
本作はその第三弾で完結編。
瀕死の重傷を負ったリスベットが裁判にかけられることになり、彼女の
を陥れようとする謎の組織と彼女を救済しようとするミカエルらの攻防を
スリリングに描く。
主演は前作に引き続きノオミ・ラパスとミカエル・ニクヴィストが努め、
監督は第2部と同じダニエル・アルフレッドソンが努める。

    * * * * * * * *

宿敵ザラチェンコとの対決で瀕死の重傷を負ったリスベット。
運よくミカエルが駆けつけてくれたために、彼女は一命を取り留める。
だが彼女は病院で厳重な監視下のもと、裁判が始まるまで外部との接触を
断たれる。一方、ザラチェンコとリスベットが裁判にかけられると、
ザラチェンコの持つ情報で非合法なことを数多く行ってきた公安警察内の
秘密組織の面々は、今までの秘密が明らかになることを恐れ、両名の口封じ
に動く。ザラチェンコの始末に成功したもののリスベットの襲撃に失敗した
ため、秘密組織はかつてリスベットを精神病院送りにした精神科医テレボリ
アンを使って、再びリスベットを精神病院送りにして秘密を闇に葬ろうと
画策する。
一方、ミカエルは妹で敏腕弁護士のアニカをリスベットの弁護士に起用し、
リスベットの裁判を有利に進むように秘密組織の存在を暴こうとする。

続きを読む
posted by はくじ at 22:17| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(31) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×ゲーム(バツゲーム)

×ゲーム.jpg

『リアル鬼ごっこ』などの著作がある人気作家・山田悠介の同名小説を
映画化したサスペンスホラー。
小学校時代のいじめが元になる復讐劇に巻き込まれた男女の姿を描く。
出演は、D-BOYSの荒木宏文と三上真史、AKB48の菊池あやかと仲川遥香。

    * * * * * * * *

大学生活を満喫している大学生の英明。ある日、そんな彼のもとに小学校
時代の担任が自殺した報せが届く。だが、その数日前に同窓会で担任に
会っている英明は担任が新婚で自殺するそぶりもなかったことから、
その死に不審を抱く。そして自宅に謎のDVDが送られてきて、中身を
確認すると担任らしき男性が拘束されて金ゴテで焼印を入れられている
映像だった。担任の死がおかしいとDVDを警察に持ち込んだ英明だったが
警察は自殺でもう終わったこととして取り合わない。
そんな時、英明の彼女・理香子が怪しい黒髪の女に後をつけられていると
英明のもとに連絡してくる。理香子のもとへ急いだ英明だったが、黒髪の
女を見つけた途端意識を失ってしまう。
その後、意識を取り戻した英明だったが、そこは小学校時代の教室そっくり
の部屋で、そこには同級生の新庄、吉池、智絵の姿があった・・・。

続きを読む
posted by はくじ at 02:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。