2010年09月24日

終着駅 トルストイ最後の旅

終着駅.jpg

『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などのロシアの文豪トルストイの
晩年を映画化した伝記ドラマ。トルストイの一番弟子と妻ソフィアが彼の
著作権の行方を巡って対立する様を中心に、晩年にトルストイの秘書として
派遣されてきた青年の視点から描く。
出演はトルストイには『Dr.パルナサスの鏡』のクリストファー・プラマー、
ソフィアには『クィーン』のヘレン・ミラン、秘書のワレンチンには
『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ。

    * * * * * * * *

ロシアが生んだ偉大な文豪レフ・トルストイ。彼は長い執筆稼業のうち、
非暴力を旨とする思想を展開し、彼の周りにはそんな思想に共鳴した信奉者
達が集まり共同生活を行うようになっていた。そんなトルストイ主義者達の
中には、トルストイの著作は全世界の人類のために著作権を放棄するという
遺書をトルストイに薦めており、トルストイもその事に賛同していた。
しかし、50年近く連れ添って、夫を献身的に支え愛してきた妻・ソフィアに
とっては許しがたいことであった。残された家族のためにも著作権の放棄は
認められないとトルストイに訴えるものの、夫婦の間には溝ができてしまう。
そんな中、ワレンチンというトルストイ信奉者の青年が助手として新たに
やってくる。

 続きを読む
posted by はくじ at 23:50| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(24) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。