2010年09月07日

小説『天龍八部G 雁門悲歌』

天龍八部8.jpg

あらすじ
西夏皇女が婿選びをしていることを知った慕容復は取り巻きを引き連れて
西夏へ赴く、一方段誉は父からの指名で西夏皇女の婿になるように指令を
受け、いやいやながら簫峯・虚竹らとともに西夏へ向かう。
各地から婿どりに参加してきた豪傑たちに皇女は3つの問いかけを投げ
かける。順調に課題をクリアしていく慕容復や段誉だが、ここで虚竹は
思わぬ人との再会を果たす。
その後、西夏皇女の婿入りに失敗した慕容復は、王夫人の詭計に乗っかり
段正淳と正夫人や愛人を捕え、大理国の王権を奪おうと画策する・・・。

 
続きを読む
ラベル:金庸
posted by はくじ at 00:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。