2010年09月17日

ミレニアム2 火と戯れる女

ミレニアム2.jpg

作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー
『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。
本作はその第二弾。
連続殺人事件の容疑者として濡れ衣を着せられたヒロイン・リスベットの
孤独な戦いと逃避行と、彼女の無実を信じて、警察の捜査とは別に調査を
始めたジャーナリストの奔走する姿を描く。
主演は前作に引き続きノオミ・ラパスとミカエル・ニクヴィストが努め、
監督は新たにダニエル・アルフレッドソンが努める。

    * * * * * * * *

ヴァンゲル家の少女失踪事件から1年。ミカエル・ブルムクヴィストは、
忽然と姿を消したリスベット・サランデルの身を案じながらも、『ミレニア
ム』誌の編集作業に忙しい毎日を送っていた。そんなある日、最新号の特集
に少女売春の実態とその組織に迫った特集記事の準備を進めていた担当の
ジャーナリストのダグと恋人で犯罪学研究者のミアが何者かによって殺害
される。そして現場にはリスベットの指紋が付いた銃が残されており、また
銃の持ち主であり、リスベットの後見人であるビュルマンが自宅で殺害されて
いたことから、警察はリスベットを容疑者として行方を追い始める。
一方、テレビ放送で自分が殺人事件の容疑者として指名手配されていることを
知ったリスベットは自分が容疑者にされていることの真相を探ろうと得意の
ハッキングを駆使して真相を究明し始める。
そしてミカエルは、リスベットの無実を証明するために少女売春の裏側に
いるザラという人物の正体を暴こうと独自に調査を開始し始める。

続きを読む
posted by はくじ at 01:30| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(35) | 映画(ヨーロッパ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。